Pocket

ドラマって、本当に色々ありますよね。

今回は、学園ドラマで、恋愛あり、同棲ありのおすすめ作品をご紹介します。

15歳、今日から同棲はじめます。

・あらすじ

主人公は、松川星さん演じる真木日和です。

高校進学を期に、日和は、憧れの1人暮らしをすることになります。

しかし、財木琢磨さん演じる幼馴染の向奏志とルームシェアをすることになってしまいます。

しかも、突然キスをされて、日和は初めて奏志を男性として意識するようになります。

他にも、いろんなキャラクターが登場します。

山崎大輝さん演じる宮原成は、日和がよく遊んでもらった近所のお兄ちゃんで、現在は日和の高校で保健の先生をしています。

えのきさりなさん演じる深川杏里は、日和の同級生で、奏志に一目惚れします。

橋本祥平さん演じる木城隼人は、日和のバイト仲間です。

2018年4月から6月にかけて、放送されました。

・どんな同棲をする?

このドラマの同棲は、主人公である日和の意思とは関係なく、母親のお節介でスタートします。

昔からよく知っている幼馴染との距離が一気に縮まり、日和は、奏志を男性として意識するようになります。

新生活に張り切る日和は、早起きして、自分のお弁当を作ります。

しかし、そこに、奏志が現れ、「おれのは?」とちょっかいをかけてきます。

味見用に取っておいた卵焼きを取られたり、その卵焼きを半分加えた状態で食べさせようとしてきたり、日和はドキドキしっぱなしです。

さらに、学校で保健室の先生をしている宮原成が、マンションの隣人で、奏志、日和、成の3人で、川の字で眠ることになります。

日和をめぐって、奏志と成のバトルが始まります。

学校行事の林間学校をきっかけに、日和と奏志は、ついに付き合うことになります。

その後も、日和が奏志の誕生日に何かプレゼントをしようと、バイトを始めます。

そのバイト先でも、恋のライバルが出現し、奏志はやきもちを焼きます。

同棲ならではのイチャイチャもあります。

バイトで疲れた日和を、奏志がマッサージしたり、ドキドキするシーンもたくさんです。

・おすすめポイント

このドラマの主人公の日和は、とても鈍感です。

そんな日和に、幼馴染の奏志がグイグイ迫ります。

見ている方には、かなりのキュンキュンするポイントですよ。

日和は、そんな奏志にふりまわされながらも、鈍感な日和が、少しずつ奏志を意識して行きます。

また、日和は、鈍感すぎて、恋のライバルたちが次々に登場しますが、なかなか気づきません。

恋のライバル相手に、奏志がやきもちを焼くのも、キュンキュンするポイントです。

ドラマを見ている方にとっては、かなりもどかしい感じがします。

しかし、日和が一生懸命で可愛いキャラクターなので、思わず応援したくなってしまいます。

日和の鈍感さも、このドラマの見どころです。

グッドモーニング・コール

・あらすじ

原作は、高須賀由枝さんの漫画です。

このドラマは、2016212日からフジテレビオンデマンドとNetflixにて配信されました。

2016年1013日から、フジテレビ水曜深夜枠で放送されました。

さらに、続編「グッドモーニング・コール our campus days」は、2017922日から、Netflixにて配信さレました。

2018年419日から、フジテレビで水曜深夜放送されました。

主演は、福原遥と白石隼也の二人です。

福原遥さんは吉川菜緒、白石隼也さんは上原久志を演じています。

二人は、高校二年生です。

吉川菜緒は、両親の帰郷に伴い、1人暮らしをすることになります。

新居となるマンションの部屋を確認していたところ、なぜか見知らぬ男の子が入ってきます

実は、2人は不当な契約を結ばせられていたのです。

男の子は、その格好良さで、高校で有名な上原久志です。

実は2倍の家賃を払うこともできず、頼れる人もいない2人は、やむを得ず、同居生活を始めることになります。

上原久志は、田中圭さん演じる実の兄の卓也の奥さんの百合に、8年間片思いをしていたのです。

兄の卓也と百合の結婚を機に、一人暮らしをはじめることになったのでした。

そんな二人が、一緒に暮らしていくうちに、惹かれ始め、付き合うようになります。

菜緒と上原は、同居を隠すために、付き合っているという嘘をつきます。

同じ高校に通うまりなには、早々とバレてしまいます。

告白大王として有名な阿部には、本当のことと、自分の気持ちを打ち明けます。

お互いに惹かれあう菜緒と上原ですが、上原が以前に好きだった百合が現れ、上原の兄である卓也と離婚しそうになるという問題も起こります。

第8話では、上原が菜緒に告白します。

しかし、バレンタインデートの当日に、百合をめぐる行き違いから、思いがすれ違いますが、なんとか二人は付き合うことになります。

・どんな同棲をする?

