Pocket

本城ゆきとの漫画「銃夢」を原作、ジェームスキャメロンが手がけた作品ということで話題となった「アリータバトルエンジェル」

  • huluやFODで見れない

huluやFODはドラマの見逃し配信が多くて登録している人も多いと思います。月額料金が1,000円以下なので利用しやすいところが良いところですが、アリータの最新作は配信されていません。(2019年8月現在)

「じゃあ、どこが安く見られるの?U-NEXTは高いよね?」

と思っちゃいますね。だから、多くの動画配信サイトを調べてどこなら安く見られるのか、すみずみまで確認していきました。

すると、ビデオパスが一番安く見られることが分かりました。動画配信サイトの料金比較表

ここは、月額料金564円で、毎月540コインがもらえて最新作が見られるというメリットがあります。これを使うとすっごくお得に「アリータ:バトルエンジェル」が見られるんですね。

キャラ

「アリータ:バトルエンジェル」を安い動画配信サイトで見たいなら、ビデオパスが断然おすすめ!

\動画サイトを比較したら一番安かったのはビデオパス/  
「アリータ:バトルエンジェル」を見る【PR】

※2019年8月現在

 

アリータのフル動画を今すぐ見られる動画配信サイト

※2019年8月現在

動画配信サイト名 アリータの配信状況
U-NEXT 〇(レンタル)
ビデオパス 〇(レンタル)
dTV 〇(レンタル)
TSUTAYA TV 〇(レンタル)
アマゾンプライムビデオ 〇(レンタルか購入)
VideoMarket 〇(レンタル)
hulu ×
FODプレミアム ×
パラビ ×

huluやFODは本当に配信されてないの?

huluやFODに登録されている方は、アリータが配信されてないのかって気になりますよね?

そこで、本当に配信されていないのかチェックしてみました。

FOD

hulu

このようにhuluやFODでは「アリータ:バトルエンジェル」は配信されていません。噂は本当でしたね。じゃあどこのサイトなら見られるの?レンタルは?っていうのも気になるところです。

しかし・・・レンタルについても現在お取り扱いをしていないんですよ。

実はアリータはデジタル先行配信になっているので、DVD発売・レンタル開始前に動画配信されています。

発売予定日:2019年9月11日

2019年8月時点では見られないのでご注意ください。

あとは、どこのサイトなら安く動画が見られるのかっていうところですね!

安いのはどこ?無料でも見られる?

合計金額を比較

月額料金だけを見ると、安い動画配信サイトはdTVと思いつく人はもう動画配信マニアですね。月額500円だからお得な感じがしますが、ポイントまで含むとどこで見たらいいのか迷っちゃいますね?

そこで、月額料金やレンタル料、そしてポイントが使える分も考えるとどこが安く動画を見られるのかを表でまとめておきます。

動画配信サイト名 月額料金 レンタル代(税込み) ポイント付与
U-NEXT 1990円 540円相当 600pt(初月)
1200pt(2カ月目以降)
ビデオパス 562円 540コイン
dTV 500円 なし
TSUTAYA TV 933円 なし
VideoMarket 500円 なし
アマゾンプライムビデオ 500円 431円 なし

このように比較すると安いところが分かってきますね。合計金額で考えると検討余地のあるのはこちらの3つです。

  • U-NEXT
  • ビデオパス
  • アマゾンプライムビデオ

実際にいくらお金を払わなくてはいけないのか確認しておくために、比較して表にしておきますね。

初月レンタルはビデオパスがお得

これから登録しようと思っている方がアリータをレンタルしようと思うといくらかかるのか、というとこちらの3つに絞られてきます。

『アリータ』をレンタルするときに必要な料金まとめ【初月】
サービス 支払う料金 内訳
U-NEXT 1990円 月額料金(支払いは付与ポイント)
ビデオパス 562円 月額料金(支払いは付与コイン)
アマゾンプライムビデオ 931円 月額料金+レンタル料

ビデオパスが一番お得になりそうですね。無料っていうわけにはいかないですが、月額料金の562円を支払うだけで「アリータ:バトルエンジェル」を見られるのはうれしいですね。

でも、まだビデオパスで登録するのか迷うという人にはこんな人もいるかもしれないです。

「2カ月目以降もビデオパスがお得なのかな?」

ということで2カ月目も継続してサービスを利用する場合もビデオパスがお得なのか検証していきましょう。

2カ月以上継続するなら好み次第

U-NEXTだけですが、2カ月目以降はポイントがもらえる量が変わってきます。そのため、2カ月以上継続したときの月額料金とポイント付与がどれくらいなのかを見ていきます。

サービス 初月 2カ月目以降
U-NEXT 月額:無料
ポイント:600pt
月額:1990円
ポイント:1200pt
ビデオパス 月額:562円
コイン:540pt
月額:562円
コイン:540pt
アマゾンプライムビデオ 月額:500円 月額:500円

このように考えてもやっぱりビデオパスで動画を見るのがお得になりましたね。

ただ、最新作を月に何本かレンタルするという人なら、U-NEXTでレンタル(2カ月目以降)するとアマゾンとコスパは同じくらいなのかなという感じです。

雑誌読み放題、配信作品数が150,000本以上というメリットもあるので、U-NEXTもありですね。⇒U-NEXT公式サイト

ですが!!

