Pocket

 

 

アニメ化(2018年)に続き実写映画化(2020年公開予定)と大人気なラブコメ「ヲタクに恋は難しい」(ふじた/一迅社)、ここでは6巻のネタバレをご紹介します。

5巻では桜城と尚哉の仲直りエピソードがありましたね。

6巻は初めての社員旅行編です。

 

こーくん、ゲーセンで尚哉と遭遇する

 

ひとりでゲーセンに行けるようになった桜城は、ゲームで巨大なぬいぐるみを取ってしまい、持て余していました。

そこへ尚哉が声をかけ、次いで成海も登場して、桜城は人見知りを発動してしまいます。

彼女の目に尚哉と成海はとても親しげに見え、桜城に挨拶する成海の明るさにも腰が引けていました。

そこへ、桜城と同じくゲームで巨大なぬいぐるみを取ったものの、持て余した宏嵩が合流します。

桜城は宏嵩とペアを組んでシューティングゲームをプレイしました。

初見プレイで足を引っ張ったと謝る桜城に、宏嵩は「やるね」と声をかけて、宏嵩がゲームで誰かを褒めたり、他人に興味を持ったのは初めて見たと、尚哉と成海を驚かせます。

ゲーセンの外に出ると、成海と宏嵩は尚哉たちに手を振って並んで歩き始めます。

困惑する桜城に、尚哉はふたりのデートにたまたま出くわしたので一緒に行動していただけだ、と説明します。

尚哉は桜城を遊びに誘い、ふたりは再びゲーセンへと戻るのでした。

 

宏嵩、ホワイトデーのお返しを思案する

 

同僚の相庭と馬場は、普段は不愛想な宏嵩からホワイトデーの相談を受けて驚きます。

宏嵩の視線の先に成海の姿を見つけたふたりは、宏嵩が成海を密かに思慕していると勘違いして、宏嵩の恋を応援すると決心します。

休日、宏嵩は尚哉と共にホワイトデーのお返しを買いにデパートへ出かけます。

お返しを悩む宏嵩に、尚哉は、成海のことを考えて選べば彼女は何でも喜んでくれる、と助言します。

それを聞いた宏嵩は何とか自力でプレゼントを選び購入しました。

翌週、相庭と馬場はホワイトデーの戦果を宏嵩に尋ね、満足のいく結果だった、という回答を得て喜びます。

宏嵩の脳裏には、贈ったくまのぬいぐるみを抱きしめる成海の笑顔が浮かんでいました。

一方、彼らを遠くから眺める成海と小柳は、小声で相庭と馬場のカップリングを呟き、腐った活動で脳内を忙しく働かせているのでした。

 

ヲタ恋面々、初めての社員旅行

 

樺倉を幹事に、ヲタ恋の面々が勤務する会社が社員旅行をすることになりました。

行き先は温泉旅館です。

成海は宏嵩が他の社員と仲良くなる絶好の機会だと考え、楽しみにしています。

旅行当日、神社参拝後、一行は旅館に到着します。

早速温泉に入った宏嵩と樺倉は、サウナで我慢比べをして入室してきた同僚たちを怯えさせました。

一方、成海と小柳は露天風呂で日頃の疲れを癒していました。

成海は宏嵩と同僚が仲良さげにしているのを見て満足そうですが、小柳はどことなく不満げです。

夕食の宴会で上司に散々飲まされた樺倉は、酔っぱらってロビーで休んでいたところを小柳に介抱され、彼女の頬にキスをするという素面では決してやらない行動をして小柳を赤面させました。

宴会を抜け出し旅館近くの橋でタバコ休憩をしていた宏嵩は、同じく宴会を抜け出してきた成海と出会えて嬉しそうです。

しかし成海は皆に隠れてスマホゲームのガチャを引きにきたという態度でした。

けれども、宏嵩を見つけたときの彼女の瞳は愛おしそうに潤んでいたのです。

こうして4人は社員旅行を楽しんだのでした。

 

次巻、樺倉と小柳がついに!?

 

6巻では社員旅行で樺倉&小柳カップルと宏嵩&成海カップルがそれぞれ仲を深めましたね。

小柳にデレる樺倉はレアで新鮮でした。

7巻では樺倉と小柳のカップルに、ついに重大な局面が訪れます。

楽しみですね。