上原くんがお風呂に入っている時に間違って菜緒が入ってしまったり、寝ている上原くんを起こそうとしてキスをされてしまったりするシーンがあります。

しかし、こういったシーンは、同居生活のトラブルという感じです。

イチャイチャシーンやキュンキュンするシーンがたくさんあるというわけではありません。

そういったシーンをたくさん見たいという方は、物足りないかもしれません。

上原くんは、ツンが多めのツンデレです。

菜緒も、はじめは「学校で話しかけるな」「あんたに興味ない」と言われてしまいます。

同居生活でも、必要以上に干渉しません。

しかし、菜緒がピンチの時は、必ず助けに来てくれます。

学校でモテモテの上原くんのファンの女の子達に嫌がらせをされている時には、付き合っているフリをして、守ろうとしてくれます。

・おすすめポイント

このドラマは、上原が、兄の奥さんである百合を好きだったということが大きなポイントになります。

かつて好きだった人でもあり、今は家族でもある百合を大切に思う上原の気持ちが、菜緒とすれ違う原因になったり、菜緒を不安にさせてしまったりします。

視聴者にとっては、そこがかなりもどかしいところ。

二人の恋愛が、タイミングが合わず、絶妙にすれ違ってしまって、見ていても、悔しくなります。

しかし、上原が優しい男の子なんだということはしっかりと伝わってきます。

そういった思いも乗り越えて、二人の絆は強くなって行きます。

そのぶん、二人が付き合い始めた時は、感動です。

このドラマは、すれ違いからの両思いまでの流れが、おすすめです。

ぜひ、1話も逃さずに、続けて見てほしいです。

ヤンキードラマ

作品名:俺スカ
かっこいいヤンキーのシーンの具体的な説明(200文字程度)
学園物で先生が意外な素性というパターン、今回の俺スカでは先生がゲイバー出身でした。オカマ先生の原田のぶお(古田新太)登場。
家がヤクザとか元暴走族の総長とかではなくてオカマ、ヤクザや総長だと穏やかな普段と違って問題解決に力や度胸でドーンと解決のパターンですが、今回はオカマ。オカマの肝っ玉の良さと発想のユニークさとズバッと世評を射抜く発言で問題を解決してゆきます。ここんとこはマツコデラックス的ともいえるでしょう。
おすすめしたいヤンキーポイント(200文字程度)
ジャニーズの3人のイケメンを生徒役の永瀬廉、道枝駿佑、長尾謙杜らを筆頭にイケメン俳優がが演じるイケメン高校生役がみどころ、道枝駿祐の女装が可愛いとSNSでも話題となったりしました。生徒の東条正義(道枝駿佑)たちとオカマ先生の原田のぶお(古田新太)らとの対立は数々の試練を越えてやがて信頼となりかけた時には「のぶお」オカマ先生の学校を辞任となり、約束だった2年生なのに仮の卒業式もできない状態にそしてラストが見所です。

作品名:3年A組
かっこいいヤンキーのシーンの具体的な説明(200文字程度)
初めはあまりぱっとしない美術の先生が突然、3年A組をあらゆるハイテクな仕掛けで隔離して占拠する事件が発生する。3年A組の生徒たちが解放されるのは日々丸々から課題と出される課題をクリアすることだった。クリアできなければ次々と生徒が殺されて行く。この課題を通して高校時代にやり残した心の闇を白日の下に晒すことだったのだ。その闇は一人の郵趣な生徒不明瞭な死だった。生徒自身で不都合な事実や人間関係を清算して自殺とされている生徒の死の真犯人を見つけられるのか?
おすすめしたいヤンキーポイント(200文字程度)
世間でも安心できる聖域である学校で起こるありえない事態に世間やSNSを通じて、警察、父母、そして生徒自身に投げかけられる課題をそして、狂人だと思われた教師が一番まともでいい子であたり、要領よく生きていた生徒が実は罪を負っていたりと、真犯人を炙り出して真実を語り、自分に向き合うことができ反省を知られ新しい人生を卒業とともに歩める生徒がいるのかがポイント。教師の命の長くないであることや、実は一番の危険人物であった先生が皆の成長を見守り続けている真実の人であったのだが、その命は余りにも短いのである。

作品名:今日から俺は
かっこいいヤンキーのシーンの具体的な説明(200文字程度)
近年ありえないほど、ベタなヤンキードラマのようで、危険な行為や過激な事がなく、笑いで一杯のヤンキードラマ。三橋貴志(賀来賢人 )と伊藤真司(伊藤健太郎)が様々な敵と戦ったり珍事に巻き込まれたりするがヤンキードラマ としては一切の暴走族が出てこない事や過激なシーンは皆無である事だが、基本のヤンキー魂がギャグとして開花している。サイコーのエンターテイメントドラマかもしれません。腹抱えて笑いたい人向きです。
おすすめしたいヤンキーポイント(200文字程度)
ヤンキーのヤンキーらしさ魂を失う事なく、お馬鹿なノリでどんどん進んでゆくストーリが軽快です。主人公の三橋演じる賀来賢人の腰のう動きや動作歩き方がヤンキーポイント。仲間の伊藤真司(伊藤健太郎)も味があり、髪型が変だが面白いツッパリ”のトンガリ頭、また、ライバルの今井勝俊(太賀)もお馬鹿を熱演していてそれについてゆく谷川安夫がまた最高です。これはヤンキーを語ったあるあるお笑い芸です。見ないとこの鬱陶しい世界情勢を笑って切り抜けられませんよ。

作品名:ルーキーズ
かっこいいヤンキーのシーンの具体的な説明(200文字程度)
新米教師・川藤幸一(佐藤隆太)と、落ちこぼれヤンキーたちが甲子園をめざす熱い青春ドラマです。ありえんテンンションの先生が札付きのヤンキーを甲子園に連れちゃってくれる?青春ドラマである。
野球部が試合中に起きた不祥事により活動停止状態になり野球部員は教師に裏切られ、責任をとらされた過去を引きずっている。心から夢を大切にし、生徒のためなら職を捨てる覚悟の川藤だが、一度大人に裏切られ傷ついた部員たちからの信頼を勝ち取ることが出来て、再度辛い練習を乗り切って夢の甲子園に行けるのか?本音でぶつかりながら、高校野球を通して問題児たちを更正させる熱血教師の活躍と、不器用ながら再び這い上がろうとする問題児達の成長を描いている。
おすすめしたいヤンキーポイント(200文字程度)
野球が好きかどうかは別にして、熱い思いで立ち向かう熱血教師の姿と高校時代を思いっきりルールの元に何も無いところから色々な障壁に挑み友情や思いを積み上げ負けないで、甲子園に向かうひたむきさはやはりドラマです。主題歌も大ヒットしてこの曲を聴くだけでグッとくる人も多いのではないのでしょうか

作品名:HIGH&LOW シーズン1
かっこいいヤンキーのシーンの具体的な説明(200文字程度)
EXILE TRIBE と豪華俳優陣が一同に結集し、男たちの熱い闘いと友情ドラマを描く人気シリーズ。今回は新たに7月に始まったシリーズでは、村山良樹(山田裕樹)が定時制の番長としてトップに君臨していた鬼邪高校(おやこうこう)の全日制に、花岡楓士雄(はなおかふじお/川村壱馬)と高城司(たかじょうつかさ/吉野北人)が転校してくる事が発端となります。ほどなくして花岡楓士雄が鬼邪高校を去ることに。楓士雄なき後、鬼邪高校の全日制は4つの派閥が勢力が争い合う「鬼邪高校戦国時代」へと突入するストーリーです。非常に詳細までこだわった映画のようなセットに、縦横無尽に暴れまわるイケメンの迫真の演技に引きつけられます。あまりにリアルで臨場感のあるシーンに引き込まれてゆきます。
おすすめしたいヤンキーポイント(200文字程度)
男のこだわりと友情、そこまでなんでなのを越えて4つの派閥がにあらゆる予想しえない事件が起こる、学校を去ってしまった花岡の田舎の親父とのやり取りや、多くの期待と信頼はあるのに、なかなか頭になることに煮え切らない高城の元に西川泰志(佐藤流司)・横山清史(うえきやサトシ)が転校してきて、早速、頭を狙う二人に高城は学校をやめる決断と轟は学校を譲る決断だが、横山は刺されてしまう展開です。
いったい今後どうなるのか毎回目が離せないのです。

豪華キャスト

・冒頭

過去のドラマを今になって振り返ると、現在のキャスティングでは考えられないくらいの豪華なキャスト陣が揃って出演している事実に、驚かされることってありますよね!

