Pocket

画コンフィデンスマン 無料動画をフル視聴

ドラマも、スペシャルドラマも大ヒットしたコンフィデンスマンJP。

華麗に、そして大胆に悪いやつらを騙していく百戦錬磨のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)のダー子・ボクちゃん・リチャード、そして五十嵐などの仲間たち。

そんな「映画コンフィデンスマンJP ロマンス編」の無料動画配信サイトについて調べてみました。

おすすめ動画サイト

「映画コンフィデンスマンJP ロマンス編」が見られるのはココ!

U-NEXTTSUTAYA TVdTV

YOUTUBE・パンドラ・デイリーモーション・9TSU・TVer・Gyao・Hulu・パラビ・アマゾンプライムビデオ・ネットフリックスでは見られません。

U-NEXTは見放題作品が多いのでおすすめです。

無料期間中にもらえるポイントでレンタルできるのもいいですね。

\「映画コンフィデンスマンJP」をポイントで見る/

無料で視聴できる動画配信サイト

YOUTUBE

現在動画は配信されていませんでした。

コンフィデンスマン映画ユーチューブ

投稿されていたのはこちらの動画のように予告動画ばかりでしたね。

これでは無料でフルの動画を見ることができないから、使えませんでしたね。

パンドラ

現在動画は配信されていませんでした。

コンフィデンスマン映画パンドラ

全くコンフィデンスマンに関係ない動画ばかりですね。

ダー子はどこなの!!

デイリーモーション

現在動画は配信されていませんでした。

コンフィデンスマン映画デイリーモーション

これも予告動画じゃない!

これだけ調べても無料動画がないってことは、こういった無料配信サイトではコンフィデンスマンの映画のフル動画は見れなさそうですね。

有料動画配信サイト一覧

無料配信サイトでは見れないので、有料なら動画が見れるのかなと思って動画配信サービスを調べてみました。(2019年12月4日現在)

配信中の動画配信サービス一覧

動画配信サイト名 配信状況 月額料金
U-NEXT 1990円
ビデオパス 564円
dTV 500円
dアニメストア × 400円
TSUTAYA TV 933円
アマゾンプライムビデオ × 500円
VideoMarket × 500円
hulu × 933円
FODプレミアム × 888円
パラビ × 925円
ネットフリックス × 650円〜

U-NEXTでは最新動画が多く配信されているので、コンフィデンスマンの最新映画も動画配信される可能性が高いですね。

そこで、U-NEXTのサービスについてまとめていきます。

U-NEXTのサービス内容

U-NEXT

  • 31日間の無料期間中にダー子に会える!!
  • だまされたときのスッキリ感がいい
  • 実は小栗旬が出てるってのも見ものなんです
  • 劇場で見逃した人が続出するくらいだったので動画で巻き戻してみたいですね
月額料金 1990円
無料期間 31日間
ポイント 初月:600pt、翌月以降:1200pt
ダウンロード 対応可能
支払い クレジットカード、プリペイドカードなど

 

\「映画コンフィデンスマンJP」をポイントで見る/

口コミ

実際に「映画コンフィデンスマンJP ロマンス編」を観た方々の口コミをツイッター上で調べてみました!

「映画コンフィデンスマンJP ロマンス編」を観た方々からは、やはりどんでん返しだった、最後までドキドキ楽しめたという声が多く挙げられていました。

オススメしたい映画第1位と絶賛している方もいらっしゃいますね!!

主題歌にも注目が集まっているようで、替え歌なども作られているようでした。

DVD販売や動画配信を心待ちにしている人、早くもう一度見たいと感じている方も沢山います。

あらすじネタバレ

コンフィデンスマン(=信用詐欺師)のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の今回ターゲットは香港マフィアの女王ラン・リウ(竹内結子)であった。

彼女はその冷酷さから氷姫との異名をもっていて、時価数億円とも言われる“パープルダイヤ”を持ち人前に現れることはなかなかないといいます。

ダー子、ボクちゃん、リチャード、五十嵐(小手伸也)、そしてダー子の弟子であるモナコ(織田梨沙)の5人はパープルダイヤを手に入れるため香港を訪れます。

香港でラン・リウを釣り上げるため色々と手を尽くしますが、餌に一向に喰いつこうとはしません。

同じようにパープルダイヤを狙うもう1人の天才恋愛詐欺師がいました。

彼はジェシー(三浦春馬)といい、なんとダー子の元恋人。

ジェシーもダー子たちのようにラン・リウを落とすことができずにいました。

 