なんといっても、「アリータ:バトルエンジェル」だけ見たいって人はビデオパスでの登録がおすすめです。

コスパがめっちゃいいですからね。

\放送中のドラマやアニメの見逃し配信も多い/  
「アリータ:バトルエンジェル」を見る【PR】

作品をチェックする!  
※2019年8月現在  

「アリータ:バトルエンジェル」がおすすめな理由

見どころ

アリータバトルエンジェルを見るうえで、注目してほしい点はこちら。

  • 世界、景色
  • CG
  • 戦闘シーン

最初の世界・景色・CGに関しては、共通する部分が多いのですが、まず舞台となる世界はごちゃごちゃしています。これが、なんかいいんですよね。

アリータはサイボーグの女の子なので、CGなのですが、髪の毛、しわ、目、あらゆるところがCGなの?と疑ってしまうほど、鮮明に再現されています。

そして最後に戦闘シーンです。迫力と圧倒的スピード感のあるアクションシーンは思わず息を止めてしまうほどの迫力なんです。もちろん全体的にストーリーも楽しんでほしいのですが、細かいCG部分にも注目してほしいんです!

先ほどもお話したように、アリータは全てCGなのですが、女優さんなのでは?と思ってしまうほど、表情も細かい動きも鮮明に表現されています。

字幕と吹替

普段映画を観るときは、私は絶対字幕派!!!というタイプなのですが、今回は吹き替えを推奨したいです。アリータの吹き替えを務めたのが、上白石萌音さん。イメージとぴったりですよね。なんとなく顔も似ている気が・・・

今回アリータを見る上で注目してほしい点をお話しましたが、一瞬足りとも見逃してほしくない!映像に集中してほしい!そんな気持ちなので、吹き替えをおすすめします。

レンタルのサイトの場合は、レンタルをしてから約48時間は視聴が可能なので(アマゾンプライムの場合)字幕、吹き替えを一回ずつ楽しむというのも手ですよ!

あらすじ

舞台は、“支配する者”と“支配される者”の2つの正解に分断された、謎めいた遠い未来。空に浮く空中都都市「ザレム」と、そこから落下した鉄くずを囲んで形成された「クズ鉄町」。サイバー医師の『イド』は、クズ鉄町で暮らす住人の1人だった。

ある日、イドは瓦礫の中から少女の人形の頭部を拾い上げる。彼女は300年前のサイボーグであり、なんと脳は生身のまま生きていた。イドは、過去の記憶を失っていた少女に新たな身体を与え、『アリータ』と名付けて成長を見守る。

アリータは、クズ鉄町に暮らすヒューゴという少年と出会い、「世界」を見せてくれる彼に次第に惹かれていく。町では夜に女性が殺害される不気味な事件が頻発していて、イドはアリータの身を案じて夜間の外出を禁止した。

しかし、ある夜出かけていくイドの後をつけたアリータは、そこでイドがハンターウォーリアーとして賞金首と戦っていることを知る。

イドはグリシュカの罠にはまり絶体絶命のピンチに陥ってしまう。

その時、アリータの失われていた過去の戦いの記憶が蘇り、自分の中に並外れた戦闘能力が眠っていることに気づいたアリータは、自分が300年前に失われたテクノロジーで創られた“最強兵器”だということを知る。

逃れられない運命に直面した少女は、与えられた自分の命の意味を見つけるために、2つの世界の秩序を揺るがす壮大な旅に出る。

ここからはネタバレです

アリータは、イドに身体をもらってから様々な体験をしますが、中でも「モーターボール」に夢中になります。町で知り合い仲良くなった青年ヒューゴやその仲間たちと共に、広場に簡易的なモーターボールのコースを作り、日々練習をしていました。

その広場からは、ザレムとアイアンシティ(クズ鉄町)をつなぐパイプが間近に見えていて、ヒューゴはアリータに「いつかザレムに行く」と夢を語ります。かつてザレムにいたアリータは、何も思い出せないもののヒューゴの夢をサポートすると誓いました。

しかし、その裏でヒューゴは仲間たちと夜な夜なサイボーグを襲っては部品を奪いお金を稼ぐといった裏稼業をおこなっていました。そのお金を貢ぐ先は、プロのモーターボールを仕切るベクター。