今回はそんな“今考えると豪華なキャストが揃っていた学園ドラマ”に焦点を当て、ブレイク前だった当時のキャストについてと、そのドラマの内容や感想の口コミをご紹介していきたいと思います!

【のちの若手人気俳優が数多く出演していた、35歳の高校生!】

・あらすじ

ドラマ「35歳の高校生」は、過去に様々な事情があって高校を中退した35歳の主人公・馬場亜矢子が、全日制の川浜市立国木田高校に転入学し、孤高の存在のままに高校生活をやり直そうと奮闘する学園ドラマです。

亜矢子が編入した3A組にも存在する、“いじめ”“体罰”“不登校”“スクールカースト”“自殺”といった現代の高校が直面する様々な問題を、彼女独自の向き合い方や彼女らしい行動によって解決に導く、社会派痛快学園ドラマでもあります。

・キャスト

広瀬アリス・野村周平・高杉真宙・新川優愛・森川葵など、現在も活躍する人気俳優達が生徒役として数多く出演し、ブレイク俳優の宝庫だったと話題の今作。

中でも、スクールカーストのトップに位置する男子生徒・土屋正光役を務めた菅田将暉と、学校裏サイトを運営する影の支配者・阿久津涼役を務めた山﨑賢人は、物語終盤のナイフを持ち出すほど切迫したシーンを見事に務め上げ、その評価をぐんと上げました。

高校時代の主人公役を松岡茉優が務めたことも、今となっては非常に豪華だと言えますね。

・感想口コミ

口コミには、「35歳の高校生見返してみたら、こんなにブレイクした俳優が出てるの!?ってビックリするし、要所要所で面白いから笑いなしでは見られない。」「35歳の高校生が面白すぎて見入ってしまう。なにかと考えさせられることも多くて、ドキドキする。陰湿ないじめシーンなどは、見ているだけで泣けてくる。」「視点が現代的でリアルだし、ありきたりだったり単純な角度だったりしないところから、作り手の本気度が伝わってきて面白い!」といった内容が残されています。

【新キャストが加わって更に豪華さを増した、ちはやふる結び!】

・あらすじ

映画「ちはやふる結び」は、“競技かるた”を題材にした少女漫画の実写第3弾&完結編にあたる作品であり、競技かるたに没頭する少女とその仲間達の姿を、熱血スポ根・友情・恋愛などの青春要素満載で描いた学園ドラマです。

今作では、主人公の綾瀬千早・幼なじみである真島太一・2人にかるたを教えた綿谷新のそれぞれの道と三角関係を軸に、前作から2年が経って高校3年生となった彼らが新たな仲間たちを加えて競技かるたに挑む姿が描かれています。

・キャスト

上下作として公開された前作が大ヒットを博し、新田真剣佑・上白石萌音・矢本悠馬・森永悠希らがぐんと知名度を上げたのが、この「ちはやふる」の映画シリーズです。

そんな出演俳優陣に新たに加わったメンバーの中でも、新の後輩で準クイーン・吾妻伊織役を務めた清原果耶は、新に告白しては振られるという映画オリジナルキャラクターを見事に演じきり、今作をその後の朝ドラや大手企業CM出演に繋げる足掛かりとしました。

・感想口コミ

口コミには、「原作を読み込んでいればいるほど楽しめる。終わってほしくなくて、エンドロールでタオルを忘れたことを後悔するほどに、涙が込み上げてきて止まらなかった。」「こんなに魅力的な新キャラクターをガンガン出しておいて、これが最終章なんて!と思わせるほどに最高。」「上の句&下の句以上に熱く、ドラマチックな傑作。かるた甲子園を終え、これまでの部活を振り返っての“宝物です”というセリフがとても好き。」

といった内容が残されています。

・まとめ

今回は、“今考えると豪華なキャストが揃っていた学園ドラマ”について、出演キャスト&ドラマ内容&感想口コミをご紹介してきました。

面白い作品はいつ振り返っても面白いですし、そんな作品での経験があったからこその今なのだと考えると、感慨深いですよね。

この機会に改めて、ご紹介した作品を見直してみるのもありだと思いました!

病気

オレンジデイズ

妻夫木聡・柴崎コウ共演のラブストーリー。

大学4年生の結城櫂と聴覚を失った萩尾沙絵の恋愛を、彼らを取り巻く友人たちとの交流を交えながら、若者の姿を繊細なタッチで描いていくドラマです。

見どころ

オレンジデイズの見どころは、セリフのない柴崎コウ(萩尾沙絵)さんの演技です。

聴覚障がいをもつ萩尾沙絵を演じる柴崎コウさんは、ドラマ内でのセリフがほとんどありません。

しかし、表情や仕草など声以外の部分からはたくさんの感情が溢れだしているのです。

1人の男性(結城櫂)を愛する1人の女性としての心の移り変わりや葛藤が、細かいところまで絶妙に表現されています。

また、コミュニケーションの手段として手話が用いられているのもこのドラマならではの演出だと言えるでしょう。

妻夫木聡さんと柴崎コウさんの会話は、多くが手話で成り立っています。

また、沙絵が櫂と出会い、一緒に過ごす時間が増えていく中で変化していく様子にも注目です。

はじめは怒ったりふてくされたような態度を取ることが多い沙絵ですが、話が進んでいくとともに素直になって、人間としても女性としても素敵に変化していきます。

人間の自然な心の移り変わりが伝わってきて、リアリティが感じられるのも素晴らしいと感じます。

おすすめポイント

オレンジデイズの中で特にオススメしたいポイントは、友達の策略にはまり沙絵と櫂が2人きりで海に行くシーンです。

ドラマ第8話「結ばれる二人」の中でのシーンになります。

沙絵との距離が縮まってきていると感じる櫂に対してそっけない態度をとる沙絵。

自分の不幸に他人を巻き込みたくないという思いやりの心からの行動でしたが、すれ違いから2人は喧嘩し険悪なムードになってしまいます。

そんな2人を仲直りさせようとオレンジ会の仲間が2人きりで海に行くよう仕向けます。

櫂の運転する車で、上海ハニーを振り付きで(手話で)歌う2人。

多くの人が集まるビーチで不安になり、その場を立ち去ろうとする沙絵に櫂が全力で告白します。

沙絵の耳が聞こえないと分かっていながら大声で沙絵へのまっすぐな思いを伝える姿はまさに青春!!

