U-NEXT
Pocket

今回は思い思われ、ふりふられ第6巻のあらすじ、ネタバレをして行きたいとおもいまーーーーす!!!

思い思われ、ふりふられの原作ネタバレ!漫画6巻のあらすじ

ふりふら5巻ラスト、和臣とあかりのベッドダイブのアクシデントの瞬間に、部屋を訪れた理央(°д°)
思わずあかりを掛け布団で隠し、理央の前に現れた和臣!!
ですが、理央は小窓から女性の足を発見し、和臣は大人だったと勘違いし慌ててその場から去りますwww

その後、朱里は和臣の兄に対する気持ちを聞いて、かつての自分と同じように家族の中で役割を感じてるのではと思い、もっと和臣のそばで支えたいと感じるんですが。。。

でもそのためには 早く
私の中から乾くんへの恋愛感情を消さなきゃ
そのそぶりが少しでもでれば

乾くんは私がそばにいる事をきっと嫌がる

和臣もあかりを前に抑えられない感情を覚えますが、理央の事を思い出し気持ちを伝えるのをセーブします。
そんな気まずそうな和臣に気を使い、夏祭りでの告白?を
なんなら忘れてくれていいから
なんて勘違いして言っちゃうあかり。

一方、和臣が大人だった!と絶賛勘違い中の理央はコンビニで由奈と会います
マンションへの帰り道、理央は由奈に。。

朱里の事は自分の中でちゃんと整理ついたから
多分意地になってたんだと思う
好きって気持ちがこじれていつの間にかただの執着に変わって
そういうのやっと
やっと手放せたって感じ
だからもうその事は心配しないで

って伝えます!
そう聞いて理央くんがもうつらくないならよかった。と泣き出しちゃう由奈。
ここは同性から見てもキュンキュンしてしまうんですよーーーーーーぉ
思わず理央は由奈を抱きしめねしまいます!!!

突然のハグにビックリして、超ーーー絶赤面で何事か尋ねる由奈でしたが、親愛のハグらしいw

親愛のハグのあとは
好きのキスがしたい
でも

と由奈に顔を近づけます!!
が、ちゃんと好きって言ってからしたいと理央がここで告白しようとしたその瞬間。、。由奈にLINEが!
そーれーは、我妻くんでした〜。いやいやいやいやいやいや、妹の誕プレの相談て、なかなか策士じゃん。。
翌日、理央ははっきり我妻くんの気持ち、聞いちゃいます。

市原さんのこと?なんだやっぱバレたかぁ

うん 俺市原さんの事好きだよ

〜PIECE22〜

我妻くんの告白を聞き、何も言えずにいた理央。
その後どんどん距離を縮める我妻くんと由奈を見て、こんなのもう言い出せるきしないんだけどとまで思いますが…

駅で我妻くんと別れた瞬間追いかけ、
俺も由奈ちゃんの事好きなんだ ごめん
…と、ちゃんと正直に伝えます!

今更言い出してごめん でも由奈ちゃんを一番笑顔にするのは 俺じゃなきゃやなんだ

いや、うん それは俺も同じだから。 じゃ〜勝負ってことで!

我妻くん、理央の気持ち知ってましたね。
しかも、よかった このまま言い出さないつもりなのかと思ったって…やっぱイイやつ笑

そしてそして場面は変わり、文化祭の撮影フォト選手権のお手伝い係に任命された朱里が、校内での素敵スポット探しを一人でしていると…そこに和臣登場!!

中庭で二人で話していると、朱里の携帯が鳴ります。
どうやら、転校前の学校の友人からで文化祭に遊びに来るらしい!しかも、朱里の元カレ・亮介も。

朱里が泣いていた事を知る和臣は元カレが来る事を心配しますが、さっぱりした女を演じなくては”と感じた朱里は平気なふりをして、切り替えが早いとアピール!

