Pocket

TVerが無料で動画配信できる理由

  • 広告を飛ばすことができない
  • 1カ月あたり数億円以上の広告費の効果がある

※動画配信サイトの見逃し配信は有料会員限定で広告が流れない(例:FOD)

TVerなどの見逃し配信は広告が多い

1回の番組中に30秒ほどの広告が2回続けて流れ、それが3〜4回ほどある

無料で見逃し配信を行っているサイトって多いですよね。見逃し配信サイトは、民放5社が集まって作った無料配信サービスTVerやTBSやテレ東作品がメインで楽しめるサイトParaviなど様々なサイトがあります。

しかし、これらの動画配信が無料で配信できるのは配信中に広告を流しているからなんですね。

  • いいところなのに!
  • 広告飛ばしちゃえ!あれ、できない・・・

ビデオ録画や、YouTubeなどの広告は飛ばせますよね?しかし、見逃し配信サイトの場合は、広告を飛ばして視聴ということができないので、必ず視聴する必要があります。

ただし、注意も必要です。

TVerではなく、FODのような動画配信サイトの見逃し配信なら広告が出ないよね?と思うかもしれませんが、これは月額会員のFODプレミアム会員の人限定です。

見逃し配信対応サイト一覧

では、見逃し配信にはどういったサイトがあるのかをご紹介したいと思います。

<完全無料で楽しむサイト>

この3つのサイトは、完全に無料で楽しむことができます。

しかし、広告は流れてしまいます。

登録不要で(一部簡単なアンケートがあります)すぐに視聴ができるので、とっても便利です。

  • TVer
  • TBSFREE
  • GYAO!
  • ytv MyDo!
  • ネットもテレ東

<最新話のみ無料で楽しめる!他作品は有料サイト>

このサイトでしか見ることのできない、ドラマやバラエティなどの撮影秘話や、映画公開記念の特別対談なども豊富。

  • FODプレミアム 888円でフジテレビ作品が視聴できる
  • テレ朝動画 150円〜1000円(メダルによって違います)

見逃し配信はありますが、無料会員の場合は広告が流れます。

有料会員になれば広告が流れなくなります。

<有料だけど、放送中のドラマは一話から全て見放題>

月額料金が発生しますが、広告のはないので、集中できます。配信しているテレビ局が違うので、お好きなところを選んで!

  • Paravi 月額925円で見放題
  • Hulu 月額999円 日テレ系のバラエティやドラマ中心
  • ビデオパス 月額562円 テレ朝系のバラエティやドラマ中心
  • U-NEXT  月額1990円 日テレ・テレ東のバラエティやドラマ中心
  • dTV 月額500円 日テレ・テレ朝・フジとバラエティ豊富
  • ビデオマーケット 月額500円 日テレ・テレ東・NHKも観れる
  • NHKオンデマンド 月額972円(見放題パックの場合)

1時間当たりの広告の時間は?

トータル2分ほど、平均的に流れることになります。

広告が長いと先ほどから、何度も言っていますが、どれくらい長いのでしょうか?

TVerの場合は、広告が流れる秒数がその時々によって違います。

15秒の場合もあれば、30秒の場合もあり、それが、1回につき15秒の場合は2回分、30秒の場合は、1回流れるようです。

1時間のドラマやバラエティでだいたい4回は流れているようなので、トータル2分ほどながれているようですね。

合計数で考えると、1時間のうちの2分だからそんなに長くないと思うかもしれませんが、何度も何度もいいところで、CMが入るとなんとなくテンションが下がります。

コスト換算すると1カ月いくらに?

1カ月当たり、約6億7000万くらいになるのではないかと考えられます。

TVerの普及率はすさまじく、月の再生回数は9000万回以上。月間のサイト訪問数は1300万超えという記録を叩き出しています。これは、YouTubeの次にすごい記録となっており、国内だけの配信と考えるとすごい記録といえるでしょう。

広告をとばすことができないという点があるが、広告30秒の再生完了率は、84.5パーセントだったそう。

また実験で、アイトラッキング(目の動きを図る検査)による広告への視線注目率は、85パーセントだったそうで、広告を短く、何回かに分けてはさむことにより、注目度が高まっているのだそう。

これだけの注目度が集まらなければ、広告主が集まらないというのが、今の広告の実態なのだそう。

実際YouTubeの場合の動画広告収入を例にして広告料を予想してみます。

YouTubeの場合

1再生=0.06円

この金額で、計算してみると、

一人あたり

0,06×4回=0.24円

一回の再生では、0.24円なんですよね。

それを一ヶ月(31日)で計算してみると、

0.24×31日=7.44円

うーんこれでは、あんまり大したことないですよね。

しかし、7.44円×9000万(再生回数)だと考えると、約6億7000万円くらいにはなりますよね。

だからこそ無料で運営が可能なわけですね。