あんな告白をされたら恥ずかしいやら嬉しいやらで胸がいっぱいになってしまいそう♪

耳が聞こえない沙絵も、周りの様子から櫂が何を言っているか察して恥ずかしいからと止めるのですが、それでもやめない櫂。

櫂の素直な思いが伝わってくるオススメのシーンです!!

恋空

水沢エレナ・瀬戸康史共演のケータイ小説をもとにしたラブストーリー。

ドラマよりも前に新垣結衣・三浦春馬で映画化された恋空は、中高生から絶大な支持を集めたケータイ小説が元となっています。

ごく普通の女子高生が想像を絶するような悲しい出来事を乗り越え一途に愛を貫く純愛ストーリーです。

見どころ

恋空の見どころは、銀髪で人を寄せ付けない、一見すると怖そうに思えるヒロの真っ直ぐな優しさと時折見せる大胆さです!

ヤンキーチックであったり、熱い心で人と関わったり、ビックリするような大胆な行動に出たり…。

特に3話~4話にかけてのヒロの行動には、美嘉への愛や思いやり、そして優しさで溢れています。

美嘉のお腹の中に赤ちゃんがいることを知ったヒロは、心から喜び美嘉とお腹の子とで家族になろうと約束します。

しかし、美嘉の両親は結婚も出産も認めてくれません。

そんな美嘉の両親に許しをもらうため、何度冷たく断られてもヒロは毎日美嘉の両親の元へと通い続けます。

美嘉もピュアですが、ヒロもとても素直で心のキレイな青年ですね。

そして、自身が20歳まで生きられない可能性のある病気だと知った時も、流産で傷ついた美嘉を気遣い本当のことは伝えませんでした。

このまま一緒にいては美嘉を1人残すことになると思ったヒロは、わざと美嘉に冷たく接し別れを切り出します。

辛い決断でも、相手を思いやってのことだと思うと見ているこちらも涙が止まらなくなってしまいます!!

ヒロの強い決意に注目してみると、号泣してしまうこと間違いなしです。

おすすめポイント

恋空のオススメポイントは、なんといっても純粋な2人の切ないラストシーン。

ヒロの病気を知った美嘉の心は、ヒロへの思いでいっぱいに。

お互いに1番大切な人は誰なのか、1番大事にしたいことは何なのかに気づいた2人に迷いはありません。

美香は精一杯ヒロの看病をし、2人の家族はその様子を見守ります。

3日間の外出許可が出されたヒロは、美嘉と一緒に思い出の場所を巡っていきます。

この時点でもうすでに涙が溢れそうに…。

その後、「死んだら空になってずっとずっと美嘉を見守りたい」とヒロが言います。

そして、美嘉は「空を見たらヒロを思い出す」と返し、2人の約束が交わされます。

もう涙腺崩壊です!(笑)

病院に帰りしばらくすると無情にもヒロの容体は急変、テレビ電話での会話を最後に永遠の別れとなってしまいます。

涙腺崩壊どころの騒ぎではなくなる、胸が苦しくなってしまう名シーンだと感じています!

純粋な愛の悲しく切ない結末は、絶対に見ておくべきオススメシーンです!!

僕の初恋をキミに捧ぐ

桜井日奈子・野村周平共演の感動純愛コミックをドラマ化した作品。

20歳まで生きられない青年と、その青年を全身全霊で愛する少女の切なく甘酸っぱいラブストーリーが描かれています。

見どころ

僕の初恋をキミに捧ぐ(以下僕キミ)の見どころは、ただの恋愛ドラマとは違う、はじめからタイムリミットが付いている恋だという部分にあります。

普通の恋愛ドラマですと、恋愛における葛藤や心の変化などを通して成長しながら愛を深めていくことが多いのですが、僕キミでは心臓病を抱えていることから20歳までしか生きることができません。

つまり、2人が結ばれたとしてもその先の未来がないという悲しい結末を知っての上での恋愛なんです。

それでも純粋にお互いに惹かれあう2人の姿は涙なくして見るのは不可能!!

ただキュンキュンするのとは違って、病気と向き合う葛藤やそれを知りながらも愛してくれる恋人への接し方に対する悩みなど、相手を思いやるが故の悩みがとても人間らしくて素敵です。

2人のまっすぐな愛情、そしてお互いを思いやる気持ちは見どころです!

おすすめポイント

 

僕キミのオススメシーンは、テレビドラマ第5話でのワンシーン。

心臓移植の話を聞き、希望がわいてきた逞(タクマ)の元にかかってきた電話は、昂とのドライブデート中に繭(マユ)が事故に遭ったという内容のものでした。

繭が運ばれたという病院に一目散に駆けつける逞ですが、繭の姿を中々見つけることができません。

白い布をかけられたストレッチャーの横に置いてある繭のカバンを見た逞は自分が行くなと言わなかったことに激しく後悔します。

その時、逞の目の前に繭が現れ、思わず繭を強く抱きしめます。

しかし、その様子を昂が見てしまっていました…。

死んでしまったと思った愛する人が目の前に現れたら、誰だって抱きしめたくなりますよね。

繭を抱きしめる逞の表情からは、本当に良かったという気持ちが伝わってきます。

ただ、それを見ていた昂の気持ちを考えると、とても切なく悔しいといった思いになりました。

愛し愛されること、切なさや安堵感、逞と昂2人に抱くそれぞれの繭の思いや葛藤など、それぞれの気持ちが大きく揺れる、心が動かされるようなオススメのシーンです。

 イケメン

ドラマ「プリンスオブレジェンド」

「プリンスオブレジェンド」の見どころは?
HiGH&LOW のスタッフがおくる新プロジェクト!ヤンキー、生徒会、3B(美容師、バーテンダー、バンドマン)、など多様で個性的な”王子”たちが、「トップオブザプリンス」である「伝説の王子」を目指して争いを繰り広げます。
コンセプトの「王子が大渋滞」の通り、1人の女の子を巡ってのプリンスによるプリンスのための激しいバトルが1番の見どころです!

