Pocket

アベンジャーシリーズの最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見たいけど、DVDを買うのは高いし、レンタルするのもめんどくさい。

それに違法アップロードされるサイトはすぐに消されるから見れないので、動画配信サービスで探すことにしました。

『アベンジャーズエンドゲーム』を配信しているサイトはU-NEXTなど多くありましたが、私はMusic.jpで登録することにしました。

なんといっても、毎月500円払えば最新映画3本見ることができるのはコスパ最強です。それに、ポイントが余ればマンガや音楽も楽しめるのでポイントが無駄になることなしです。

そこで、映画『アベンジャーズ・エンドゲーム』の動画を安く・早く見るために調べた内容をご紹介します。

>>>Music.jp公式サイト
※継続するならコスパの良いサービスに!

アベンジャーズエンドゲームのDVDは高い

『アベンジャーズエンドゲーム』をDVDで購入するのは、小遣いから考えてもお高めな料金になっていました。

アベンジャーズエンドゲームのDVD値段は高い

  • DVD購入(通常版):3496円

『アベンジャーズエンドゲーム』を購入するには3496円するということなので、1回見るだけならもったいないと思いました。

※2019年9月の情報です。

レンタルDVDは在庫がない可能性がある

『アベンジャーズエンドゲーム』はツタヤやゲオなどのレンタルショップでレンタルが開始されましたが、レンタル開始日からすごい状況になっているみたいです。

レンタル開始日初日はレンタルショップ開店前から行列ができているようですね。

こんな状況はずっと続きそうですね。

ツタヤに在庫を確認しに行っても『アベンジャーズエンドゲーム』は全部借りられていて、2カ月くらい借りられないってこともありえそうです。

何度もツタヤに行ってDVDをレンタルできないっていう無駄足になることは避けたかったので、レンタルDVDは諦めました。

レンタルできない状況なら、YOUTUBEやパンドラなどの無料配信サイトはどうかなとチェックしてみました。

無料サイトはどこも見れない

パンドラやデイリーモーションなどの無料配信サイトで『アベンジャーズエンドゲーム』が見れないのかな?

見れたらうれしいのに!ということで配信状況を調べてみるとこちらのようになりました。

Pandora TV 見れない
Daylymotion 見れない
YOUTUBE 見れない
9TSU 見れない

これらの4つを検索しましたがどれも見ることができないことがわかりました。

その中のパンドラとデイリーモーションの検索結果をお伝えします。

パンドラTV

アベンジャーズエンドゲームはパンドラで見れない

デイリーモーション

アベンジャーズエンドゲームはデイリーモーションで見れない

まともに『アベンジャーズエンドゲーム』を配信しているサイトはなかったです。数分レベルの映画の紹介動画やアベンジャーズと関係のない動画ばっかりでした。

ネットなら見れるかなと思っていたのに、パンドラもデイリーモーションも見ることができなくてショックでした。

あとは最後の手段の有料動画配信サイトで見る方法を調べてみました。

無料で見れたり、安く見れないと意味がないので、レンタルよりお得になる場合があるのかもご紹介します。

ネットですぐにフル動画が見れるサイト

動画配信サイト名 アベンジャーズエンドゲームの動画配信状況
U-NEXT 〇(レンタル432円)
ディズニーデラックス ×
ビデオパス 〇(レンタル500円)
dTV 〇(レンタル400円)
TSUTAYA TV 〇(レンタル500円)
アマゾンプライムビデオ 〇(レンタル399円)
VideoMarket 〇(レンタル432円)
hulu ×
FODプレミアム ×
パラビ 〇(レンタル500円)
Music.jp 〇(レンタル432円)
クランクインビデオ 〇(レンタル500円

2019年9月4日から配信開始していますが、多くの動画配信サイトで動画を見ることができることが分かりました。(ディズニーデラックスでは配信されていないことにビックリ!)

