Pocket

TWOWEEKS 7話ではどんなストーリーの展開になったのかまとめていきます。

ついに、結城大地と月島楓がデジカメを手に入れ、中身を見ることに成功!

キャラ

これから、結城大地の冤罪を晴らして、はなちゃんの手術に間に合わせるぞーってところでしたね!

それでは、7話のあらすじや感想、視聴率をまとめていきます。



TWO WEEKS 7話 ネタバレ

7話のネタバレ
  • 結城と楓が手にしたデジカメを灰谷に奪われ、柴崎の元に。
  • 早穂子は多額の資金を柴崎の会社に流していた
  • 8年前にはある臨床試験では月島という名前の人物がいた
  • 楓は有馬に今までの経緯を話す
  • 柴崎がはなに会いに来て結城のことを聞く
  • 結城は警察に出頭するという
  • 結城を狙撃した灰谷は有馬に捕まる
  • そして結城は防弾チョッキを着ていた無事だった
  • これは全て結城が考えた計画

あらすじネタバレ

大地が手に入れたデジカメから、柴崎と久我が密会している動画が映されていました。

一方同じ頃、柴崎と久我は密会し、例の計画を念の為に延期にしようと柴崎に言われ、『そんな事出来るわけないでしょ!』と久我は声を荒げていました。

久我は、ビルの建設の為、建設予定地の売買に柴崎の手を借りていたのです。

また過去にも認可のトラブルでも柴崎に後始末をさせていました。

信頼していた人に裏切られた事を知りショックを受ける月島でしたが、そこに灰谷が現れ、デジカメを奪われてしまい、柴崎の元にデジカメが渡ってしまいました。

そして大地は、月島の家に行き8年前の事件を追っている事を知ります。

柴崎は、デジカメのSDカードを久我に渡しましたが、久我は中身を確認する事もなく、テーブルの上にあったピックでSDカードを壊してしまいました。

そして月島にもSDカードの中身を知られた事に動揺し、柴崎には月島よりも大地が何をするかわからないから早く始末するように命令します。

月島と事務次官は、久我について調べていたところ、秘書が久我がらみの怪しい金の動きを見つけました。

新しい医療機器の認可が下りる寸前に、メーカーから多額の金が複数の企業に流れていたのです。

裏を調べてみると、全て柴崎がらみのペーパーカンパニーでした。

立件できる証拠がなかった為、今まで問題になった事がなかったのです。

そして気になる噂があり、ある医療機器のの臨床試験で、被験者の1人が不慮の事故で亡くなってしまった原因が機械の誤作動だったのでは?と言われていたそうです。

ですが、事件が明るみになった時には、確かめるすべはなく、もみ消されていました。

後日、月島は久我をランチに誘い、プロジェクトに柴崎が関わっているから成功するか心配だと話していると、久我はそのプロジェクトを命そのものと話し、『誰にも邪魔はさせない』と強く言い切ります。

その久我の表情にこの人は、プロジェクト成功の為だったら何でもする人だと感じ凍りつく月島は、これで確信を持って久我が柴崎に脅されている関係なのではなく、久我が柴崎と手を組んでいると感じました。

そして、ついにはなの元へ柴崎が現れます。

ですが、無菌室にいるはなの病室に入ろうとした所を看護師に見られ声をかけられると慌てるように立ち去っていきました。

はなに事情を聞くと、柴崎にパパについて聞かれていて、はなは、ここへ2回来た事を話し、次はいつくるのか?など、大地を探しているような質問をしていたそうです。

かけつけた有馬が、看護師に柴崎の画像を見せ、確認したところ、この人ですと言う看護師。

有馬は柴崎を訪れ、なぜはなに会いに行ったか聞くのですが、『友人の見舞いに行った時にたまたま見かけたから話しただけ』と言います。

嘘をつくなと言う有馬ですが、それだけでは何の罪にもならないのでは?と逆に攻められてしまうのです。

柴崎は有馬に、大地の情報を渡すように言ってくるのですが、そんな事出来るわけないと断るとはなの手術が出来なくなってもいいのか?と脅されてしまいます。

柴崎は、大地が逮捕されたら、ドナーの手術はできない事を知っていて、大地の身柄を柴崎に渡せば手術はうけさせてやると言い出したのです。

ですが、大地のその後の事は見逃してほしいと言われます。

そして月島に大地から電話があり会って話があると連絡があったのですが、尾行されている事を知っていた月島は、事務官を向かわせると言い電話を切ります。

事務次官に指示された通り、女装した大地は、尾行にもバレる事なく月島の家に現れました。

デジカメを奪われ柴崎を追い込む手立てがないと頭を悩ませる月島に大地は明日出頭すると言います。

そして月島は、翌日警察へ行き昨日大地から出頭すると連絡があった事を話し、待ち合わせ場所には、月島1人で来てほしいと言われたと言うのです。

憔悴している様子で、逃亡するような感じではなかったし、逃亡をするのは終わりにしたいと言っていて、大地をここへ連れてくるまで警察は手出しをしないでほしいとお願いします。