「プリンスオブレジェンド」のおすすめイケメン俳優を紹介!

総勢14人も登場する「プリンスオブレジェンド」その中からおすすめのイメケンを2名紹介いたします。

○片寄涼太(かたよせりょうた)

GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーで歌やダンスはもちろん、GTOや、3年A組-今から皆さんは、人質です-などでの演技も話題になっている今大注目のイケメンです。

そんな、片寄さんが演じるのが「チーム奏」のセレブ王子、朱雀奏(すざくかなで)です。資産数兆円と言われる朱雀グループの御曹司で側近を連れています。名門高校ロイヤルフェニックス学園に通う超セレブ王子様です。

○鈴木伸之(すずきのぶゆき)

劇団EXILEのメンバーで、GTOや連続テレビ小説 半分、青い。、ラジエーションハウスなどでの数多くのドラマや舞台で幅広く活動している若手イケメン俳優さんです。

鈴木さんが演じるのが、「チーム京極兄弟」のヤンキー王子の京極尊人(きょうごくたかと)です。同じチームに弟がいるお兄ちゃんで、天真爛漫・不器用なほどに一途な性格です。下町最強のヤンキー校玄武高校に通う最強王子様です。

「プリンスオブレジェンド」のおすすめポイント!

次世代のイケメンが勢揃いし、個性豊かなキャラクターの王子が、1人の女の子のハートを巡り闘う新感覚シンデレラストーリー!圧倒的なルックスを誇る14人の王子達が、右も左も画面を埋め尽くし瞬き厳禁です!ドラマ、ゲーム、ライブ、映画と幅広く展開しており様々なコンテンツから楽しむことができます。

ドラマ「桜蘭高校ホスト部」

「桜蘭高校ホスト部」見どころは?
主人公・藤岡ハルヒ役に川口春奈。川口春奈さんのホスト姿や、“ホスト部”の部長・須王環役に山本裕典、副部長・鳳鏡夜役に大東俊介ら豪華なイケメンが勢ぞろいのキャストに大注目です!主人公、ハルヒとイメケン揃いのホスト部が繰り広げるラブコメディが見どころです。

「桜蘭高校ホスト部」のおすすめイケメン俳優を紹介!

総勢7人のイケメンが登場する「桜蘭高校ホスト部」その中からおすすめのイケメンを2人紹介いたします!

○千葉雄大(ちばゆうだい)
可愛い笑顔で女性を魅了し、甘いルックスと清純派俳優として若い方を中心に人気沸騰中の俳優さんです。アオハライドや、スマホを落としただけなのになどの映画やドラマなど色々な映像作品で活躍しています。

そんな千葉さんが、演じるのが埴之塚光邦(はにのづかみつくに)です。通称ハニー先輩。甘い食べ物が大好きでうさぎのぬいぐるみを常に持っている、可愛いながらも男らしい一面もあるホスト部員の一員です。

○山本裕典(やまもとゆうすけ)
イメケン俳優の登竜門ともいえる仮面ライダーで俳優デビューした山本さんは、身長も180cmの高身長イケメンさんです。俳優として、数々の素晴らしい作品に出演を重ねています。山田くんと7人の魔女や、タンブリングなどでの演技が評価されています。

そんな、山本さんが演じるのが、桜蘭高校ホスト部の部長、須王環(すおうたまき)です。通称キング。ナルシストなキャラですが、甘いルックスと軽快なトークで指名ナンバー1のホスト部屈指のイケメンキャラクターです。

「桜蘭高校ホスト部」おすすめポイント!
イケメンだらけのホスト部で、個性豊かなキャラと繰り広げられるラブコメディが見ていて楽しいです。笑いもキュンキュンも感動も全部あるドラマです。イケメンホスト部員がするコスプレも見どころです!

コメディタッチ

・冒頭

「こんな青春を送りたかった!」「あんな青春に憧れていた!」という思いを、存分に叶えてくれるのが“学園ドラマ”。誰もが一度は夢中になったことがあるのではないでしょうか。

今回はそんな学園ドラマの中でも、物語の基調となる雰囲気が喜劇的であるとされる“コメディタッチ”な作品に焦点を当て、その面白さをご紹介していきたいと思います!

・作品紹介

【ごくせん】

2002年より3度に渡ってドラマシリーズが放送され、スペシャルドラマの製作や映画版の公開もされている「ごくせん」は、学園コメディドラマの代表作と言えるでしょう!

任侠集団・大江戸一家の跡取り娘かつ教師の山口久美子(通称ヤンクミ)が、不良ばかりの生徒達と心を通わせようと奮闘する中で、熱血ゆえの空回りやボケを繰り返しながら奮闘する、熱量の高い面白さを持った作品となっています。

笑えるポイントには…

・“あの夕日に向かって走ろうじゃないか!”“心の汗を流そうじゃないか!”といったクサい台詞を発するヤンクミ

・宿敵・猿渡教頭とヤンクミとの、夫婦漫才のようなやり取り

・教室で繰り広げられる、ヤンクミと生徒達による団体芸のような掛け合い

などが挙げられるでしょう!

口コミには、「今見ても色褪せないし、ベタだけどグッとくる」「お決まりのパターン・同じオチだと分かっていて、それを楽しみに期待して見てしまう」「ごくせんワールドには飽きのこない面白さがある」といった内容が残されています!

【野ブタ。をプロデュース】

2005年に放送された「野ブタ。をプロデュース」は、典型的ないじめられっ子・通称野ブタを人気者にプロデュースしていく過程を、コミカルかつ生々しく描いた学園ドラマです。

“いじめ”をテーマにしながらも、癖のあるキャラクター達が生み出す愉快なセリフやギャグ・おちゃらけた行動を楽しむことができ、ふざけているようで真面目な・意味がないようで実は深い内容に、心を掴まれた方も多いことでしょう!

笑えるポイントには…

・全編に渡ってみられる、桐谷修二の軽ーいノリと草野彰のおちゃらけ行動

・クセの強い趣味を持つ上に挙動不審な態度が多すぎる、野ブタのキャラクター像

・“野ブタパワー注入!”“バイセコー!バイ、バイセコー!”“○○だっちゃ”“○○なり〜”などのコミカルなセリフ

などが挙げられるでしょう!

口コミには、「キャラがぶっ飛んだ登場人物たちが面白いし、だんだんと愛おしくなる」「ノリが良くて面白いセリフを真似するのが流行った」「予想外なノリに笑わされるけど、実は奥が深いドラマ」といった内容が残されています!

