Pocket

ミリオンジョー 原作ネタバレ

人嫌いな大人気作家、真加田(まがた)がある日突然死亡して・・・。

残された編集担当の呉井(くれい)とアシスタントの寺師(てらし)は、大人気連載「ミリオンジョー」の連載を続けるために、作者の死を隠蔽してしまいました!

今回はそんな波乱の幕開けになった「ミリオンジョー」の第2巻、第3巻の展開やあらすじ、ネタバレをお届けします!

ミリオンジョー第2巻のあらすじとネタバレ

死の隠蔽と驚愕の口座残高

まず真加田先生が死んでしまった事実は、交遊関係がまったくなかったり、家族がいなかったりしたことで、上手に隠すことができました。

しかしそうなると人間欲が出てくるもの・・・。

影武者として、仲間の岸本がつれてきた佐藤という男は、シルエットが真加田先生にソックリですし、ミリオンジョーのラストまでのあらすじもノートに書いてあったものを発見!

漫画は完成する前に、ネームといってコマワリや演出を提出する段階があります。

そのネームは、真加田先生のノートを参考に編集担当の呉田が製作することにしました。

そして寺師が絵を入れて、完成、入稿という手筈で進んでいきます。

そんな手法を続けながら、真加田先生の貯金に3人は注目しました。

その金額は、30億円・・・!

このお金をどうやって、引き下ろして分配するかに頭を悩ませる3人。

しかし、問題はお金の分配だけではなかったのです。

ミリオンジョーの連載の続行には大きな壁が!

作者の死を隠しながら、編集とアシスタントだけで続行するという、無謀な仕事・・・。

しかし、なんとか乗り切れる!と、タカをくくっていた呉井でしたが、あっけなく壁にぶちあたってしまうのでした。

それは「読者投票の壁」です。

週刊少年マンガ雑誌には、読者投票はつきもの。

漫画雑誌には、アンケートで「どの作品が面白かったか?」などのアンケートにこたえ、プレゼントのキャンペーンにも応募できるハガキがついているのです。

このハガキで ミリオンジョーは毎回500票以上の投票を獲得していました。

しかも2位の「トライゼッタ」とは毎回300票ほどの大差をつけていたのです。

しかし真加田先生が死んでからは、作者不在の漫画「ミリオンジョー」は、その投票を350票までダウンしてしまったのでした。

やはり素人のネームでの漫画つくりには、無理があったのか・・・!と、撃沈する呉井と寺師。

とうとう2位のトライゼッタに3票ですが、追い抜かれ1位の座を譲ってしまったのでした!

ここで呉田の秘策が!アンケートの操作が始まる!

どんどん下がっていく人気投票に、呉井は焦りました。

編集長からも呼び出されて、渇をいれられる始末。

真加田先生に伝えておきます・・・とその場をはぐらかし、呉井はある「秘策」を思い付くのでした。

それは「アンケートデータの操作」。

残業と偽って、呉井は編集部に最後まで居残りします。

そして、誰もいない編集部からあるものを盗んだのでした。

それは、以前回収した集計済みのハガキ。

大量のハガキを仕事部屋で、寺師たちに見せます。

そして、そのあとに大量の今週号のマンガ雑誌が送られてきました。

その数はなんと、1000冊!

この漫画についているハガキをきりとり、回収済みのハガキの住所をつかって、あたらしい投票記録を増幅させる・・・という荒業を考えたのでした。

自分達で1000枚ものアンケートハガキをミリオンジョーに投票し、なんとか450票くらいの票数を維持できるようになりました。

その間にネーム1話分に3話分の内容を盛り込んで、呉井はミリオンジョーの投票数450票を、インチキなしで獲得することに成功したのでした。

しかし部外者にバレてしまった!真加田さんの死

編集部に出入りしている女性漫画家がいました。

彼女の名前はマイ。

彼女は呉井が編集部で、ある荷物を真加田先生に送りたい・・・と住所の伝票をアルバイトに渡していました。

その伝票を盗み見したマイ。

そして住所に行き、真加田さんに似た後ろ姿の佐藤に声をかけるのです。

佐藤には大役がありました。

それは、にていることを利用して真加田さんのふりをして銀行に30億の貯金を全額引き落とすことでした。

その作戦のメモがきをうっかり、マイに見られた佐藤。

マイは呉田に追求し、5億のお金を受けとる変わりに、口外し愛顧とを約束しました。

彼女はお金は必要なく、仲間に加わりたかっただけのようですが・・・ちょっと怪しい存在です。

不穏な動きのミリオンジョーチーム?作戦は成功する?

