Pocket

ミリオンジョーの結末ネタバレ

現在執筆中

あらすじ

千道社 『週刊少年グローリー』編集部・呉井聡市くれいそういち(北山宏光)は、累計発行部数3億冊突破の国民的大ヒット漫画『ミリオンジョー』を担当するマンガ編集者。
そして、グローリーで10年以上連載を続け、人気NO.1を走り続けるモンスター級のマンガ『ミリオンジョー』を生み出すのは漫画家の真加田恒夫まがたつねお。極度の人間嫌いで、対面できるのは呉井とチーフアシスタントの寺師のみという変人だ。呉井はたまたま真加田の担当になっただけのやる気も愛情もない編集担当だったが…。締め切り間際のある日、呉井の元に一本の電話が…。

「し、心臓が痛い…うう…う…」

真加田が締め切りを伸ばすために使う常套手段に呉井はそっけなく電話を切る。いよいよ、このままだと原稿が落ちてしまう、と呉井はしぶしぶ真加田の元に向かうが、そこで目にしたものは…。

「死んでる…」

もし、今日の電話で自分が駆け付けていたら真加田は助かったのではないか?『ミリオンジョー』が未完のまま終わってしまったら「週刊少年グローリー」はどうなる!?極限状態で呉井が出した驚愕の答えとは―。

ドラマ「ミリオンジョー」の原作漫画は?

「ミリオンジョー」には原作漫画が店舗から姿を消すこともあったみたいですよ「尾田栄一郎先生が突然死、担当編集がその死体を隠してチーフアシと一緒に世間を欺いてワンピースを続ける、みたいなサスペンス漫画」なんて言われているくらいで、有名漫画家に付きまとう替え玉の真実?が垣間見えます。

漫画家さんのアシスタントさんがここまで過酷な労働をしていると思うと、自分も頑張らないとなと元気をもらえるマンガになっています。会社で嫌味を言われて疲れてしまったときに読むと元気になれますよ。

FODプレミアムは毎月ポイントがもらえるので、気になる人はポイントでお得に原作漫画を読んでみてください。

>>> FODプレミアム公式ページはこちら
※1カ月間無料キャンペーン実施中!