有馬は柴崎の元へ連絡をし、出頭の事を報告していました。

そして待ち合わせ場所に月島がつき、バイクに乗った大地が現れた瞬間、灰谷が屋上から充で撃ち大地は倒れてしまったのです。

仕事を終え、帰ろうとする灰谷の前に有馬が現れました。

昨日、大地と月島が話していたことは、大地が自主をすると柴崎に流せば必ず灰谷を送り込んでくるので、灰谷を捕まえて柴崎の罪を自白させるというのが狙いだったのです。

逃げるのはやめ、こっちから攻める事にした大地は、月島と大地が手を組んでいる事は柴崎にバレているのでもう1人囮が必要だと言う大地に、月島は有馬に話をしていました。

すべてはなの為に行動している大地に有馬も手を貸すことにし、バイクと防弾ベストを用意してくれていたのです。

そして、灰谷は殺人未遂で逮捕され、さっそく灰谷の取り調べが始まっていました。

そして久我のプロジェクトまであと5日、はなの手術まであと5日に迫っていました。

7話終了後の感想まとめ

実際にブログ管理人がクラウドソーシングサービスでアンケートをとり、どのような感想があるのかまとめました。

まずは一部の感想をこちらでお伝えしていきますね!

アニメ1

今回はなんといっても、早穂子さんが内通者とわかり、反撃編になるところが良かったです。今までは逃げる一方でしたが、結城と楓ちゃん、それに刑事である有馬さんも味方になり、柴崎の一派に立ち向かい、いよいよ、それぞれの復讐をする時が来たかとおまうとワクワクしました。

アニメ3

柴崎はとても悪知恵が働くと思いました。国会議員がなぜ柴崎と組んでいるのかがよくわかりませんでした。大地がうたれたときはとても驚きましたが、作戦だったと知ってほっとしました。

アニメ9

はなちゃん、すみれの命までも危ない!?柴崎の悪役の顔、久我の笑顔がとってもこわかったです

全てのアンケート内容はこちらを押して見てください。

アンケート内容
結城が出頭することになるが、撃たれたしまったことに驚いた。

しかしフェイクだと知りホットする。

結城の女装は思わずウケちゃいました。

三浦さん、顔立ちきれいなんですけどやっぱりゴツい!

柴崎を陥れるための灰谷をおびき寄せる計画には、驚きました!

殺し屋が逮捕される意外はストーリーが展開しなかったですが、緊張感があり良かったと思います。
結城がわざと出頭することで灰谷を捕まえるシーンが最高でした。やっと結城の逆襲開始という感じがして胸が高鳴ります。
結城、楓、有馬が組んでの作戦が成功して嬉しいです。

意外な組み合わせに、驚きましたが。

結城が灰谷に撃たれたのがビックリしました。有馬を仲間に誘ったのが驚きました。有馬が灰谷を捕まえたのがとてもすごいと思います。
ドラマはついに第二章の逆襲編となり、結城がこれまで追い詰められていましたが、今度はやり返す番となって、ハラハラドキドキが一層強くなってきました。
ついに全ての人物画繋がり、見所満載でした。有馬の複雑な心境やはなの手に向けての動きも気になります。
出頭すると見せかけて、スパイナーに殺されるふりをしておびき寄せる。
早穂子と柴崎が繋がっていたことがわかり、黒幕が早穂子とわかり驚きました。有馬が結城を柴崎に売ってしまうのかとハラハラしました。
はなが結城の胸に手をやったところがすごくドキドキしました。結城ははなのことを思い出す度に勇気をもらうことができるので、逃げ続けて柴崎を追い詰めてほしいです。
柴崎はとても悪知恵が働くと思いました。国会議員がなぜ柴崎と組んでいるのかがよくわかりませんでした。大地がうたれたときはとても驚きましたが、作戦だったと知ってほっとしました。
はなちゃん、すみれの命までも危ない!?