今、先生の死を隠蔽して動いているのは、担当の呉井、アシスタントの寺師と岸本、そして影武者の佐藤、漫画家のマイです。

事態はうまく進んでいるかのようでしたが、佐藤をつれてきた岸本は、佐藤をいじめるような言動をしたり、呉井のこともバカにしたような言動をします。

そして、ミリオンジョーと他の先生とのコラボ作品の計画を編集部がおしてきました。

いまバレるわけにはいかない呉井は、うまく断りますが、真加田先生の2代目の編集者が説得の電話をかけてきたのです。
上手にそれもかわした呉井でしたが・・・。

目まぐるしい展開に、代筆をしている寺師もいつバレるか・・・と追い詰められている状況。

そんな時、人気投票2位のトランゼッタの作者が気づいたのです。

「ミリオンジョーの作者は別人だ!」
と。

ミリオンジョー第3巻あらすじネタバレ

週刊グローリーで第2位人気の「トライジェッタ」の作者、本杉はミリオンジョーの連載が別人が書いているのでは?と気づきました。

そして、担当である呉井に

「真加田先生に会わせてほしい」

と申し出ます。

ピンチ!と感じ、のらりくらりと言い訳をしては、面会を断りました。

しかし本杉は真加田先生がおかしい!と疑い、かなりしつこいのです。

それを呉井は真加田先生がスランプであることを理由に断りました。

その呉井の必死さに

「読者の目を見てないんだよ!」

と、本杉はしびれを切らして叫びます。

「キャラクターが読者と目を合わせないのは、後ろめたい事があるからだ!」

そんなキャラクターで読者の心を掴めるわけがない!と本杉は、呉井に忠告したのです。

その本杉の必死のアドバイスに呉井は、心から

「あ、ありがとうございます!」

と深々とお礼をいうのでした。

解けた絵柄の謎!金の分配は解決できるのか?

本杉のアドバイスで、3週連続の表紙をミリオンジョーが飾るというチャレンジはなんとか成功しました。

アシスタントで、いまやミリオンジョーの軸になっている寺師は、絵柄で悩んでいましたが、そのストレスも今回のアドバイスで軽減したようでした。

しかし寺師は他に悩みを抱えていました。

それは、前の奥さんがお金に困っている、ということ。

呉井と寺師、岸本、佐藤、マイというチームで、真加田の銀行口座の解約をする算段をしていますが、そこで寺師が

「前借りで200万ほど貸してもらえないか・・・?」

と、岸本に相談しました。

寺師に抜けられると困る岸本は、寺師に200万用意します。

そして前の奥さんと待ち合わせをしていた寺師。

約束の時間があったので、ミリオンジョーのラストまでのシナリオが書いてあるノートと、漫画の原稿、お金をバッグにいれて、待ち合わせ場所にいきました。

しかしその時、寺師の前の奥さんは、彼氏のケンカに巻き込まれ警察に連行されていました。

約束の場所で待ちぼうけした寺師は、帰りに居酒屋でお酒を飲んででしまいました。

寺師は、過去飲酒で何度も失敗していました。

前の奥さんとの離婚の原因もお酒でした。

今回、せっかくのい禁酒をといて、しこたま飲んでしまった寺師。

おぼつかない足取りで、会計のときに誤って、100万円の札束をレジの前に落としてしまいます。

なんとか会計をすまして、夜道を帰っていた寺師ですが、バイクの2人組にバックを盗まれてしまいました。

ミリオンジョーチーム大ピンチ!!