裏社会を牛耳っているベクターには、ザレムに人を送る権限があり、ベクターは目標の金額を渡せばヒューゴをザレムに送るという契約を結んでいました。

アリータが機甲術という武術の達人であることを知ったベクターとイドの元妻チレン。ベクターは、突然目を青く光らせ別の口調で「アリータを殺害し、彼女に使われているテクノロジーを持ってくるよう」指示します。

これは、裏社会を支配する男・ノヴァがザレムからベクターの体を借りてしゃべったことです。チレンはこの計画が成功すればザレムに送ってもらえると約束されます。

一方でアリータは、湖の底にURMの宇宙船が沈んでいると聞き、船を見つけます。その中には女性型の機械のボディがあり、それを持ちかえると自分の体に付け替えるようイドに頼みます。

しかし、そのボディは狂戦士(バーサーカー)と呼ばれるもので、イドは反対し、アリータも諦めます。すると、今度はハンターキラーになりたいと言い出すアリータ。イドはそれも反対しましたが、アリータはこっそりとハンターキラー協会に登録します。

その後、ヒューゴ達と合流し、ハンターキラーが集まる酒場に行ったアリータでしたが、そこに凶暴化したグリシュカが入ってきます。目当ては自分であると気づいたアリータは、前に出ようとします。

しかし、アリータよりも先に、拾って可愛がっていた子犬がアリータの前に飛び出し、無情にもグリシュカの爪が子犬を切り裂きました。アリータは怒りに震え、子犬の血を目の下に塗りグリシュカに立ち向かいます。グリシュカは、店の床に大きな穴を開けて自分が得意とする地下の世界に飛び込んでいきます。

それに続き、アリータとイドとヒューゴも穴に飛び込んでいきます。最初のうちはグリシュカと互角に戦っていたアリータでしたが、攻撃を避けきれずに頭部と片手だけの状態にされてしまいます。それでもアリータは、片手だけで飛び上がりグリシュカの片方の目に重傷を負わせます。イドとヒューゴも駆けつけ応援すると、グリシュカは逃げて行きました。

イドは、アリータの体にバーサーがーを取り付けることを決意し、アリータは人差し指だけで逆立ちすることができるほどの身体能力を手に入れます。イドは、「身体はバーサーカーでも、それを生かすか殺すかは君次第だ」とアリータに告げます。

無事に回復したアリータを抱きしめるヒューゴは、「君は今まで会った誰よりも人間らしい」と言ってアリータにキスをします。そして、ヒューゴはアリータを自分の家に連れて行き、もう少しでザレムに行けると話します。

アリータは自らの機械の心臓をヒューゴに差出し、これを売ればお金になると言いますが、もちろんヒューゴは断ります。アリータは、モーターボールで優勝すれば賞金が手に入り、同時に自分もザレムに行くことができると考え、競技に挑戦することを決めました。

試合の当日、アリータはかつて戦士だった時の名前である『99』と装備に書き込みます。イドはアリータを激励し、大観衆の待つ競技場に飛び出していきますが、主催者であるベクターはターゲットのアリータが自ら飛び込んできたことを絶好のチャンスだと考え他の出場選手たちを買収していました。

買収された出場者たちの目的はただ1つ。「試合中にアリータを殺してボディをもってくる」ことだけでした。出場者たちの異変に気付いたアリータは、試合を止めようとしましたが、アリータが止めるまえに試合が開始してしまいます。

その頃、試合会場に向かっていたヒューゴは、道中でサイボーグ男を襲っている暴漢たちを止めようとしますが、それがかつて一緒にサイボーグ狩りをしていた仲間であると気づきます。

自分は裏稼業をやめると言うヒューゴをかつての仲間たちが責め立てていると、ザバンがやってきて仲間たちを刺しサイボーグ男を殺してしまいます。さらに、酒場でアリータから受けた屈辱を晴らそうと、ザバンはハンターキラーのデータベースにヒューゴが殺人を犯したというウソの情報を報告したためヒューゴは賞金首になってしまいます。隙を見て逃げ出したヒューゴは、無線を使いアリータに連絡します。

アリータは試合の中盤を迎えており、既に半数近くの敵を倒していました。しかし、ヒューゴのSOSを聞くと躊躇なく会場を飛び出し、ヒューゴの元へと向かっていきます。

無事にアリータと合流できたヒューゴでしたが、背後から現れたザバンによって腹部を刺されてしまいます。アリータは、今にも息絶えそうなヒューゴを連れて近くの建物へと避難します。

そこに他のハンターキラーたちも集まってきて、賞金首であるヒューゴを渡さないと法律違反になると呼びかけます。アリータごと殺そうと中にザバンが入ってこようとすると、アリータはヒューゴの首だけを持って出ていきます。

ヒューゴは首の血管とアリータの心臓をつないだことで命だけはありました。首をよこせと詰め寄るザバンでしたが、他のハンターキラーの獲物を奪うのはご法度であり、アリータは正当防衛としてザバンからダマスカス・ブレードを奪いザバンの顔半分を削ぎ落とします。

