Pocket

いなくなれ群青 フル動画を見る

2019年9月6日に公開された映画「いなくなれ群青」。

とても気になる映画ですよね。

原作の小説もかなり話題になったので、映画も期待できます。

今回は、映画「いなくなれ群青」について、ご紹介しますね。

「いなくなれ群青」のフル動画を配信しているネットサービス

映画「いなくなれ群青」は、河野裕氏の小説が原作になっています。

原作の小説は、ベストセラー「階段島」シリーズの第1作に当たります。

現在、映画「いなくなれ群青」を配信しているネットサービスはありません。(2019年9月現在)

動画配信が開始された時点で情報をアップデートしていきます。

「いなくなれ群青」のあらすじネタバレ

舞台は、階段島と呼ばれる島です。

階段島は、魔女が支配しています。

何かを無くした者が住み、無くしたものを見つけるまで、生活をし続けます。

主人公の七草は、高校生です。

七草はある日突然、この島の住人となります。

なぜ、どうして、いつこの島にやってきたのか、七草本人もわかりません。

階段島では、最低限の生活が保障されています。

学校もあり、学生寮もあります。

七草は、そこで高校生活を開始します。

クラスには口数の少ない女子の掘、ゲームマニアの佐々岡、クラス委員長の水谷などがいます。

そんな七草の前に、かつての同級生の真辺由宇が転校生としてやってきます。

ストレートな物言いをするタイプの真辺は、自分の置かれている状況に不満です。

そして、自分の無くしたもの、魔女の正体、島の秘密などを解き明かしていくと宣言します。

しかし、真辺のストレートな行動は、島で浮いてしまいます。

彼女の性格を昔から知っている七草は、彼女と島の人々の間に入って、彼女をフォローし続けます。

それまで、どこか受け身的であることで、それなりに調和のとれていた島の生活は、真辺の存在が掻き乱しています。

そんな中で、島の壁に、魔女へのメッセージを込めた落書きが書かれる事件が起きます。

音楽祭がすすむ中で、真辺は、落書き事件、魔女の正体探しを、一人で進めていきます。

七草は、魔女のいるという拾得物係のある灯台に向かいます。

七草には、実は、島の秘密や自分の無くしたものが何なのか、わかっていました。

落書きで魔女へのメッセージを残したのも、七草でした。

島の秘密、そして、島にあるというそれぞれが無くしたものとは、その人々が捨てたものでした。

島の人たちは、その人が捨てたものが人格化したものだったのです。

現実の世界の七草は、悲観的な自分を捨てました。

そして、捨てられた人格が魔女の力によって人間の形になり、島の住人になったのです。

真辺が捨てたのは、強い自分です。

それでも、七草は、その強い部分を、真辺には持っていて欲しいと考えます。

そして、七草は、魔女に島の秘密を守るという条件で、真辺を島から外の世界へ出そうとします。

七草と真辺は、島の階段を登り始めます。

真辺は七草にまた会おうと約束して、外の世界へと帰っていきます。

真辺がいなくなった島に、元の日々が戻ります。

しかし、そこに真辺が姿を現しました。

真辺は、七草との約束を守ったのです。

真辺は七草に「戻ってこない方が良かった?」と問いかけます。

七草は困った顔を浮かべながらも、真辺を改めて迎え入れました。

 

「いなくなれ群青」のキャスト

映画「いなくなれ群青」の主演は、横浜流星さんです。

テレビドラマ「初めて恋をした日に読む話」や「あなたの番です―反撃編―」などで大活躍しましたよね。

大ブレイク中の人気若手俳優さんです。

ヒロインには、モデルや女優として活躍している飯豊まりえさんです。

そこでキャストを一覧に紹介していきます。

  • 七草 横浜流星さん
  • 真辺由宇 飯豊まりえさん
  • 堀 矢作穂香さん
  • 佐々岡 松岡広大さん
  • 水谷 松本妃代さん
  • 豊川 中村里帆さん
  • トクメ先生 伊藤ゆみさん
  • 時任 片山萌美さん
  • 野中 君沢ユウキさん
  • ハル 岩井拳士朗さん
  • ナド 黒羽麻璃央さん

「いなくなれ群青」の口コミや感想


映画「いなくなれ群青」を、実際に見た方の感想や口コミです。

良い口コミの方がほとんどです。

否定的な意見の方は、見当たりませんでした。

特に、俳優さんたちの演技が素晴らしいという声がたくさんありました。

主演の横浜流星さんの演技は、自己主張しすぎず、感情を表に出さないような、静かな波のような演技で、でもグイグイ引き込まれる演技です。

飯豊まりえさんの演技も、横浜流星さんとは対照的で、まっすぐな性格に引き込まれるという方がたくさんです。

また、二人の性格の対比も面白くて、人の強さや弱さについて考えさせられます。

ストーリーが複雑なので、何回も見たという方が多いのも、この映画の特徴です。

何回も見たという方は、見るたびに新しい発見があると口コミしています。

そして、映像の美しさです。

ただ単に景色が美しいというだけでなく、はっきりしているようで、どことなくもやがかかっているような映像が、この映画自体を表しているようです。

こういった口コミを見ていると、絶対におすすめできる映画だということがわかりますね。

中には、今年トップクラスの映画という方もいましたよ。

「いなくなれ群青」のまとめ

映画「いなくなれ群青」は、河野裕氏の小説が原作になっています。

舞台は、階段島と呼ばれる島、魔女が支配している島です。

横浜流星さん演じる七草と、飯豊まりえさん演じる真辺由宇が、この島の謎に挑みます。

ラストでは、その島で暮らしている人は、その人が捨てたものが人格化した人間だということがわかります。

真辺は一旦島を出ますが、七草との約束を守理、また島に戻ってきます。

映画「いなくなれ群青」を、実際に見た方は、良い口コミの方がほとんどです。

否定的な意見の方は、見当たりませんでした。

俳優さんたちの演技が素晴らしい、人の強さや弱さについて考えさせられ流、映像が素晴らしいなどの意見が目立っています。

ストーリーが複雑なので、何回も見たという方が多いのも、この映画の特徴です。

何回も見たという方は、見るたびに新しい発見があると口コミしていますよ。

こういった口コミを見ていると、絶対におすすめできる映画だということがわかります。

中には、今年トップクラスの映画という方もいましたよ。

ぜひ見て欲しいオススメの映画です。