Pocket

モトカレマニア3巻

元カレシ「マコチ」を忘れられない主人公、ユリカ。

1度はマコチを忘れるために、新しい恋人、山下さんと交際を試みますが、失敗してしまいました。

それもこれも、ユリカがマコチのことをわすれられな井子とが原因です。

今回はそんなユリカの、マコチとの恋を取り戻す回となる「モトカレマニア」の第3巻を紹介します。

参考記事:モトカレマニアの原作ネタバレ!漫画2巻のあらすじ

モトカレアニア3巻ネタバレ

前回は山下さんと破局し、仕事に目覚めたユリカが『正社員』になったところで終わりました。

そしてそのお祝い会の飲み会の帰りに、マコチに「わたし・・・マコチが好き」と、告白してしまうのです。しかし、前回の第2巻で、マコチには「柔軟剤をつかう同棲中の彼女」が出現しています。

そのせいかユリカの突然の告白に硬直するマコチ。じーっとマコチの反応を待つユリカですが・・・。はた、とユリカは「あること」に気づいたのでした。それは「いつもマコチはユリカが怒った時や、相談した時に何も反応しない」ということ。

マコチがなにも反応がしないので、そのあとでユリカがさらにパニックになって、交際時の2人の関係は、ギクシャクしていったのでした。それが以前別れの原因だったので、ユリカは考えました。「もしかして、マコチは困っているのかな」なんてユリカの脳内で、いろんな担当大臣がめいめいに発言し、会議をしています。

しかし脳内の会議を無視して、ユリカは泣いてしまったのです。「どーしてなにも言ってくれないのー?」と、おどろおどろしい表情で質問してしまったユリカ。ますますマコチは黙ります。実はこのとき、マコチも脳内で会議をしていたのでした。

キャラ

告白されたマコチの脳内は?沈黙の理由はなんなのーーー?

マコチの脳内会議が説明されたことによって、いつもユリカというときにマコチは「だんまり」になる理由が明かされました。

それは・・・。

マコチの脳内にもユリカのように何人もマコチがいて、だんまりの間、一生懸命会議をしていたのです。

「おれのこと好きって、どうゆうこと?」

「告白?」

「ただ好きっていっただけ?」

などなど、悶々とマコチの脳内は考えすぎてパニックになっています。しかし、ユリカが泣いてしまったことによって「何か返事した方がいいの???」と、さらにマコチはパニックになってしまいました!

そして、ここは早めに返事をしたほうがいい!と結論を出したマコチ頭脳。なやんだあげくの返事は・・・。「ちょっと飲みにいこうか」という返事でした。

キャラ

2人っきりの2次会!告白タイムの続きはどうなっちゃうのー?

深夜のファミリーレストランにはいったユリカとマコチ。マコチはユリカの告白について「返事ほしいの?」とズバリ聞きました。

そこで、ムード台無しだなぁと思いつつも

「あ、はい。欲しいです」

と、恐縮しつつ事務的に答えました。

マコチの答えはこうでした。

「今すぐに付き合うのは無理かな」

その結論に「あ、マコチ彼女いるの?」とユリカが聞き出します。以前、マコチのハンカチを借りたときに香った柔軟剤のことが、ユリカは気になっていたのでした。そこでマコチも誠意をもって、ユリカに答えてくれました。「実は8LDKの豪華マンションを間借りしてるんだ」と・・・。

キャラ

謎の片想い女登場!これはライバル?

マコチとユリカは不動産関係の仕事をしています。そこにある日現れたのが、仕事に成功している女流作家でした。その作家の初恋の少年にマコチが似ていた・・・という理由で「マコチくんが一緒に住んでくれるなら、マンション契約する!」と、彼女がいい、マコチは今同居に至っている・・・というのです。

お金持ちの彼女と一緒にいると、贅沢できるし悠々自適なプライベートの惜しいマコチだったのでした。その後、マコチの行動を気にしている作家はユリカの回りをうろつき出します。そして、高そうな料亭にユリカをつれていき、金やレベルで格違いの女だと自分をアピールする作家。しかしユリカは自分はマコチの元彼女で、有利なことをアピールして応戦しいました。なんだかわからない会食を終えたユリカは、なぜかラインのIDを作家に聞かれて、答えてしまったのです。

キャラ

ユリカとマコチの関係は急展開!

