U-NEXT
Pocket

2014年の5号〜16号の集英社のマーガレットに掲載された「覚悟はいいかそこの女子。」は、2018年にドラマ化と実写映画化が決まるなどの人気の漫画です。

中川大志演じる古谷斗和が主人公の実写映画化のあらすじ・口コミ・キャスト、動画配信サイトなどの詳細を調べてみました。

ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」を無料で見られる動画配信サイト

サービス名 配信 月額料金

アマゾンプライムビデオ


500円

U-NEXT

× 1990
music.jp 1922
クランクインビデオ 480円~
ビデオパス × 564
ビデオマーケット 500
パラビ × 925
ツタヤTV × 933
dTV × 500
ネットフリックス × 650円~
hulu ×

933

口コミ 感想

覚悟はいいかそこの女子。の口コミを調べてみました。4つ程紹介していきます。

あらすじ 

古谷斗和(中川大志)は誰もが認めるイケメンです。チャラ男でイケメンなのに本気で恋愛をした事が無く童貞で、斗和含め仲良し4人組の新見津(健太郎)・澤田惟智也(甲斐翔真)・久瀬龍生(若林時英)のヘタレ男子達の中で誰が1番先に彼女をゲット出来るかの競い合いなど馬鹿騒ぎをして過ごす日々です。

同級生から「所詮お前は観賞用男子」と言われた事に火がつき、彼女を作る事を宣言して三輪美苑に告白します。

斗和が童貞を卒業する為に、好きではない学年一人気のクールビューティーの三輪美苑(唐田えりか)に告白しますが、「安っぽい告白」と言われフラれてしまいます。

その後も何度も告白しますが、全く相手にされません。その理由は、美苑が好きなのは、教師である柾木隆次(小池徹平)だからです。

そんな事に気付きながらも、段々と美苑との時間が増えるに連れ、美苑の人柄に惚れていく斗和ですが、毎回フラれる事で斗和は自分はヘタレだと気付き、ヘタレを卒業して好きになった相手に振り向いてもらう様に大奮闘していきます。

果たして斗和と美苑の恋の進展は、あるのでしょうか?!

友人達の中で恋人を1番先にゲット出来るのは、誰なのでしょうか?!

 

キャスト 

⚫︎古谷斗和

イケメンで明るい性格の斗和は、常に女子に囲まれていて学園一の愛され男子だが、童貞である。

美苑に何度も告白してもフラれ、プライドがズタズタになりながらもめげずに告白して男らしい性格です。

 

⚫︎新見津

斗和の幼馴染で、一緒に行動する仲間の新見津は、

恋愛には奥手だが、物事を客観的に観れてタブレットでデータ収集能力があり、自分の意見をハッキリ言える性格です。

大きめな黒縁メガネが特徴的です。

学園内の恋愛に巻き込まれていく律にも注目です。

 

⚫︎澤田惟智也

斗和と一緒に行動する仲間の1人で、お調子者で空気が読めない性格ですが、たまに頭を使って活躍します。

お調子者と言っても、明るい性格なので憎めないです。

澤田も彼女が欲しいため、斗和に群がる女子のおこぼれを預かろうとしていて、もっと斗和に女子が集まるように斗和のイケメンを女子にアピールする作戦を練っている様な性格です。

 

⚫︎久瀬龍生

この投稿をInstagramで見る

 

🌸久瀬龍生(演・若林時英)🌸 ドラマ・映画版オリジナルキャラクター。斗和の同級生でいじられキャラ。マイナス思考で、「不吉なこと」を見つけるとつい物事を悪い方向に考えてしまう。いつも女子に囲まれている斗和を羨ましく思い、彼女が欲しいと思っているがなかなか恋に踏み出せない。医者の息子。トレードマークは今どき珍しい角刈り風のヘアスタイル🥤 #覚悟はいいかそこの女子 #覚悟はいいか #若林時英 #ヘタレ男子 #椎葉ナナ #ドラマイズム #マーガレット

「覚悟はいいかそこの女子。」映画&ドラマ公式🌸さん(@kakugo_joshi)がシェアした投稿 –

斗和と一緒に行動する仲間の1人で、他の3人は身長180cmに対して久瀬は163cmで小さく、いじられキャラです。

マイナス思考で、不吉なものを見つける度にマイナスに考えてしまう様な性格です。

斗和のモテ振りをいつも羨ましく思っているだけで、自分から女子に告白するなどの勇気と行動力は無いです。

 

⚫︎三輪美苑

美大への進学を目指している美苑は、沢山の男子からの告白を断ってきた学年一人気者。

思っている事は全てハッキリ言ってしまい、ちょっとした事には動じない気の強い女子です。

しかし、好きな人の前では挨拶するだけで赤面してしまう一面ももっています。

母親が水商売をしている為、家庭ではほとんど1人で家にいる寂しい役どころです。

斗和に逆壁ドンするシーンは、大注目です。

 

⚫︎柾木隆次

斗和のクラスの副担任で、美苑が好意を抱いている教師です。

優しい性格で抜群のルックスなので、先生界のプリンスと呼ばれていて、学園中の生徒から憧れられています。

きちんと生徒と向き合っている真面目な先生です。