柴崎の悪役の顔、久我の笑顔がとってもこわかったです

7話は逆襲編のスタートです。ついにデジカメの中身が明らかになり、黒幕の正体が明らかになりました。柴崎と密談をしていた黒幕の正体は、久我議員でした。久我議員は、月島検事の恩人でもあり、信じられない気持ちでいっぱいです。

灰谷に襲われ、デジカメは柴崎の手に落ちました。SDカードは証拠隠滅されてしまいましたが、結城と月島の行動のキッカケとなりました。ここからが逆襲編のスタートです。警察の有馬も、検事の月島と話をした事で、結城が冤罪であることを信じ始めました。徐々に仲間が増えはじめてきました。

結城も月島も有馬も、それぞれ行動を開始します。結城と月島は、全面対決するために戦うことを決意します。有馬は柴崎と対決するのだが、逆に結城をうれば、はなの手術できるようにすると持ちかけられるのでした。

その後の展開が、最高に面白かったです、まさに反撃編でした。

結城と月島と有馬が連携し、柴崎を出し抜き、灰谷を確保するのは見事でした。

黒幕も分かり、目的を一緒にする仲間が少しずつ増えてきたので、最後は逆襲を図り展開がさらに気になった。
楓が言うように早穂子には息子に関係するなんらかの事情があるのだろうと思いましたがメモリーカードを潰す姿はとても恐ろしく思いました。楓の前でもプロジェクトを成功させる為には誰の邪魔もさせないと言っていて楓の気持ちを考えると悲しいです。結城の母が自殺していたのもかなりの衝撃でした。それも自分のせいで自殺したと思っている結城は今までのことも含めてとても不憫に思います。色々なことが8年前の事件に関係しているようで一刻も早く結城の無罪の罪を晴らしてほしいと願います。柴崎が結城を捕まえるためにはなちゃんの元に来たのにはとても驚き恐ろしいと思いました。お願いだからはなちゃんには手を出さないで欲しいです。ずっとシリアスなシーンだったのにいきなりの結城の女装には驚きました。結城の作戦に有馬を引き入れ灰谷を捕まえたのにはやっと反撃が始まったのかとワクワクドキドキしました。
結城と有馬と月島が協力して、ついに灰谷が警察に捕まりましたが、ここから事件が解決するような感じではなかったのが残念でした。早く柴崎が捕まってほしいです。
おもしろくなってきました。三浦貴大演じる有馬刑事ゆ仲間に引き入れて、三浦春馬がわざと囮として狙われるようにしたあたり、かなりハラハラしました。
早穂子さんが柴崎と手を組んでたと思うと楓が可愛そうだなと思いました。これまで信じていた人の裏切りは残酷に感じたし、楓と結城と有馬が手を組んだことで事件の解決に向かうところが面白くなってきたなと思いました。
逮捕された男が逃げ出しそうでハラハラしてます。また何かやらかしそうです。
黒木瞳さん演じる国会議員と柴崎がつながりがあることを知った検事の月島と結城が動き出そうとします。いよいよ本題に入ったと思いました。月島は国会議員と食事をし、柴崎と関わりがあることを確信しますが、親がわりだと思っていた人が黒幕でショックだと思いました。そこで結城はいよいよ自主しようと決断します。また柴崎は刑事の有馬さんをはなちゃんの手術を約束し、結城の情報を流すように話をします。月島検事から結城が自主することを聞いた有馬さんでしたが、実は月島検事と有馬さんが繋がっていることに驚きを感じました。はなちゃんを思う気持ちは結城も有馬さんも同じだと感心しました。
証拠を奪われたのは痛手だけれど、その分、頭を使って勝負する結城、女検事、有馬のコンビネーションがよかった。
黒木瞳さん演じる政治家が黒幕であったことがわかり、物語が大きく動いた回だったので目が離せませんでした。
いよいよ結城の逆襲が始まったとなと感じ、ワクワクしました。結城と楓が手を組むのは予想できましたが、まさか有馬まで手を組むとは思いませんでした。

これから結城、楓、有馬の3人はどのように柴崎を追い詰めるのか楽しみです。

自分も上手く騙された。はなちゃんの新しい父親になる刑事有馬が、本当に柴崎の手先になってしまったんだと思わされ、馬鹿な奴だな~と思ってしまった。

それにしても、黒幕が早穂子だとは。楓の気持ちを考えると、可哀想になった。

反撃に出始めた結城たちのこれからがますます楽しみで、見応えがある。

今回はなんといっても、早穂子さんが内通者とわかり、反撃編になるところが良かったです。今までは逃げる一方でしたが、結城と楓ちゃん、それに刑事である有馬さんも味方になり、柴崎の一派に立ち向かい、いよいよ、それぞれの復習をする時が来たかとおまうとワクワクしました。
はなのために複雑な思いを抱えながらも、大地に協力した有馬がとても男らしかったです。
ハラハラする展開で、有馬さんが心揺れてると本気で心配した!

実際に結城の上方流したときは、それはだめ!!ってがっかりしたけど、そこからの展開が劇的でしたね!