【ごめんね青春!】

2014年に放送された「ごめんね青春!」は、コメディ脚本に定評のある宮藤官九郎さんが初めて執筆した学園ドラマであり、男女の違い・宗教の違い・価値観の違いなどを問う、社会派な一面も持ち合わせた学園コメディとなっています。

クドカンさんらしい下ネタやメタファーが存分に取り入れられている他、密度の濃い会話に予想外すぎる展開など、細やかに作り込まれたストーリーが魅力的な作品ですね!

笑えるポイントには…

・キャストの過去の出演作や、人気のドラマ・映画を小ネタに交えた、細やかなパロディ

・“落し物のブラジャーを振り回す”“何カップですか!とナンパをする”“おっぱいや勃起の話題で盛り上がる”などの、ド直球でユルい下ネタ

・主人公・原平助のナヨナヨ感とヒロイン・蜂谷りさのキレっぷりが対比するシーン

などが挙げられるでしょう!

口コミには、「ゲラゲラ笑いながら見るんだけど、見終えるとあったかい気持ちになる」「笑い疲れるくらい小ネタが散りばめられていた」「ツボにハマって何度も繰り返し見た」といった内容が残されています!

【マイ★ボス マイ★ヒーロー】

2006年に放送された「マイ★ボス マイ★ヒーロー」は、ヤクザの組長を父に持つ27歳の若頭が、高校卒業を目指して奮闘する学園コメディドラマです。

主人公の“おバカっぷり”がとにかく振り切っていて、それゆえの純粋な台詞や行動が愛おしくなる作品であると共に、10歳年下の高校生達に混じって青春をやり直すというドキドキ感も含まれた、ハートウォーミングな作品に仕上がっています!

笑えるポイントには…

・“(真喜男)の(喜)の漢字が書けない”“(トルネード)の言葉の意味を知らない”といった、主人公・榊真喜男のおバカっぷり

・自分の気持ちの全てを表現するような、真喜男の変幻自在な顔芸

・“アグネス体操”“アグネスプリン争奪戦”などの振り切ったイベントネタ

などが挙げられるでしょう!

口コミには、「強引な設定にも説得力を持たせる、主演・長瀬智也の演技が面白い」「登場人物が全員可愛くて、ニヤニヤしてしまう」「つまらない回がない、毎話泣き笑いさせられる」といった内容が残されています!

【監獄学園(プリズンスクール)】

2015年に深夜ドラマとして放送された「監獄学園」は、週刊ヤングマガジンにて連載されていた同名漫画の実写版にあたる学園コメディ作品です!

共学化したばかりの元女子高に入学した男子生徒5人が“女風呂を覗いた罪で懲罰棟に投獄”されるという学園生活を描いた、ツッコミどころ満載のシチュエーション・コメディであり、原作を忠実に再現した、抱腹絶倒間違いなしの作品となっています。

笑えるポイントには…

・“学園の懲罰棟から脱出する”という斬新過ぎるシチュエーションと、欲求に忠実過ぎてキャラクターが濃い登場人物たち

・毎回、何故だかエロいシチュエーションに巻き込まれるという物語展開

・“調教”“SM”“放尿”などの過激なド下ネタに、真面目に全力で向き合う様子

などが挙げられるでしょう!

口コミには、「際どい原作にも関わらず、再現度&クオリティーが高い」「男子生徒達の行動動機が不純すぎて笑ってしまう」「あまりにもバカバカしくて腹筋が割れるくらい笑った」といった内容が残されています!

【花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~】

「花君(はなきみ)」の愛称で親しまれる今作は、男装してイケメン揃いの全寮制男子校・桜咲学園に編入した主人公と、その仲間達の青春を描いた学園コメディドラマです。

男子高校生らしい圧倒的なノリの良さや、学園ドラマならではのイベント要素がたっぷりと含まれており、楽しく賑やかな雰囲気をビシバシと感じられるドラマですね!

テンポの良い展開や散りばめられた小ネタなどにも定評があり、人気も高い作品です。

笑えるポイントには…

・3枚目キャラ・中津秀一が行なう、身振り手振りの大きな一人妄想劇

・“荷物を取りに行かないための言い訳をする”“シャンプーを借りに来る”“お見舞いに来て布団を置いていく”といった行動を皆で繰り返す、笑いの天丼シーン

・イケメンを決める“ミスター桜咲コンテスト”や、海で開催した“どっちがイケてるか対決”などの、イケメンを武器にしたおふざけイベント

などが挙げられるでしょう!

口コミには、「テンポの良さ・ノリの良さ・学園ドラマらしいアホっぽさが楽しい」「振り切ったシーンが多くて、バカみたいに笑える」「キャスト仲の良さも垣間見えて、まさに青春!という感じがする」といった内容が残されています!

 

『花より男子』

松潤こと嵐の松本潤さんが出演する、言わずとも知れた大ヒット学園恋愛ドラマ「花より男子」。

少女漫画としては長期間連載されたトップクラスの知名度を誇る作品が実写ドラマ化されました。

花より男子は、主に1人の女子高校生と4人のイケメン男子高校生がメインとなって話が進んでいきます。

4人のイケメン男子高校生は「F4」といい「花の4人組」と呼ばれる学園内でも一目置かれる存在です。

道明寺司を演じる松本潤さんを筆頭に、花沢類を演じる小栗旬さん、西門総二郎を演じる松田翔太さん、美作あきらを演じる阿部力さん。

とにかくイケメン揃いのキャストで構成されていたため、特に女性から絶大な支持を受けていました。

今なお人気は劣らず、2018年には花より男子の続編と言える「花のち晴れ~花男Next Season~」も放送されています。

花より男子のみどころは、なんといっても井上真央さん演じる牧野つくしとF4との胸キュンシーンです!

はじめはつくしのことを貧乏人とバカにしていた道明寺が、だんだんとつくしに心惹かれていく姿は見ているだけでキュンキュンしてしまいます。

自分がつくしだったら…と思うともうドキドキが止まらなくなってしまいます!!

1度見たことがある人も、もう一度見直してみると再び胸がキュンとしてしまいそうですね。

・今見たい理由

夏の恋愛といえば、甘酸っぱい青春時代の恋愛を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

甘酸っぱい青春時代を思い出させてくれる学園恋愛ドラマ「花より男子」は、夏にピッタリの作品です♪

また、シーズン2や映画版花より男子などもあるので、夏休みやお盆休みなどで時間のある夏に一気見するのもオススメする理由の1つとなります!!

