Pocket

孤独のグルメ シーズン8 無料動画をフル視聴

ドラマ『孤独のグルメ シーズン8』の動画をフルで無料視聴するためには、パラビ(Paravi)です。

パラビ(Paravi)は安心・高画質・広告なしの動画を見られて、2週間の無料期間を楽しむことがます。

2019年10月4日の第一話がParavi(パラビ)で先行配信中です。

↓登録はコチラから↓

パラビ(Paravi)孤独のグルメ 全シーズンが見れる
月額料金 925円
30日間の無料お試し

ドラマ『孤独のグルメ8』はパラビで無料視聴できる

孤独のグルメ8 無料動画

ドラマ『孤独のグルメ8』はパラビ(Paravi)で無料視聴することができます。

無料視聴ができるのはパラビ(Paravi)

パラビ(Paravi)

  • 30日間の無料期間がある
  • TBS・WOWOWに強い
  • 国内ドラマが見逃し配信が多い
  • 高画質でスムーズに再生できる
月額料金 925円
無料期間 30日間
クーポン 毎月レンタルチケット付与(レンタル代:300円以下の作品が対象)
ダウンロード 対応可能
支払い クレジットカード、携帯支払いのみ

ドラマ『孤独のグルメ シーズン8』を見るにはパラビ(Paravi)で無料視聴ができます。

シーズン1からシーズン7まで、1話から最終話まで全話を見ることができます。

孤独のグルメ 全シーズンを見る

登録・解約も簡単!

現在見ることができる動画については公式サイトに詳しく掲載されていますので、最新状況をご確認ください。

パラビで配信中の作品を確認する

FODやU-NEXTなどの配信状況

動画配信サイト名 月額料金 孤独のグルメ シーズン8の配信状況
パラビ 988円
FODプレミアム 888円 ×
U-NEXT 1,990円 ×
dTV 500円 ×
TSUTAYA TV 933円 ×
アマゾンプライムビデオ 500円 ×
VideoMarket 500円 ×
hulu 933円 ×
ビデオパス 562円 ×
ネットフリックス 800円 ×

ドラマ『孤独のグルメ シーズン8』はパラビ(Paravi)以外では配信されていません。

見逃し配信

TVerで見逃し配信が1週間見られる予定となっています。

下のTVerのリンクをクリックすると、動画の配信状況を確認することができます。

TVer

視聴前の感想

アニメ4

おっさんがうまそうにメシを食うだけなのに見たくなる。夜の飯テロなんだけどな~絶対にお腹が減る。あとは同じ店に行けるのも1つの面白いところ😋

アニメ9

めっちゃくちゃ孤独のグルメシリーズが好きだけど、これって見た人じゃないと分からないんだよね。まず、年の近い若い子にはわかってもらえない。だって、おいしそうなんだもん💗

アニメ1

井之頭五郎さんがかわいいのはなぜwあんなおっさんなのに・・・おいしそうにご飯を食べるところがいいよね🙂

あらすじと予告動画

1話

 

井之頭五郎(松重豊)は、横浜中華街の山下町公園のベンチで仕事をした後に、商談先の占い師・ワン(八嶋智人)のもとへ向かった。ワンはなぜか五郎に進路相談をし始めてしまう。その後、五郎は腹が減ったので中華街に入っていくが、そこは香港、上海、台湾、北京などのいろいろな料理の種類の多さに全く入りたい店が決められずにいた。五郎は“中華大迷宮”だといって、困っていたが、偶然“釜飯”が目に入り、気になってお店に入ることにする。そこのお店のお母さん(榊原郁恵)が先客に出した料理も、意外な組み合わせで、五郎の興味はどんどん加速していく。鶏肉・釜めし・ワンタンメンなどお腹を空かせる食事ばかりだった。

2話

 

井の頭線で高井戸へやってきた井之頭五郎(松重豊) は、迷いながらも待ち合わせ場所の【cafe工房 木突木】に到着する。商談相手は笑顔が可愛らしい沢村まどか(上白石萌音)。ところが商品を即決したかと思うと、沢村は高い値引き交渉を仕掛けてくる。実は20代前半という若さながら婚活パーティーを主催する会社社長で、五郎も苦笑いしてしまうほど、なかなかのヤリ手だった――。
商談を終え、運動がてら歩いて中央線の駅へ向かおうとすると、一見オフィスビルのような【レストラン EAT】に遭遇する。しかし表にはメニューがなく、手掛かりは看板に描かれた牛のマークのみ。窓から店の様子を伺うと、窓際に座るカップルのテーブルにおいしそうなシチューやステーキが…。「こんなの見ちゃったら腹が減る」と、店に入った五郎は、レストランのお母さん(中尾ミエ)に了解を得て、カウンター席を陣取る。そこは目の前で調理が見られる、ステージ最前列のような良席だと思ったが、厨房から出来上がった料理が次々と目の前を通り過ぎ、さらにメニュー表には「ア・レ」や「ミートパトラ」など、イメージがわかない初耳料理…次々と繰り出されるメニューと料理の波状攻撃に、五郎は何を注文すべきか混乱するが、“ガーリック醤油ソース”に惹かれ「タンステーキ」を注文。ランチセットということで、「チャーチャースープ」と「自家製ドレッシングのプチサラダ」も付いてきたが、このスープと自家製ドレッシングが絶品!メインの「タンステーキ」も、その分厚さとは相反する柔らかさで、五郎は幸せを噛み締める。 これで終わりかと思いきや、「食べずに帰ると絶対に後悔する」と、「ミートパトラ」を追加注文。辛口の挽肉のミート感、とろーり卵のコンビネーションに感動した五郎は、また必ず来店する事を誓うのであった。