レンタル料金もサービスごとにあまり変わらないので、どこの配信サイトで見た方が良いのか迷ってしまいました。

そこで次に私が思ったのは、サービスによってポイント制度があってお得になることがあります。

そこで、月額料金やポイント付与の違いをサービスによって、実際のコスパの違いを調べてみようと思いました。

安く見れる動画サイトの比較一覧

月額料金とポイント付与

まずは、月額料金と毎月もらえるポイントを表に比較していきます。

動画配信サイト名 月額料金 ポイント付与
U-NEXT 1990円 1200pt
ビデオパス 564円 540コイン
dTV 500円 付与なし
TSUTAYA TV 933円 付与なし
アマゾンプライムビデオ 500円 付与なし
VideoMarket 500円 540pt
パラビ 925円 チケットあり
Music.jp 540円 1640pt
クランクインビデオ 480円 700pt

この中でお得なサイトと言えそうなのをピックアップします。

  • ビデオパス
  • ビデオマーケット
  • Music.jp
  • クランクインビデオ

しっかり調べてみるとこれまで安いと思っていたサイト(例:dTVやU-NEXT)があまり安くないのが分かりました。

dTVで『アベンジャーズエンドゲーム』をレンタルすると、月額料金500円+レンタル代400円が必要になるので、合計900円が必要になるのでDVDレンタルを待っていた方がいいんじゃないの?って気になります。

また、安いと分かった4つのサイトはどちらかというと中程度のサイトなので、有名サイトに対してメリットを出そうとしているのかなと思います。

あとはなんといっても、無料キャンペーンがあるかどうかってところですよね!

無料お試し期間

安いとわかったサイトに無料キャンペーンがあったらもっと最高ですから、無料期間でポイントをもらえて動画を視聴できるのか調べてみました。

動画配信サイト名 無料期間 ポイント付与
ビデオパス 30日間 540コイン
VideoMarket 初月 540pt
Music.jp 無し
1640pt
クランクインビデオ 14日間 700pt

※Music.jpに無料キャンペーンを実施しているプランはありますが、月額料金が1922円となるのでここでは最もお得な500円コースを記載しています。

この中から選ぶ時に考える必要があったのは2つのケースです。

  • 無料期間中に動画を見て解約する
  • 2カ月以降もサービスを継続する

無料期間中のみの利用ならレンタル代をポイントで支払えば、お金を払うことなく『アベンジャーズエンドゲーム』を見ることができます。

でも、解約する手間もあるし、2度目は無料キャンペーンが使えなくなるのでできれば継続したいなと思っていました。

そう考えるとどこのサービスがいいのか、初月~2カ月目までの月額料金とポイント付与を計算してみました。

継続時にコスパが良いサイトを比較

動画配信サイト名 1か月目 2カ月目*
ビデオパス 月額:無料
ポイント:540コイン
月額:564円
ポイント:1080コイン
VideoMarket 月額:無料
ポイント:540pt
月額:540円
ポイント:1080pt
Music.jp 月額:500円
ポイント:1640pt
月額:1000円
ポイント:3280pt
クランクインビデオ 月額:480円
ポイント:700pt
月額:860円
ポイント:1400pt

*2カ月目は1か月目との合計金額、合計ポイントにしています。

これらの4つのサイトは全て月額料金が500円程度。

継続することを考えているなら、ポイントをどれだけ多くもらえるのかがサービスを選ぶ決め手になります。

このように考えて、ポイントがたくさんもらえるMusic.jpでサービスを利用することに決めました。

ビデオパスは1カ月だけならポイントで最新映画を見ることができましたが、2カ月目以降も継続するならMusic.jpの方がお得だなと思いました。

>>>Music.jp公式サイト
※付与ポイントが多いので何本も最新映画が見れる!
2019年9月4日現在の情報ですので配信予定が変わっていることがあります。最新状況につきましては公式サイトをご確認いただくようにお願いします。  

Music.jpのサービス内容

確かにMusic.jpはポイントが多くてお得そうだけど、サービスの内容は大丈夫なのか心配でした。

名前がMusicとついているので、音楽については強いかもしれないですが、最新映画を見るのはどうかと思いました。そこで、Music.jpではどのようなサービス内容となっているのか調べていきます。