また、あまり知られてはいませんが、1995年に内田有紀、谷原章介、藤木直人、橋爪浩一、佐伯賢作らが牧野つくし・F4として出演した映画「花より男子」が公開されているんです。

ドラマ版からしかいらないという方も多いのですが、キャストを見れば分かる通りこちらもかなりの豪華イケメン揃いです!

今なお活躍している俳優さんも多く、ドラマ版から見ていた方もこちらの作品を見てみることで、また違ったトキメキが感じられるかもしれませんね。

シリーズ1、2、映画版など、全てを含めて笑いあり涙ありトキメキありの「花より男子」は、夏に一気見することで、きっと数年分のドキドキ感が味わえるはずです♪

ドキドキワクワク、見ていると興奮して家具に足をぶつける可能性もあるので注意してくださいね(笑)

・口コミや評判3件(ツイッターのURL)

https://twitter.com/nnn_ars11/status/1158345181931851781

https://twitter.com/tV4GinI4m0okreS/status/1157839755301670912

https://twitter.com/0707adgjmptw/status/1158371489466372096

花より男子は、ツイッター上でも今なおその良さが投稿されています。

花より男子のドラマや映画で使われたロケ地に足を運び「聖地巡礼」している方も多数見受けられました。

ドSだけど時々茶目っけもあるツンデレ道明寺、優しいプリンスキャラの花沢類、クールで落ち着きのある西門総二郎、年上女性にしか興味のないセクシーな美作あきら、それぞれを推すF4ファンのコメントもたくさん発見!!

もちろんつくし推しのコメントも多くありました。

昔花より男子を見た時とは違った思考で見たら、推しのF4が変わったというかたもいらっしゃいます。

何度見返しても損はない、むしろ新しい発見ができる作品ということですね!

自分の考え方が大人になったのかな?昔はこんな気持ちで見ていたからかななどと自分の気持ちに問いかけながら見るのも楽しそうですね!

『野ブタ。をプロデュース』

KAT-TUNの亀梨和也さん、元NEWSの山下智久さんが出演する「野ブタ。をプロデュース」。

「バイセコー」という言葉や主題歌の青春アミーゴも大ヒットしたこの作品。

こちらも私立高校を舞台とした学園恋愛ドラマです。

ノリのいい人柄を演じることで人気者のポジションを確立している桐谷修二とクラスで浮きまくっている草野彰が、転校生である暗くて不気味な小谷信子を人気者へとプロデュースしていくストーリです。

このドラマは、リアルな高校生たちの生活が描かれているのが特徴です。

修二と彰、そして信子のそれぞれが悩みを抱えていて、3人の心情を考えながらみていると自分の高校生時代について考え出してしまいます。

徐々に変化していく3人の心、そして信子に抱く恋心。

夏にピッタリな爽やかさのある青春を感じることができるのでオススメです。

特にオススメのシーンは、彰が休日の誰もいない校内放送で野ブタ(信子)への思いを叫ぶシーン。

信子に対する彰の真っ直ぐな思いが伝わってくるお気に入りのシーンです。

また、修二と彰の友情にも心惹かれるものがあります。

・今見たい理由

学園青春恋愛ドラマは、爽やかさがあり夏に見るのにピッタリ!!

この「野ブタ。をプロデュース」は、山下智久さん演じる彰がとにかく笑わせてくれます(笑)

また、それに対する修二の反応も最高!!

修二と彰の掛け合いは、回を重ねるごとに面白みを増していき、ついつい堪えきれずに吹き出してしまいます!!

そんな爆笑シーンもある中で、野ブタへの真剣な恋心や切ない思いが描かれているシーンもあり、そういったシーンではジッと画面を見つめてドキドキしながら息をのんで見入ってしまうんですよね。

切なくて、甘酸っぱくて…そしておバカっぽい!

まさに青春ドラマといったストーリーが、夏にオススメしたい理由です!

・口コミや評判3件(ツイッターのURL)

https://twitter.com/mai721love/status/1158294848971001857

https://twitter.com/ha_rumaru/status/1150544454987612161

https://twitter.com/Ju_R_i_ue_Sweet/status/1068910071776591872

野ブタ。をプロデュースは、KAT-TUNやNEWS、そしてジャニーズを好きになるきっかけとなったドラマだという声も多くあるほど影響力のあるドラマです。

また、2019年11月1日から公開される令和版野ブタ。をプロデュースと言われている映画「ブラック校則」の公開が決定していることから、再放送への期待が高まっているファンの方もいらっしゃいます。

10月からは、映画公開に先駆けて日本テレビドラマの「シンドラ」枠やHuluにて各オリジナルストーリーが展開される“ブラック校則プロジェクト”が始動することが決定しています。

野ブタ。をプロデュースのファンである方々は、こちらの令和版野ブタ。をプロデュース「ブラック校則」にも同じような面白さを期待して心待ちにしているようでした。

「ブラック校則」公開前に、野ブタ。をプロデュースを見ておけば、さらに楽しく見ることができそうですね!

『あすなろ白書』

元SMAPの木村拓也さんが出演する「あすなろ白書」。

主演を務めたわけでもないのに、木村拓也さんの代表作とも言えるほどの印象があります。

大学生から社会人までの、サークル・あすなろ会に所属するメンバーの揺れる恋心を描いた作品です。

あすなろ白書の胸キュンシーンと言えば、やはり思い出すのは「あすなろ抱き」。

後ろからギュッと抱きしめ一言「俺じゃだめか?」なんて言われたらもうイチコロですよね!

友情・恋愛・時間の大切さや重要性・若さゆえの苦労や苦悩など、変化する5人の心情を感じ取りながらストーリーを見ていくと、自分自身が悩んだり涙する場面もある名作だと感じます。

ただの恋愛ドラマとは違う、深い作品のため、夏の間にじっくりと見てみるのがオススメです。

・今見たい理由

あすなろ白書は、上記でもお伝えしたようにただの恋愛ドラマとは違います。

若者たちの心の動きや葛藤を俳優の皆さんがリアルに演じていて、見ていると自分だったらどうしようなどと深く感情移入できるドラマと言っていいでしょう。

もちろんメインは恋愛になるのですが、見ていると恋愛以外に登場人物たちの心情の方にも深く引き込まれていきます。

時にはウルウルしてしまう場面も…。

保の葛藤、なるみの素直さ、取手の切ない気持や、星香の真っ直ぐな愛、松岡の苦悩など、とにかくそれぞれの立場に自分を当てはめてみると胸を締め付けられるような思いになってしまうはず!