そして後日、告白後ユリカと会っているうちに「ユリカ、かわいい・・・」と、マコチはユリカの部屋に訪れます。そしてユリカにキスをするマコチ。ユリカを押し倒そうとして、ユリカは確認しました。「わたしと付き合うってことは、作家さんの部屋は出ていくんだよね?」

そのユリカの質問に「え?オレ、ユリカと付き合おうって言ってないけど」と衝撃的な返事をするマコチ。このマコチの対応に、ユリカはマコチを部屋から追い出しました。セカンドでもいい?マコチの答えは?それからマコチとは進展がないユリカ。

あまりの放置に「もうセカンドでもいいから、交際したい!」と、やけくそになるユリカに、友達たちはブーイングの嵐です。マコチもユリカのことを悶々と考えていましたが、作家の金を使った贅沢三昧の罠にはまり、大型スクリーンでテレビを見たり、ウィーキングマシンで汗を流したり・・・と、至れり尽くせりの毎日のようです。

そこでユリカに作家からラインが送られてきました。それは一枚の画像と共に・・・。

その画像には、同じベットに眠るマコチと作家の姿が!そして「あたしたち、実は添い寝フレンドなんです」とコメントがついていたんです!

>>>モトカレマニアの原作ネタバレ!マンガ4巻のあらすじも

最新刊のkissはU-NEXTで読めます

目次

モトカレマニアのマンガ第1巻の目次はこちらです。

17話 沈黙のテロリスト(Silent Terrorist)
18話 答え合わせの時間(Checking answers)
19話 丸の内ファナティック(Marunouchi fanatic)
20話 仁義なき晩餐(Dinner  Without Mercy)
21話 誘惑の流儀(Tempters)
22話 キスは魔法じゃない(Kiss is not Magic)
23話 特別になるために(To be special)

第3巻ではタイトルは普通なものが多かったですが、ユリカのライバル・丸の内さくらが出てきたことで変わりました。

そこで気になったタイトルはこれです。

19話「丸の内ファナティック(Marunouchi fanatic)」

Fanaticの意味は「狂信者」

つまり、とてつもない熱狂的なマコチのファンってことのようです。

だからタイトルの意味は、丸の内さくらっていう金持ちの小説家がマコチの大ファンとしてユリカの前に立ちはだかる!

そんな意味になっていましるようですね。

ご紹介したネタバレ内容からわかるように、ユリカとさくらは対決していた回ですからね。

モトカレマニアのドラマを無料で動画を見るなら

ドラマ「モトカレマニア」のマンガもいいけど、ドラマを見てみたくなりますよね。

そんな方に朗報です。

FODプレミアムは過去の放送分の動画を見れたり、CMを挟まない快適な映像を楽しむこともできます。

しかも、1カ月の間、FODプレミアムを無料動画視聴ができるのはうれしいですよね。

手続きも簡単なので、気軽にお試ししてみてください。

↓↓ 今すぐ見るならクリック ↓↓

まとめ

今回は「モトカレマニア」の第3巻のあらすじとネタバレについて、紹介しました。

マコチと進展したのは嬉しい展開ですが、ライバルの存在が強大ですね。

そしてマコチの心もはっきりしないのでは、ユリカは動きようがありません。

とりあえずマコチに「追われる女」にユリカがなればいいのですが・・・次巻でユリカは「追われる女」に成長できるでしょうか?

ライバルのこれからの行動も気になりますね!

最新刊のkissはU-NEXTで読めます

ピックアップ記事


【モトカレマニア】のキャストや原作ネタバレ、ロケ地、見逃し動画を見る方法などをこちらにまとめています!

ドラマに乗り遅れないためにもぜひご覧ください!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ドラマ「モトカレマニア」のまとめ記事はコチラ