Pocket

孤独のグルメ シーズン8 無料動画をフル視聴

ドラマ『孤独のグルメ シーズン8』の動画をフルで無料視聴するためには、パラビ(Paravi)です。

パラビ(Paravi)は安心・高画質・広告なしの動画を見られて、2週間の無料期間を楽しむことがます。

2019年10月4日の第一話がParavi(パラビ)で先行配信中です。

↓登録はコチラから↓

パラビ(Paravi)孤独のグルメ 全シーズンが見れる
月額料金 925円
30日間の無料お試し

ドラマ『孤独のグルメ8』はパラビで無料視聴できる

孤独のグルメ8 無料動画

ドラマ『孤独のグルメ8』はパラビ(Paravi)で無料視聴することができます。

無料視聴ができるのはパラビ(Paravi)

パラビ(Paravi)

  • 30日間の無料期間がある
  • TBS・WOWOWに強い
  • 国内ドラマが見逃し配信が多い
  • 高画質でスムーズに再生できる
月額料金 925円
無料期間 30日間
クーポン 毎月レンタルチケット付与(レンタル代:300円以下の作品が対象)
ダウンロード 対応可能
支払い クレジットカード、携帯支払いのみ

ドラマ『孤独のグルメ シーズン8』を見るにはパラビ(Paravi)で無料視聴ができます。

シーズン1からシーズン7まで、1話から最終話まで全話を見ることができます。

孤独のグルメ 全シーズンを見る

登録・解約も簡単!

現在見ることができる動画については公式サイトに詳しく掲載されていますので、最新状況をご確認ください。

パラビで配信中の作品を確認する

FODやU-NEXTなどの配信状況

動画配信サイト名 月額料金 孤独のグルメ シーズン8の配信状況
パラビ 988円
FODプレミアム 888円 ×
U-NEXT 1,990円 ×
dTV 500円 ×
TSUTAYA TV 933円 ×
アマゾンプライムビデオ 500円 ×
VideoMarket 500円 ×
hulu 933円 ×
ビデオパス 562円 ×
ネットフリックス 800円 ×

ドラマ『孤独のグルメ シーズン8』はパラビ(Paravi)以外では配信されていません。

見逃し配信

TVerで見逃し配信が1週間見られる予定となっています。

下のTVerのリンクをクリックすると、動画の配信状況を確認することができます。

TVer

視聴前の感想

アニメ4

おっさんがうまそうにメシを食うだけなのに見たくなる。夜の飯テロなんだけどな~絶対にお腹が減る。あとは同じ店に行けるのも1つの面白いところ😋

アニメ9

めっちゃくちゃ孤独のグルメシリーズが好きだけど、これって見た人じゃないと分からないんだよね。まず、年の近い若い子にはわかってもらえない。だって、おいしそうなんだもん💗

アニメ1

井之頭五郎さんがかわいいのはなぜwあんなおっさんなのに・・・おいしそうにご飯を食べるところがいいよね🙂

あらすじと予告動画

1話を見るならクリック

井之頭五郎(松重豊)は、横浜中華街の山下町公園のベンチで仕事をした後に、商談先の占い師・ワン(八嶋智人)のもとへ向かった。ワンはなぜか五郎に進路相談をし始めてしまう。その後、五郎は腹が減ったので中華街に入っていくが、そこは香港、上海、台湾、北京などのいろいろな料理の種類の多さに全く入りたい店が決められずにいた。五郎は“中華大迷宮”だといって、困っていたが、偶然“釜飯”が目に入り、気になってお店に入ることにする。そこのお店のお母さん(榊原郁恵)が先客に出した料理も、意外な組み合わせで、五郎の興味はどんどん加速していく。鶏肉・釜めし・ワンタンメンなどお腹を空かせる食事ばかりだった。

2話

井の頭線で高井戸へやってきた井之頭五郎(松重豊) は、迷いながらも待ち合わせ場所の【cafe工房 木突木】に到着する。商談相手は笑顔が可愛らしい沢村まどか(上白石萌音)。ところが商品を即決したかと思うと、沢村は高い値引き交渉を仕掛けてくる。実は20代前半という若さながら婚活パーティーを主催する会社社長で、五郎も苦笑いしてしまうほど、なかなかのヤリ手だった――。
商談を終え、運動がてら歩いて中央線の駅へ向かおうとすると、一見オフィスビルのような【レストラン EAT】に遭遇する。しかし表にはメニューがなく、手掛かりは看板に描かれた牛のマークのみ。窓から店の様子を伺うと、窓際に座るカップルのテーブルにおいしそうなシチューやステーキが…。「こんなの見ちゃったら腹が減る」と、店に入った五郎は、レストランのお母さん(中尾ミエ)に了解を得て、カウンター席を陣取る。そこは目の前で調理が見られる、ステージ最前列のような良席だと思ったが、厨房から出来上がった料理が次々と目の前を通り過ぎ、さらにメニュー表には「ア・レ」や「ミートパトラ」など、イメージがわかない初耳料理…次々と繰り出されるメニューと料理の波状攻撃に、五郎は何を注文すべきか混乱するが、“ガーリック醤油ソース”に惹かれ「タンステーキ」を注文。ランチセットということで、「チャーチャースープ」と「自家製ドレッシングのプチサラダ」も付いてきたが、このスープと自家製ドレッシングが絶品!メインの「タンステーキ」も、その分厚さとは相反する柔らかさで、五郎は幸せを噛み締める。 これで終わりかと思いきや、「食べずに帰ると絶対に後悔する」と、「ミートパトラ」を追加注文。辛口の挽肉のミート感、とろーり卵のコンビネーションに感動した五郎は、また必ず来店する事を誓うのであった。