  • 料金プランは500コース・1000コース、テレビコースの3種類
  • 見たい作品はダウンロードできる
  • 音楽やマンガを楽しむためにポイントが使える

調べてみたらMusic.jpは優秀な動画配信サイトなんじゃないかなと思えてきました。

ポイントが多くて困ったら、音楽やマンガに使えます。個人的には、漫画を読みたいのでこのサービスはいいなと思いました。

それに他のアベンジャーシリーズも配信していました。

アベンジャーズシリーズがMusic.jpで見れる

『アベンジャーズエンドゲーム』を見た後におさらいで見ることもできるので、サービス全体として気に入りました。

そういうことから、Music.jpは使いやすいなと思って、「エイッ!」とこちらのサイトから登録してみました。

>>>Music.jp公式サイト
※最新映画は大手サービスと変わらない!
2019年9月4日現在の情報ですので配信予定が変わっていることがあります。最新状況につきましては公式サイトをご確認いただくようにお願いします。  

 

『アベンジャーズ エンドゲーム』の作品情報

あらすじ

前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のラストでサノスに圧倒的敗北を喫し、宇宙の生命の半分を失ってしまったアベンジャーズ。その影響は凄まじく、クリント・バートン(ホークアイ)の家族をはじめとする一般人からアベンジャーズに加わるヒーロー達まで、多くの存在が消滅してしまったのでした。惑星タイタンから脱出したトニー・スターク(アイアンマン)とネビュラでしたが、広大な宇宙を漂い続ける宇宙船の食料・燃料・酸素は底を尽いた状態に。死を覚悟したスタークがメッセージを残して眠りについた時、一筋の光とともに飛来してきたのは、ニック・フューリーの最期の連絡を受けて駆け付けたキャロル・ダンバース(キャプテン・マーベル)でした。

ネタバレ内容です

宇宙船ごと地球に帰還し、無事にアベンジャーズ本部に戻ったスターク。

しかしこの状況への憤りは隠せず、スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)にもその不満をぶちまけます。2人のわだかまりは完全には消えていません。

そんな中でも生き残ったアベンジャーズのメンバー達は、世界を元に戻すべく、時空に逃げたサノスの行方とインフィニティ・ストーンを追い求めます。

ガントレットの発動痕跡を頼りに、とある惑星にサノスがいることを突き止めた彼らは、スタークを除いたメンバーでその惑星へと向かいました。

のどかな農園風景が広がるその惑星に暮らすのは、サノスただ1人。

サノスの身柄を拘束しストーンを手に入れようとしたアベンジャーズでしたが、すでにストーンは6つ全てが破壊されたあとでした。

望みをかけたストーンがないと分かり、呆然とするアベンジャーズ。

ソーは怒りに任せるようにサノスの首を刎ねますが、それ以上はどうしようもなく、失意の中で地球に帰還するのでした。

物語は、サノスを抹殺してから5年後の世界に移ります。

生き残ったアベンジャーズ達は、荒れ果てたままの世界で、それでも前に進もうとそれぞれの活動に勤しんでいました。

ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)は本部に留まり、各地で活動を行うメンバー達と交信を図りながら、世界を元に戻すための情報を集め続けています。

その頃、量子世界に取り残されたままであったスコット・ラング(アントマン)が、偶然起動した装置によって5年振りに現実世界に戻ってきました。

娘のキャシーに会い、世界の状況を知ったスコットは、アベンジャーズ本部に赴きます。

スコットの話によると、今日に至るまでに量子世界では5時間程しか時が流れておらず、それはつまり、量子世界を利用すればタイムトラベルが出来るのでは?というものでした。

タイムマシンの製作にあたってスタークとブルース・バナー(ハルク)に協力を求めたアベンジャーズでしたが、スタークは理論上不可能だとその協力を拒みます。

専門ではないとしながらも協力的だったバナーがタイムマシン製作の実験を繰り返すものの、なかなか上手くいきません。

行き詰まったところに駆け付けたのは、協力を拒みながらも密かにタイムマシンのシュミレーションを重ねていたスタークでした。

スタークは没収していたスティーブの盾を本人に返し、2人はようやく和解を果たします。

スタークらがタイムマシンの開発に勤しむ間、ナターシャ達は各地に散らばったメンバーを本部に呼び戻し、家族を失い暗殺者と化していたクリント・絶望から引きこもりとなっていたソーなどを含めたアベンジャーズを再集結させました。

