Pocket

和馬とまんぷくで共演「ルパンの娘」お見合い相手はどんな役?

木曜劇場『ルパンの娘』の第3話以降の追加レギュラーキャストとして、岸井ゆきのが決定しました。

今回のドラマの謎の代々エリート警察一家のご令嬢・橋元エミリ 元警視総監の孫娘(岸井ゆきの)が桜庭和馬(瀬戸康史)と連続テレビ小説『まんぷく』で夫婦役で共演し息の合った演技を見せていらいの共演です。今回は華(深田恭子)と和馬の恋愛に、エミリがどう絡んでくるのかに楽しみで期待が集まっています。

まんぷくの時と現在は印象は違う?

岸井ゆきのが演じるのは、代々エリート警察一家のご令嬢・橋元エミリ。一馬のお見合い相手

エミリは、巻栄一(加藤諒)のいとこで、警視庁刑事総務課に所属。和馬(瀬戸康史)が無理やり行くことになるお見合いの相手ですが、なんと常に挙動不審で、男性が苦手で、和馬と目が合うと「見ないでいただけますか」と言ってしまう。さらに、“五七五の中でしか自分の感情をうまく出せない”という変わった性格の持ち主というはちゃめちゃなキャラ。岸井ゆきののユニークな演技がここぞと発揮できそうな役柄ではないでしょうか?



予告編ではこんな発言も「お前と私お似合いだ」 既に、和馬が意中の人に??


岸井ゆきのインタビューでは、

”やはり長い期間一緒に撮影をしていたので、瀬戸さんがいるととても安心します。今回の撮影でも、瀬戸さんはシーンや状況に合わせて距離感を変えて察してくれるので、こっちも気持ちを作りやすく、『まんぷく』の時を思い出して懐かしさも感じます。”

“まんぷくでは瀬戸さんに好かれる側だったのが、『ルパンの娘』では私が和馬に一方通行の恋をする役なので、役の関係性が変わるのはこの仕事をする面白みでもありますし、楽しいです!”とコメントしています。

まとめ

初回から波乱を見せる展開の数々で、見るものを飽きさせる事なく好調なこのドラマ、個性派女優の岸井ゆきのの登場でますます面白くなりますね。