Pocket

まだ結婚できない男 1話 ネタバレ感想

まだ結婚できない男の1話について、あらすじネタバレや感想についてまとめていきます。



まだ結婚できない男 1話 ネタバレ

まだ結婚できない男 1話 あらすじ

13年前の連続ドラマ「結婚できない男」の続編「まだ結婚できない男」として帰ってきました。舞台は前作から13年後の話。相変わらず独身で「偏屈さにさらに磨きがかかった」阿部寛演じる主人公の桑野信介の日常が描かれます。

「結婚できない男」は桑野信介(阿部寛)は、腕のいい建築士。偏屈で皮肉屋だが、どこか憎めない。女性との出会いをきっかけに恋愛、結婚に考えるまでの日常が描かれた話題となったドラマ。

そして13年後。
第1話のタイトルは「相変わらず一人が好きで悪いか!!」
このタイトルだけでも桑野信介は健在というのがわかります。

桑野信介は50歳をすぎ今もなお、気楽なシングルライフを送っていた。「メリットがない」というこだわりから恋人を作ることもなく、結婚することも無く自由気ままにマイペースに過ごしている。

かつての部下で現在、共同経営者の村上英治(塚本高史)からの電話がかかってくる、部下に仕事をふらない村上にイライラしながら、日課のエゴサーチをすると、桑野を避難している“やっくんのブログ”の検索ランキングの順位が上がっていることに気がつき桑野は怒り狂い始めた。

近所にあった、弁護士事務所の弁護士、吉山まどか(吉田羊)に相談することに。ところが、このマイペースで偏屈な発言を連発する桑野にの言動に、まどかは「敵を作りやすい」と突き放す。しかし、全く気にしない桑野は裁判所へ。彼女が担当している、離婚裁判を傍聴しにきたのであった。

この裁判は、夫からの離婚に同意しない妻の岡野有希江(稲森いずみ)の代理人として、この日は夫の浮気が争点に争われていた。しかし、浮気の証拠が全くなく、有希江は圧倒的不利な状況であった。このまま延長線上になってしまうので疲れた岡野は和解をしようと思っていた。裁判が終わったあと、桑野はトイレで夫と弁護士が「このままだったら婚姻費用を払わなくて済む」と内緒話をきいてしまっていた。そこで桑野はまどかと岡野に「大した財産がないなら、このまま婚姻費用を払ってもらったほうがマシだ」と助言してしまう。ところが岡野は「平穏な暮らしを取り戻したい」といっている。

帰り道、桑野はタクシーに乗っていると泣きながら歩いている岡野を見つけ、職場まで送っていくことになる。ここで2人は少しだけ距離が縮まる。 

一方で桑野の暮らす、マンションの隣の部屋に若い女性が引っ越してきた。戸波早紀(深川麻衣)の荷物をじーっと見て話しかけたり、相変わらずのペースで大音量でクラシックを聴いたりするが、早紀は外に出るときはサングラス、マスクと不気味な格好をしていた。

ある日、仕事で現場へ向かうと向かいのマンションでこないだの離婚裁判の夫の浮気の決定的な証拠を見てしまうのである。その2人のもとへ行くと、そのマンションが財産とバレてしまうため、お金を渡して黙っておいてくれと頼まれる。

まどかの事務所へいくと、まどかの事務がその夫の浮気の現場を抑えることができていた。しかし、そこにお金を渡された桑野の写真も、、
お金は受け取っていないと言い張るが、信じてもらえず。この日は自身の講演があり現場に行くのにまどかと岡野に送ってもらうことになる。

道を間違えながらも無事に講演会場に到着し、まどかと岡野の2人もその講演を見ることになる。桑野の話は皮肉が入っていながらも、「人生100年時代。必ず訪れるセカンドステージにも幸せな生活になるように人に寄り添った家造りをしたい」という言葉に拍手の嵐であった。

今後、相変わらずのマイペースさ皮肉さを保つ桑野と新しい女性の出会い、どのような関係になっていくのか?50代の桑野シングルライフはののように変わっていくのか?

まだ結婚できない男 1話 感想