ダー子が今もかつての恋人ジェシーのことを忘れられずにいることをリチャードがボクちゃんとモナコに話します。

そんな中で、ジェシーはダー子たちに接触してきて「昔のようにもう一度組まないか?」と持ちかけてきます。

ジェシーの情報から、ダー子たちはラン・リウにも忘れることのできない人物がいることを知ります。

ランは12歳の時に一目惚れした初恋の相手を一途に思い続けており、その相手はかつてランと政略結婚後に離婚した元夫だったのです。

ランと離婚した元夫は、現在貧乏生活を送っていました。

ダー子たちはラン・リウと元夫のよりを戻そうと画策し、2人を海外へ逃がそうとなりすましの手紙を書きます。

しかし、元夫はランの手紙を無視し、若い金髪女性を選びました。

そんな元夫の姿を目のあたりにしたランは深く傷つき、その場に現れたジェシーの優しさに心動かされ彼の胸に飛び込むのでした。

その時、ダー子が彼は渡さないとランに向かって銃の引き金を引きます。

ランを庇うように目の前に飛び出したジェシーが銃弾に当たり倒れてしまいます。

ダー子はその場から逃げだし、ジェシーは病院に搬送されました。

幸いジェシーの傷は浅く命に別状はなかったのですが、失恋で傷ついた自分に寄り添い身を呈して守ってくれたジェシーにすっかり虜になったラン。

ランはジェシーにずっと付き添っている間にうたたねをしてしまいます。

そして目覚めたときにはジェシーの姿と身に着けていたパープルダイヤが消えていたのです…。

自分が騙されたと知ったランは怒りに火がつき懸命に2人の行方を追います。

ダー子とジェシーの計画はボクちゃん、リチャード、五十嵐、モナコたちにも知らされておらず、ダー子の行方も分からなくなっていました。

ボクちゃんたちはダー子がジェシーと組み自分たちが裏切られたのだと悟ります。

ダー子に裏切られたことに強いショックを受けるボクちゃんでしたが、ダー子を慕うモナコから「ダー子さんを止められるのはボクちゃんさんだけです!」と後押しされいなくなったダー子を追いヘリに向かうダー子のもとへ向かいます。

ヘリに乗ろうとするダー子に向かい、ボクちゃんは「好きなんだよ、お前が!」と懇親の愛を叫びますが、ダー子はヘリコプターに乗り込もうとします。

しかし、ジェシーはかつてダー子たちが罠にはめた赤星と繋がっており、マフィアを引き連れたランや現地警察がやってくる中ダー子たちを置いて飛び去ってしまいます。

ダー子・ラン・赤星の三つ巴の対決はどうなっていくのか…

あなたもきっと最後まで騙されてしまうはず…!?

キャスト

今作に出演するキャストは、ドラマ版のレギュラーキャスト&映画版となるロマンス編のゲストキャストに加え、ドラマ版で登場していたゲストキャストも数多くカメオ出演するとのことで、その豪華さや贅沢っぷりが大きな話題となっています。

〈レギュラーキャスト〉

ダー子/長澤 まさみ

ボクちゃん/東出 昌大

リチャード/小日向 文世

五十嵐/小手 伸也

モナコ/織田 梨沙

ちょび髭/瀧川 英次

バトラー/Michael Keida

〈ロマンス編・ゲストキャスト〉

ラン・リウ/竹内 結子

ジェシー/三浦 春馬

〈ドラマ版にも出演・ゲストキャスト〉

赤星 栄介/江口 洋介

鉢巻秀男/佐藤 隆太

桜田 しず子/吉瀬 美智子

城ヶ崎 善三/石黒 賢

鈴木さん/前田 敦子

矢島 理花/佐津川 愛美

与論 祐弥(キンタ)/岡田 義徳

与論 弥栄(ギンコ)/桜井 ユキ

ホー・ナムシェン/生瀬 勝久

高松 千鶴/山口 紗弥加

桂 公彦/小池 徹平

こうやってキャスト名を羅列してみると、知名度も人気も高い方々が大勢居ることが分かり、今作の出演キャストがいかに豪華であるかを改めて実感しますね。

個性溢れるキャラクター達を、存分に堪能させてくれるであろうという期待も持てます!

そしてなんと!小栗旬さんや生瀬勝久さんなどが見落としかねないレベルでカメオ出演されているとのことなので、見逃さないようにチェックしてみてくださいね!

見どころ

見どころはやはり、「コンフィデンスマンJP」の物語を象徴するような、想像の上の上をいく&なに?どこから?あれもなの?という&期待を裏切らない、“大どんでん返し”です!

“盛大にお金をかけ、ド派手に騙すというダー子達の爽快で痛快なコンゲームを、ドラマ版以上の巨大なスケールで楽しむことが出来るようですね。

ドラマ版からお決まりとなっていた、偉人の名言を引用しながら紡ぐ「目に見えるものが真実とは限らない…」のセリフシーンも健在です!

今作では、恋愛に焦点をあてたオスカー・ワイルドの名言が引用されているので、それも楽しみの1つにして貰えたらと思います。

また、ダー子達のお得意である“変装”シーンも数多く登場するようで、予告編でも、ブルース・リーの黄色いトラックスーツ姿や黒髪ロングで白い衣装を着た占い師姿などが確認出来ます。彼らのぶっ飛んだ“変装”姿も、期待の持てる見どころと言えるでしょう!

ゲストキャストで言えば、香港マフィアの女帝・ラン・リウを演じている竹内結子さんの圧倒的な美しさや、天才恋愛詐欺師・ジェシーを演じている三浦春馬さんの女たらしっぷりも、大きな話題を集めているようですね。

それぞれのキャラクターについて、竹内さんも三浦さんも「演じがいがあった」「やりがいのある役どころだった」とコメントを残しているように、大きな振り幅や強い二面性のある、見どころ満載のゲストキャラクターからも目が離せません!

そして、“ロマンス編”と銘打つだけあって、これまでの「コンフィデンスマンJP」には無かった恋愛要素が含まれている点は、今作ならではの見どころであると言えますね!

ラン・リウと彼女を落とそうとするジェシーとの関係、ラン・リウと彼女が忘れることのできない初恋相手との関係、ダー子とジェシーの過去の関係や恋愛模様、そして、ダー子とボクちゃんとの関係…など、ロマンスの行方が気になると同時に、これは本当?嘘?という騙し合いも含めた“恋愛模様”を楽しめるのではないかと思います。

そんな“ロマンス編”に相応しい、Official髭男dismの映画主題歌「Pretender」も、かなりの良曲に仕上がっていますので、最後まで聴き逃さないで欲しいですね!

見どころも情報量も多い作品なので、何度も繰り返し楽しめるのではないかと思います!

 

\「映画コンフィデンスマンJP」をポイントで見る/