大学生から社会人までの様子が描かれているので、それぞれが自分のことを考え働き、自分の時間を生きていきながら付き合う感じが一層リアルな若者の生活といった感じを醸し出しています。

あすなろ白書は自分自身の青春時代の悩みなどとリンクする場面が多く、深く考えながら見ていくことができる恋愛ドラマなので、時間のたっぷり取れる夏こそ考察しながら見てほしい作品です。

・口コミや評判3件(ツイッターのURL)

https://twitter.com/Ayh_btmj/status/921301444497522688

https://twitter.com/akismd/status/794733314967883776

https://twitter.com/kaorinnagumo/status/775348565476450304

あすなろ白書の口コミを見てみると、木村拓也さんやあすなろ抱きに関するコメントが多く見られました。

このドラマをきっかけに木村拓也さんの大ファンになったという方も多いようですね。

また、藤井フミヤさんの歌う「TRUE LOVE」についてのコメントも多く寄せられていて、ドラマをきっかけに曲を、局をきっかけにドラマを好きになっている方も多くいます。

全てをひっくるめて皆さんあすなろ白書が好きなんですね♪

『to Heart~恋して死にたい~』

KinKi Kidsの堂本剛さんが出演する「to Heart~恋して死にたい~」。

堂本剛さんが演じたのは、花屋でアルバイトをしながらプロのボクサーを目指す時枝ユウジという人物。

そして、ユウジがトレーニングする姿に一目ぼれした三浦透子を演じたのが深田恭子さんでした。

純粋で真っ直ぐな透子からの猛アピールに対してはじめは鬱陶しさを感じていたユウジですが、透子の全力の応援によって支えられていることに段々と気づき惹かれていきます。

・今見たい理由

「to Heart~恋して死にたい~」が夏にオススメな理由は、夜の公園で2人で花火をするシーンや、服を着たままプールの中に入り抱き合うシーンなど、「夏の恋!」といった要素が多いところです。

このドラマを見ていると、「羨ましい~!彼氏とこんな夏を過ごしたい!!」と思ってしまうはず!!

夜の公園で2人で花火だなんて、考えただけでもドキドキですよね♪

ユウジの移り変わる心境や、透子の真っ直ぐな恋心を感じるともう何とも言えないキューっとした気持ちになります(笑)

この作品を見たら、実際に彼氏と夏を満喫したくなってしまいそうですね!

夏の恋に「ときめきたい!キュンとしたい!ドキドキしたい!!」と思う方にピッタリのドラマです!

・口コミや評判3件(ツイッターのURL)

https://twitter.com/seseriumai/status/1158772972800229377

https://twitter.com/2019_06060711/status/1157672373912395776

https://twitter.com/keiko510_315/status/1153938848180662272

「to Heart~恋して死にたい~」は、やはり「夏に見たい!」という声が多く見られました。

これ以上にキュンとするドラマを知らないと絶賛している方もいらっしゃいますね!

どこを見てもトキメキを感じられるドラマで、何度見ても飽きない!という思いが伝わってきます♪

一度見たことがある方にも、見たことがない人にも、とにかくトキメキを感じたい人にはぜひ見てほしい作品です!!

『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』

元NEWSの山下智久さんが出演する「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」。

気弱だけど真っ直ぐな男と明るく前向きだけど素直になれない女が悩みながらも成長していく青春ラブストーリーです。

放送された時期も夏であり、作品内での季節も夏であるため、本当に夏にピッタリな恋愛作品の1つです。

一夏に繰り広げられる若い男女の恋愛は、友情・夢・恋心、どれを優先していいかわからなくなるほど複雑に絡み合い登場人物たちを悩ませます。

彼女がいるのに好きになってしまう気持ちや、相手を思いやる気持ちが強いからこその別れなど、見るほどに深い作品だと考えさせられました。

青春から大人へと成長した気持ちになれる、甘酸っぱくもあり真剣な部分もある王道ラブストーリーは夏にオススメの恋愛作品の1つです。

・今見たい理由

放送時期も作中内の季節も夏である「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」は、夏に見たくなる恋愛ドラマの定番とも言える作品です。

再放送されたこともありますが、やはり季節は夏!!

切ない気持ちが良く分かるシーンも多く、何度見ても涙が出るほどにキューンとしてしまいます。

恋愛によって成長していく登場人物たちの様子も、見ていると自分の青春時代からの成長について考えさせられます。

また、バスケとバイオリンといった正反対な要素をもつ2人の恋だからこその魅力やときめきがあるのかもしれません。

夢を追い抱える若者の姿は、誰がいつ見ても心奪われる者がありますよね♪

じれったいような気持がすれ違ったりはっきりとしない部分も、これまた皆さんの若いころと通じるものがあるのではないでしょうか?

ドキドキ、もやもや、いろんな感情に対して気持ちを入れることができるため、ドラマを見ているとついつい感情が豊かになります!

夏らしさのあふれる「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」は、夏にオススメしたい恋愛ドラマの1つです♪

・口コミや評判3件(ツイッターのURL)

https://twitter.com/sz__choco/status/1158364802445541376

https://twitter.com/mattchakeyahina/status/1158869661376634880

https://twitter.com/yama_news_p/status/1157194843073814528

皆さんの口コミを見ていると、「やっぱり夏に見たい!」「何度見てもキュンキュンする最高の恋愛ドラマ!」といった意見が多くありました。

莉子のセリフである「もう二度とキスしたりしない!人差し指で触ったりしない!馴れ馴れしくもしない!ほっぺも叩かない!絶対に半径5㎝以内に近寄らないようにするから!だから…だから、もう会わないなんて言わないで!」という言葉は多くの人々の心に響く名シーン。

思わず涙してしまう人も大多数!!

切なく、胸が苦しくなる、ブザービートの名シーンの1つであるこのシーンは、誰もが心を打たれてしまいます!!

・まとめ

今回は、“コメディタッチ”な“学園ドラマ”に焦点を当て、さまざまな作品とその面白さをご紹介してきましたが、いかがでしたか。

明るく・楽しく・バカバカしい展開と合わせて、眩しく・清々しく・熱いメッセージを持つ物語を楽しめるのが、学園コメディドラマの大きな魅力であると思います!

今後も登場し続けるであろう新たな学園コメディドラマにも、期待していたいですね!