ヒューゴの状態を知ったイドは、ヒューゴのために新しい身体を作りアリータの咄嗟の応急処置を褒めました。しかし、本当に処置を施したのは、涙を流して葛藤するアリータの姿に娘を重ね心を動かされたチレンでした。

イドはアリータに自分の過去を話し、クズ鉄町に落ちた人間がザレムに戻ることはありえないこと、ヒューゴがベクターに騙されていたこと、ベクターの背後にはさらに大きなノヴァという存在があることを告げます。

一方で、チレンはベクターの元を訪れ、自分はもうザレムに行く意思はなく、彼の元からも手を引くことをきっぱりと言い放っていました。しかしそのチレンの背後には巨大な影が…。

しばらくすると、怒り狂ったアリータがベクターのオフィスに乗り込みます。ヒューゴを騙したことを責めるアリータに、ベクターは「ザレムに行けるというのは本当だ」といって臓器や器官ごとにバラバラにされたチレンの体を見せます。

実は、ベクターは人体サンプルとして定期的にノヴァに人の臓器などを送っていたのです。ベクターに飛びかかろうとしたアリータでしたが、背後からのグリシュカの攻撃を受け腹部を損傷してしまいます。

それと同時に、アリータの戦士としての記憶が完全に戻り、腹部の傷もあっという間に治療していきます。アリータはダマスカス・ブレードでグリシュカをひと思いにぶった切ると、ノヴァに姿を表わすよう怒鳴り、ノヴァがベクターの体に宿った瞬間ベクターを刺殺しました。

しかし、ノヴァ自体は生きており、「この身体にも飽きたところだ、待ってるよ」と不敵な笑みを浮かべます。

ベクターが死んだ直後、イドからヒューゴが逃げ出したことを知らされます。ヒューゴはどうせ賞金首になるならザレムを目指すと言いザレムへと繋がるパイプを機械の身体で登っていました。アリータもパイプを登り、ヒューゴを説得します。アリータに説得されたヒューゴは、クズ鉄町で暮らしていくことを決意しました。

しかし、その様子をザレムから見ていたノヴァは侵入者を排除するための装置を起動し、回転する歯車が2人を襲います。アリータはかわすことができましたが、ヒューゴは歯車に巻き込まれ下半身を失ってしまいます。アリータは落下しそうなヒューゴの腕をつかみますが、ヒューゴの腕はまもなく千切れてしまう寸前です。ヒューゴは「救ってくれてありがとう」とアリータに告げると落ちて行きました。

それから数カ月経ち、アリータはモーターボールを怒涛の勢いで勝ち上がり、優勝をかけたチャンピョンリーグに挑もうとしていました。大歓声の中登場するアリータを、ノヴァはザレムから笑みを浮かべてみています。アリータは空を見上げ、宣戦布告のようにダマスカス・ブレードをザレムに突きつけました…。

キャスト一覧(吹き替え声優も)

  • アリータ役:ローサ・サラザール 吹き替え:上白石萌音
  • ダイソン・イド役:クリストフ・ヴァルツ 吹き替え:森川智之
  • チレン役:ジェニファー・コネリー 吹き替え:山像かおり
  • ベクター役:マハーシャラ・アリ 吹き替え:鶴岡聡
  • ザバン役:エド・スクライン 吹き替え:神谷浩史
  • グリュシカ役:ジャッキー・アール・ヘイリー 吹き替え:木村雅史
  • ヒューゴ役:キーアン・ジョンソン  吹き替え:島崎信長
  • タンジ役:ジョージ・レンデボークJr. 吹き替え:榎木淳弥
  • コヨミ役:ラナ・コロンドル 吹き替え:守中知
  • ガハード役:アイダラ・ヴィクター 吹き替え:中村千絵
  • マクティーブ:ジェフ・フェイヒー 吹き替え:魚健
  • ニシアナ:エイザ・ゴンザレス 吹き替え:志田有彩
  • ロモ:デレク・ミアーズ 吹き替え:佐藤せつじ
  • キヌバ:レナード・ウー 吹き替え:櫻井トオル
  • マスター・クライヴ・リー:リックユーン 吹き替え:藤翔平
  • モーターボール・アナウンサー:ジェフボトムス 吹き替え:古舘伊知郎
  • ノヴァ:エドワード・ノートン
  • ゲルダ:ミシェルロドリゲス 吹き替え:本田貴子
  • ジャシュガン:ジェイコートニー 吹き替え:星野貴紀

\月額562円で毎月最新作が1本見れます!/  
「アリータ:バトルエンジェル」を見る【PR】

※2019年8月の配信状況となりますので、最新状況につきましてはビデオパス公式サイトで確認してください。