シナリオ入りのバックを盗まれたミリオンジョーのチームは、困惑します。

しかし呉井が、驚異の記憶力でラストまでのシナリオを覚えていたのです。

この呉井の記憶力には、ミリオンジョー1の大ファンであるマイも納得してGOサインをだしました。

そして真加田先生の銀行口座の解約作戦もとうとう実行の時がやってきたのです。

真加田先生の影武者になるのは、背格好がよく似ている佐藤でした。

しかし佐藤はいい加減で、マイにも前回あっけなく正体をばらしていました。

怒った岸田は佐藤には、30億の銀行口座の分け前は用意していません。

しかし、佐藤に解約の鍵はかかっているので、岸本が「お前にも終わったら分け前考えてやるからな」と言いました。

「ほんと?」と嬉しそうな、佐藤。

銀行での佐藤の解約の演技は成功し、指定日に仕事場にお金は全額、銀行から届く予定になっていました。

しかし約束の時間になっても、寺師が仕事場に現れません。

怪しんだ岸本が呉井に連絡します。

急いで仕事場のマンションにむかった呉井。

そしてやはり、マンションに銀行のお金が届くことはありませんでした・・・。

30億の大金はいったいどこに?黒幕は意外な人物

その頃、ワゴン車に30億の大金をのせて、佐藤が運転していました。

隣にはマイ、後部座席には寺師が座っていました。

マイは、佐藤が銀行で解約の演技をする前日に、佐藤に入れ知恵をしていました。

実は佐藤が銀行の口座を解約する際、

「お金は全額、仕事場のマンションへのお届けでいいでしょうか?」

と、いう銀行員の申し出に

「いえ、実はもうひとつマンションがありますので、そちらのほうに・・・」

と、佐藤が言ったのでした。

そして、まんまと呉井と岸本にいっぱい食わせたマイは、嬉しそうでした。

真加田が死んだというのに、ミリオンジョーは自分の作品のように語っている呉井や、横暴な岸本のくやしがる顔が浮かんだのでしょうか。

そして、マイには<声>が聞こえたと言うのです。

「真加田先生がバチをあてろ、って言ってるんです」

その後、コインパーキングでぐっすり眠っていた佐藤とマイ。

寺師はトイレに行き、コーヒーを買ってワゴンに戻りましたが・・・。

30億を乗せたワゴン車は、寺師をおいて去ってしまったのでした。

消えたミリオンジョーと30億!世間は大パニック!

寺師が消えたことによって、ミリオンジョーの休載が決定しました。

そのトラブルから、真加田先生の死も発覚してしまい、呉井も姿を消します。

その報道に、日本中はパニックになっていったのです。

全責任は呉井がかぶり、どこかの下宿に身を隠していました。

岸本が心配して、一度だけ呉井のもとを訪ねました、

そこには風呂にも入らず、まともなものも食べず、ろくに寝てもいない呉井の、変わり果てた姿があったのです。

呉井は漫画を書いていました。

ラストまでの漫画「ミリオンジョー」を仕上げるために、何度も絵の練習をして、原稿を仕上げていたのです。

とりつかれたようにミリオンジョーを仕上げる呉井に、岸本は

「この人、狂ってる・・・」

と、もう二度と会うことはないだろう、と思うのです。

長い月日がたち、とうとう呉井作画のミリオンジョーが完成します。

その原稿を出版社に郵便で送ろうと出掛けたときに、呉井はミリオンジョーのファンに刺されてしまうのです。

そこから呉井の居場所は出版社にバレてしまいます。

そして病院には、リハビリをする呉井の姿が・・・。

呉井のベットには、呉井が書いたオリジナルの漫画が完成していました。

(完)

ミリオンジョーをお得に読む

ミリオンジョー全3巻をFODプレミアムの電子書籍で読むとお得です。

2019年9月現在、ミリオンジョー1巻はセールの対象となっています。

そのため、FODプレミアムに登録してもらえるポイントだけで、漫画「ミリオンジョー」を全巻読むことができます。

FODプレミアムのもらえるポイント

FODプレミアムでは下記の場合において、ポイントをもらうことができます。

  • 入会・継続時に100ポイント
  • 8の付く日にログインすると300ポイント(8日・18日・28日)
  • 電子書籍を購入すると20%分のポイントが還元される

その為、単純に計算すると1カ月1300ポイントはもらうことができます。

そして、漫画「ミリオンジョー」のポイントはこちらです。

  • 1巻:99ポイント
  • 2巻:600ポイント
  • 3巻:600ポイント

合計1299ポイントとなるので、登録してポイントがもらえる8の日にFODにログインすれば、最大1300歩員がもらえます。

さらに、電子書籍をポイントで買えば、20%のポイントが戻ってくるので、お金を払わないくても「ミリオンジョー」が読めてしまうということなんですね。

1か月間は月額料金が無料となるお試し体験ができますので、そこで動画を一緒に見ることができるのはうれしいですね。

登録・解約も簡単

まとめ

今回は漫画「ミリオンジョー」第3巻のあらすじとネタバレを紹介しました。

最終巻ということもあって、怒濤の展開で、お金の争奪戦などハラハラする展開が目白押しでした。

最後は真加田さんの思いを呉井が引き継いだのかな?と、読者に思わせる終わり方になっていました。