3話

日比谷公園のベンチでひと時の休憩をとっていた井之頭五郎(松重豊)は、昨今の忙しさからかついつい居眠り…。仮眠後、商談相手の劇団ノーモラル主宰・武者小路朱雀(岸谷五朗)を尋ねる為、銀座のとあるバーへ向かう。しかし、オーダーを受けた像のカタログを渡すも「インスピレーションで探して」と言い出すなど、五郎を困惑させ面倒なやりとりが続いていく…。
商談はうまくいったものの、変な気を使って体力を消耗し空腹に。飲食店街に出た五郎は、怪しげな路地に建つ、アングラな店構えの【四馬路】を見つける。“昼食堂”“ポークソテー”と書かれた看板に心惹かれ、五郎は覚悟を決めてこの店に勝負をかけることに!
しかし、ポークソテーを注文しようとすると、店主(室井滋)から「ロールキャベツ定食しかない」と言われる。ボークソテーがない事にショックを受けつつも、「ロールキャベツ、随分食べてないし、それも良し」と思い、ロールキャベツ定食を注文することに。
独特な店主のキャラクターに圧倒されるも、出てきた「ロールキャベツ」は不思議な甘さで無茶苦茶旨い!さらに定食に付く「大根と人参のなます」は、絶妙な酸っぱさで「ロールキャベツ」との相性は抜群!最後にご飯をお替りし、ロールキャベツのスープを残さず堪能し、再び仕事に向かう五郎であった。

4話

仕事を終えた井之頭五郎(松重豊)は新座市の住宅街に取り残され、途方に暮れていた。何とか古民家風の店構えのうどん屋【うどんや 藤】を発見し中に入ると、力強くうどんを踏むお母さん(池谷のぶえ)の姿が…。
空腹だった五郎は、「田舎うどん(中もり)」「肉汁(肉増し1.5倍)」「五目野菜汁」「おむすび(あげ玉ごま)」「味付け煮卵」を注文!噛み応えのあるコシのある麺、バラ肉のうまみが凝縮された肉汁に、あげ玉の食感が楽しいおむすび、具沢山な野菜汁に懐かしさを覚えつつ堪能した五郎は、幸せに満たされ、次の商談相手・石井(安東弘樹)が待つひばりが丘団地へ。
商談を終え帰ろうとした時、ドアの向こうから甘い匂いが漂ってきて一気に小腹が減った五郎は匂いの正体を探すべく、【コンマ,コーヒー】へ入っていく。
そこで出会ったのは、ふわふわの「カステラパンケーキ」!上に乗ったバターが、優しい甘さのパンケーキに染み込み、口の中でふわりととろけ、名前を裏切らない美味しさに食べる手が止まらなくなる五郎!メープルシロップもかけ食べ進んでいくと、あっという間に最後の一口に…。
大満足し夢を見ているような気分で、帰路につく五郎であった。

5話

井之頭五郎(松重豊)はホテルの支配人・斎藤由美子(MEGUMI)との商談で群馬藤岡駅に降り立つ。打ち合わせを終え空腹の五郎は、タクシーに乗りながら店を探すが、民家ばかりで見当たらない…。執念で発見したのは中華っぽい名前の焼肉店【宝来軒】。
中に入ると、店員の清水(大橋彰)に一人焼肉用のカウンターに案内される。久々のロースター焼肉に胸が高まる中、豚肉の充実ぶりを知り “豚攻め”を決意した五郎。「豚 ロース」「豚 カルビ」「ごはん」「肉スープ(ハーフ)」「キムチ」を頼む中、思わず惹かれた「牛 上カルビ」も注文する。
「キムチ」の美味しさに、「この店ひょっとしたらひょっとするぞ…」と期待を高まらせながら、まずはじっくり肉を焼くことに。そして待ちに待った「豚 カルビ」のストレートど真ん中の美味しさ、「豚 ロース」の驚く柔らかさ、「牛 上カルビ」のとろける肉の旨味に、五郎の食欲は加速していく!
「半ライス」をお替りし、ごはんの上に豚肉とキムチを乗せ、豚キムチ丼でしめた五郎は、次回「ホルモン攻め」をすることを誓い、駅に向かうのだった。

6話

井之頭五郎(松重豊)は、イベント会社・鳴海社長(青空球児)との打ち合わせで浅草5656会館へ。打ち合わせを終え、何か食べて帰ろうとさまよっていると、ディープな雰囲気が漂う焼肉横丁を見つけ、突き進むことに!しかし、数多あるお店に圧倒され悩む五郎…。そんな中、浅草の風景からは浮いた異国情緒あふれる【タイレストラン イサーン】を発見!自由な店主(村松利史)に出迎えられ、「チムチュム(イサーン風ハーブ鍋)」「ナムトックムー(ローストポークのサラダ/ハーフサイズ)」「ジャスミンライス」を注文。 “サラダ”だがしっかり肉感、スパイスとパクチーが効いた「ナムトックムー」を「ジャスミンライス」のお供にし、空腹を満たす五郎。
そして、待ちに待った「チムチュム」が登場!「豚肩ロース」「鶏肉」「牛肉」「豚トロ」の、お肉の三社祭感に高揚しながら、初めての「チムチュム」を堪能する。ハーブたっぷりの爽やかなスープに、酸っぱ辛い辛ダレで食欲は加速していき、〆に「米麺セット」を追加注文!イサーンの知恵に感動しながら、「チムチュム」と出会えた幸福を噛み締める五郎であった。