ストーンを効率良く手に入れるための回収作戦が計画され、完成したタイムマシンを使って、宇宙の命運をかけたタイムトラベルへと出発します。

3つのストーンを追い、2012年のニューヨークへと飛んだのは、スターク・スティーブ・バナー・スコットの4人。

バナーがタイム・ストーンを、スティーブがマインド・ストーンをなんとか手に入れるものの、スタークとスコットはスペース・ストーンの回収に失敗してしまいます。

タイムトラベルに必要なピム粒子は11往復分の量しかないため、ピム粒子と取りこぼしたスペース・ストーンの両方を回収すべく、スティーブとスタークは1970年代へと飛び、ハンク・ピム博士の研究室からそれらを回収することに成功するのでした。

2013年のアスガルドへ飛んだのは、ソーとロケット・ラクーンの2人。

ソーの恋人の体内に入り込んだリアリティ・ストーンの回収を行います。

途中、怖気づいたソーが逃げ出してしまうのですが、対面した母親に励まされたことで立ち直り、無事にストーンの回収と帰還に成功します。

2つのストーンを追うクリントとナターシャ、ローディ・ローズ(ウォーマシン)とネビュラの4人は、まず2014年の惑星モラグに飛びます。

クリントとナターシャはそこから惑星ヴォーミヤへと向かい、ナターシャという犠牲を払った上で、ソウル・ストーンを手に入れました。

一方、廃墟にてパワー・ストーンを回収したローディとネビュラでしたが、ひょんなことから過去世界のネビュラとデータが同期し、今回の計画が全てサノスに知られてしまいます。

全ての生命を抹殺して新世界を創造すると決めたサノスは、現実世界のネビュラを回収し、過去世界のネビュラをアベンジャーズ本部に潜り込ませました…。

6つ全てのインフィニティ・ストーンを揃え、帰還することが出来たアベンジャーズ。

ナターシャの死を悼みながらも、スタークの作ったアイアン・ガントレットにストーンをはめ込み、パワーやガンマ線の条件を満たしたバナーが指パッチンに挑みます。

そして指パッチンは見事成功!消滅した人々を甦らせることに成功するのです!

喜びを分かち合うのも束の間、この場に潜り込んでいた過去世界のネビュラの手引きによって空からサノス軍が登場し、総攻撃を仕掛けられたアベンジャーズ本部は崩壊します。

アベンジャーズは連携してサノスと戦いますが、太刀打ちできずにいたその時、時空の穴から消滅したはずのヒーロー達が現れたのです!

スティーブの「アベンジャーズ、アッセンブル!」の号令と共に、大集結したアベンジャーズとサノス軍による最終決戦が始まりました。

アベンジャーズは決死の覚悟でサノス軍と戦い、ガントレットをリレー方式に量子トンネルへと運ぶ善戦を見せますが、ついにサノスにガントレットを奪われてしまいます。

しかしそこにストーンははめ込まれていません。

ストーンは全て、スタークのアームに移されていたのでした。

「アイアム、アイアンマン」の呟きと共にスタークが指パッチンを行うと、サノスとサノス軍は1人残らず消滅していきました。

同時にスタークも致命傷を負い、皆に看取られながら最期を迎えるのでした。

世界に平和は戻り、人々は日常に帰っていきます。スタークの葬儀も執り行われました。

スティーブは、役目を終えたインフィニティ・ストーンをそれぞれの時代に戻すために再度タイムトラベルを行い、そこで最愛の人・ペギーと人生を添い遂げます。

ラストでは自身の盾をサム(ファルコン)へと託し、スティーブはキャプテン・アメリカを引退するのでした。

キャスト一覧(吹き替え声優も)

