Pocket

TWO WEEKS 6話 ネタバレ予想

原作ネタバレ内容
  • 灰谷がデジカメを手に入れて、柴崎・久我にデータを渡している
  • 久我がデジカメ画像を破棄する
  • 愛の家に入っていく柴崎が映るドライブレコーダーを証拠が見つかる
  • 柴崎と灰谷が緊急逮捕される

原作の内容

今まで本当のことを知らずに、大地を恨んでいた事、8年前に別れを告げられた本当の事実を知り涙を流すすみれに、月島は大地がデジカメを持っていると思い『デジカメを持って、自首するように説得してほしい』と言います。

 大地は、逃亡している中デジカメを手に入れ、やっと自分の無実を晴らせると思っていましたが、そこに灰谷が現れデジカメを奪われてしまいました。

 灰谷からデジカメを受け取った柴崎は、中の画像を確認すると、データを久我に持っていきます。 久我は、中の画像を確認する事なくデータを破棄してしまいました。

 おそらく、このデータには、柴崎と久我が繋がっている証拠が隠されていて、久我にとっても消してしまいたいデータだったのでしょう。

 大地は、灰谷をおびき寄せる為、月島検事と協力しおとりとなった大地は、灰谷に拳銃で撃たれてしまう。

 大地は、防弾チョッキを着用していた為、命に別状はなかった。灰谷を逮捕したのですが、柴崎が手配した弁護士により、証拠不十分で釈放されてしまいます。

 今回の事で、大地が月島検事と手を組んでいた事が柴崎にバレてしまい、より危険な状況になってしまいました。

 大地は、柴崎がデジカメを持っていると確信し、柴崎の家に侵入する事にするのですが、家に柴崎が居たらデジカメを探せない為、再び月島検事と手を組みます。

 月島検事は、防犯カメラに映る柴崎の姿を証拠に愛を殺した殺人容疑をかけ緊急逮捕に踏み切りました。

 愛が殺害された犯行時刻に、愛の家に入っていく柴崎が映るドライブレコーダーを証拠として提出したのですが、家に入った瞬間の映像ではない為、家に入った証拠がないと否認されてしまいます。

ドラマ6話のあらすじ

結城(三浦春馬)の身柄を拘束し、はな(稲垣来泉)の名前をチラつかせてデジカメを脅し取ろうとする柴崎(高嶋政伸)。結城は隙を見て逃げ出すが、背後にはナイフを手にした灰谷(磯村勇斗)が! 再び窮地に陥った結城を助けたのは、駆けつけた楓(芳根京子)だった。

楓は、自らが8年前に結城が殺害したとされる被害者の娘だと明かし、検事の自分を信用してほしいと訴える。しかし、楓が柴崎への復讐を目論んでいることを知った結城は、自分がその計画に利用されることを懸念し、楓を信用しない。一方、楓が結城と接触したことを知り、デジカメが検察に渡ることを恐れた柴崎は、ある人物に電話を。楓もまた、柴崎の行動から、警察や検察に内通者がいるのではないかとにらむ。

翌日、結城が病院にいるすみれ(比嘉愛未)の元に現れる。楓から、8年前の結城の決断が、恋人の自分を守るためだったことを聞かされていたすみれは、不器用な生き方しかできない結城を責めるが、一方で、その優しさをもう一度信じると決め、デジカメを手に入れるために協力してほしいという結城の頼みを聞き入れる。しかしそこへ、はなの様子を心配した有馬(三浦貴大)がやって来て……。

目の前に結城がいることに気付いた有馬と、すみれの婚約者が自分を追う刑事だと知った結城。そのとき、すみれは……!?

引用元:公式サイト

感想:ドラマと原作の違い

話の流れは同じように見えてかなり違っています。

原作では結城が銃で撃たれた、正確には威嚇射撃でしたが結城が川に流されたときには、有馬ははなのドナーが結城ということは知っていたんですね。

それに、楓と結城は一度手を組んでいたってことです。

結構違いますよね。

そして、デジカメは灰谷⇒柴崎という流れで、柴崎が持っていることになっていましたが、ドラマではそのようなことになっていません。

殺されたサトルの彼女が持っています。

しかし、ドラマ6話ではついに大地と楓の元にデジカメが行くことになります。

これから目が離せないことは間違いなしですね。

次回6話ではどのような話になるのか楽しみです!