さらに
だから私が乾くんに言った事もほんとに忘れてくれていいからね
と言った朱里の言葉に、思わず和臣は…。

そんなに何度も言わなくてももう分かったって

と、ちょーーっとキレ気味。
ハッとして謝る和臣。その時朱里が携帯を落とし二人で同時に拾おうとして頭ゴチンしちゃいます笑笑
その瞬間、朱里の携帯に元カレの亮介から着信が入りますが、頭をぶつけた和臣を心配する朱里は電話にでない。
その朱里を見て和臣は。。。。

山本さんにとって忘れるって
ホントに簡単なんだね

と、心配する朱里の手を払い、と、見せかけて掴んで。。。。

俺 山本さんが嫌だ
何考えてるか全然分かんないし
俺も なんにも考えられなくて

今のも。忘れて

なんだか悲しいキス。
そのまま立ち去ってしまう和臣。。。。

〜PIECE23〜

その後朱里はテキトーーーな気持ちで告白されたと和臣が不愉快に思っているのでは、と感じ落ち込んでいました…。
和臣の方からキスの事を謝ってきた時に、朱里は思いを伝えます

たしかに私 切り替え早いし気にしないでって言ったけど だからってあの夏祭りの告白が適当な気持ちだったわけじゃなくて

あの時はちゃんと本当に好きだったからで…それだけは、分かって欲しいです

…と。
友達としてこれからも話せたらいいなって…
初めて朱里から、好きと言う気持ちを聞き複雑な和臣ですが、やっぱり理央の事を考えこれでいいんだ!!もうと自分の気持ちを抑えに抑えます!

そして、文化祭当日!!
理央たちのクラスの出し物は、コスプレしたメンバーが校内をうろついて、お客さんが探し出しスタンプを押してもらうってやつらしい〜
自分のコスプレを見て欲しくなさそうな理央。
そうです〜理央のコスプレはこちら…!!

コスプレを恥ずかしがる理央でしたが、由奈からみれば絵本の王子様そのもの思わず初恋の王子様みたいって思った!と言った由奈の言葉で、理央のテンション俄然アップですwww
そして。。、由奈と理央の距離ギューーーーーーーーーーーーーっと!近づいてます!!!

偶然上から紙吹雪が舞い、笑いあうふた
その瞬間を、朱里は激写し由奈の許可を取って“青春フォトコンテスト”にエントリー
が、しかし!その写真を見つけてしまう我妻くん、なのでした。

〜PIECE24〜

そして文化祭2日目。
昨日の由奈の王子様みたいという言葉のおかげで、堂々とコスプレ姿で校内を歩く理央。他の女子たちに面白いって言われても平気です

でも、後夜祭では絶対に着替えるという理央。
どうやら由奈への告白を決意してるようです…!!!

そしてなんと!和臣も!!
フォトコンお手伝い係として朱里と一緒にいて、朱里のそばで触れられないもどかしさを感じ理央の元へ!!!

俺も 山本さんの事好きなんだ ごめん

畳み掛けるように自分の気持ちを伝える和臣でしたが、理央ストップ入りますww
俺の好きなコ 朱里じゃないんでとwww
お互いの好きな子を知り驚く理央と和臣でしたが、理央は告白を決意してますが、和臣はそうではないよう…。

そして、その頃校内では、我妻くんが由奈を見つけてましたっ
理央が後夜祭で告白するのでは、と感じた我妻くん!
柴くんが我妻くんのおもちゃの手錠を由奈にかけた事に便乗し、由奈の手を取り人が少ない場所へ移動。。

まとめ

はーーーい!!!ここまでが、思い、思われ、ふり、ふられ6巻でございましたーーーー(^^)

ここでやっと動きましたね〜〜〜!!
みんなの少しはやる思いに、こちらまでソワソワどきどきしちゃいました
理央を想い、朱里への気持ちに全力でセーブかけてた和臣、お疲れ〜さ!今すぐ、朱里の元へ行こーうー!
って感じになりましたね笑笑
でも!和臣は時すでに遅し状態。
でも!たとえ“切り替わって”いると誤解してても、今度は自分が頑張る番なんじゃないかな?和臣くん!と思うんです

思い、思われ、ふり、ふられ”というタイトル通り、4人みんなその気持ちや立場を経験していってますね〜

理央と由奈のグ〜〜〜っと近づき、あと1ミリ距離な感じもたまりませんね!ー!!
我妻くんの悪あがき…どうなるのかな。おい爆笑
ぜひ読んでみてください〜〜〜♫