  • アイアンマン/トニー・スターク ロバート・ダウニー・Jr. 藤原啓治
  • キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース クリス・エヴァンス 中村悠一
  • ソー クリス・ヘムズワース 三宅健太
  • ハルク/ブルース・バナー マーク・ラファロ 宮内敦士
  • ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ スカーレット・ヨハンソン 米倉涼子
  • ロケット・ラクーン 声:ブラッドリー・クーパー/モーション:ショーン・ガン 加藤浩次
  • ウォーマシン/ジェームズ・ローズ ドン・チードル 目黒光祐
  • ネビュラ カレン・ギラン 森夏姫
  • オコエ ダナイ・グリラ 斎賀みつき
  • スパイダーマン/ピーター・パーカー トム・ホランド 榎木淳弥
  • ドクター・ストレンジ/スティーブン・ストレンジ ベネディクト・カンバーバッチ 三上哲
  • スターロード/ピーター・クイル クリス・プラット 山寺宏一
  • ドラックス デイヴ・バウティスタ 楠見尚己
  • グルート ヴィン・ディーゼル 遠藤憲一
  • マンティス ボム・クレメンティフ 秋元才加
  • ブラックパンサー/ティチャラ チャドウィック・ボーズマン 田村真
  • スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ エリザベス・オルセン 行定とあ
  • ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ セバスチャン・スタン 白石充
  • ファルコン/サム・ウィルソン アンソニー・マッキー 溝端淳平
  • ワスプ/ホープ・ヴァン・ダイン エヴァンジェリン・リリー 内田有紀
  • ハンク・ピム博士 マイケル・ダグラス 御友公喜
  • ジャネット・ヴァン・ダイン ミシェル・ファイファー 高橋雅羅
  • マリア・ヒル コビー・スマルターズ 本田貴子
  • ニック・フューリー サミュエル・L・ジャクソン 竹中直人
  • ロキ トム・ヒドルストン 平川大輔
  • ヴィジョン ポール・ベタニー 加瀬康之
  • ガモーラ ゾーイ・サルダナ 朴璐美
  • ホークアイ/ローニン/クリント・バートン ジェレミー・レナー 宮迫博之
  • アントマン ポール・ラッド 木内秀信
  • ヴァルキリー テッサ・トンプソン 沢城みゆき
  • ウォン ベネディクト・ウォン 田中美央
  • シュリ レティーシャ・ライト 百田夏菜子
  • キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース ブリー・ラーソン 水樹奈々
  • アキヒコ 真田広之

まとめ

映画『アベンジャーズエンドゲーム』を安く・早く見るために調べてきた内容をまとめてきました。

調べてきたことを簡単にまとめていきたいと思います。

  • DVD購入は4000円近くになる
  • レンタルショップの在庫がなく借りられないことが多い
  • パンドラやデイリーモーションなどは動画配信していない
  • HuluやFODでは動画は見れない
  • U-NEXTやdTVは大手なのでトータル料金が高い
  • ビデオパスなどは月額料金が安く無料期間もある
  • 初月のみ楽しむならビデオパスやクランクインビデオもあり
  • 継続を考えているならポイントの多いMusic.jpがおすすめ
  • 最新映画も多く、漫画や音楽をポイントで楽しめる

少し調べただけの時は、レンタル代が全てのサイトでほとんど同じでしたから、サービスを選ぶ時はどれでも変わらないと思ってしまいました。

でも、よくよく調べるとそんなことはなく、利用する期間や目的によってお得な使い方があると言えます。

私は安くお得に使いたかったのと、信頼できそうなサービスを選びたかったのでしっかり調べてMusic.jpにしました。

大手のU-NEXTはお得な感じもありますが、見えないところで利益をとっているんだなぁと実感して面白かったです。

これから、『アベンジャーズエンドゲーム』を見ようと思っていて、とにかくお得なサイトを探しているっていう人がいれば、私と同じMusic.jpを選んでもらいたいなと思います。

>>>Music.jp公式サイト
※最新映画は大手サービスと変わらないラインナップ!
2019年9月4日現在の情報ですので配信予定が変わっていることがあります。最新状況につきましては公式サイトをご確認いただくようにお願いします。