結城があっけなく打たれて・・・え??ってなったところから、まさかの罠。

見事犯人捕まえるから有馬さん最高!ってコロっと気分かわりましたね。

まさかの三浦春馬くんの女装もよかったです(笑)

久我と柴崎の最強の組み合わせにゆうきは立ち向かう事ができるのか不安になった。あと5日間どう逃げ切るのか、逃げきって欲しいと興奮が止まりませんでした。予想通りハナが狙われてしまいとことん汚い手を打ってくると思いました。そして有馬の役立たず感がイライラしましたが、まさかゆうきの作戦に有馬が協力してハナを助けることができる方向に向かえるとは思いもしませんでした。ようやくゆうきを狙う人物をひとり逮捕出来て本当に良かったです。男は一体何者なのか、ただの柴崎の手下には見えず恨んでいるような目つきをしているのがとても気になりました。
キャラ

色々な感想が多かったね。みなさんかなり楽しんでTWO WEEKSを見ているみたいですね!

その中でも、どのような感想が多かったのか、アンケート内容を元に感想別に集計していきました。すると、このような結果になることがわかりました。

twoweeks 7話 アンケート感想クラウドワークスで30人の方にアンケートを実施した集計結果(2019年8月27日~2019年8月28日)

アンケートの結果から、7話ではストーリーの展開が変わってきて、今まで追われていた結城大地に勝ち目が出てきたという点で印象的だったという感想が多いですね。

これまで四面楚歌で誰もかれもが敵だったところに、楓、すみれ、有馬とどんどん仲間になって応援していくシーンは見ていて鳥肌ものでしたね!

キャラ

そういった演出内容が視聴者の人を楽しませていることが、今回のアンケートに現れていましたことが、よーくわかりましたね。



視聴率や視聴熱の推移【1話から7話まで】

7話の視聴率やテレビジョンが独自に算出している視聴熱についてもまとめておきます。

7話の視聴率や、1話から7話までの視聴率や視聴熱の推移まとめはこちらです。

7話 6話
視聴率 6.1% 6.2%
視聴熱 7310pt 5542pt

今回の7話の視聴率を元に、1話から7話までの視聴率の推移のまとめをこちらでお伝えします。

twoweeks 7話 視聴率と視聴熱の推移

コチラのグラフを見ると、視聴率は6%あたりを停滞しているのであまり変わらないでした。でも、視聴熱の方は6話・7話とどんどん盛り上がっていることが分かります。

逆襲して主役がこれから勝ちにいくぞーってところは盛り上がるので、みなさんかなりドキドキしてテレビを視聴していたことがよくわかりますね。

TWO WEEKS 7話 原作ネタバレ

原作ネタバレ内容
  • 結城と楓が柴崎の家に侵入してデジカメを奪おうとする
  • しかし、柴崎と灰谷が釈放され目の前に現れる
  • 結城と楓は何とか逃げ出すが、すみれが柴崎に誘拐される

原作の内容

地下に金庫があった為、地下に行くまでに時間がかかったのですが、無事たどり着いたのですが、そこには逮捕されたはずの柴崎と灰谷の姿がありました。

実は、久我が柴崎にはアリバイがあると証言した為、令状は取り消され釈放されていたのです。

大地は再び灰谷に命を狙われるも、何とか逃げ出し、逃亡する事に成功したが、月島検事は、柴崎の自宅へ不法侵入したとして停職処分になってしまいます。

大地を殺せなかった柴崎は、すみれを拉致し、大地を呼び出そうとする。

そしてはなにも魔の手は伸びーーー



見逃し配信のフル動画が無料で見れるサイト

ドラマ「TWO WEEKS」7話が無料で配信される予定のサイトはこちら。

配信サイト 7話の視聴期間
TVer 7話終了後~ 8月27日(火) 20:00 配信終了

テレビで紹介されているFODで「TWO WEEKS」7話は無料で見れないことに注意しましょう!

コチラを見ると「300ポイント」かかると書かれています。

間違って紹介しているサイトが多数見受けられるので、誤解しないようにしてくださいね。

まとめ

ついに、久我と柴崎の繋がりが明らかとなりましたね。

今まで優しかった久我がプロジェクトの事になると目の色が変わり柴崎に劣らないほどの悪者に見えました。

そしてテレビ電話をしていた久我の息子が出てきましたが、何か難病で入院している感じでしたよね?

今回の久我のプロジェクトには息子の事も関わっているような感じがしました。

あと5日、無事にはなの手術が終わるように祈るばかりです。

ピックアップ記事


【TWO WEEKS】のキャストやネタバレ感想、動画を見る方法などをこちらにまとめています!

クライマックスに向けて、ぜひご覧ください!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ドラマ「TWO WEEKS」のまとめ記事