Pocket

TWO WEEKS3話の感想やあらすじネタバレについてまとめていきます。

TWO WEEKS 3話のみんなの感想

ヤフーテレビの感想集計

放送終了後から次の日までにYahooテレビに書き込まれた「みんなの感想」にはどのような印象を持っていたのかを集計して、視聴者の感想をまとめました。

みんなの感想に書き込んでらっしゃる方、23名の感想を元に集計した結果が下のようになります。

ドラマの展開にドキドキ 10
はなちゃん演技上手い 3
三浦春馬かっこいい 2
ストーリーに矛盾を感じる 2
磯村勇斗がかっこいい 2
倍賞さんの演技がスゴイ 1
芳根京子の演技が気になる 1
三浦貴大の演技が上手い 1
展開がワンパターン 1
合計 23名

みんなの感想をまとめてみると、「ドラマの展開にドキドキ」される方が多かったようです。

実際にYahooテレビに書き込まれていた内容はこちらで紹介しておきます。

クリックして口コミを見る
  • 全然役になってませんね。 これは冴えないOL役じゃないですよね? ドラマの足を引っ張りかねませんね…
  • ナイフで襲われ、交わす三浦春馬さん! 身体能力の高さ!先日の歌も! 逃げる際の走りも早くカッコいい! 表情も、時にはキツく、はなちゃんとの 会話のシーンでは優しい表情になり、 本当は優しい人柄がしみでてる。
  • ラスボス、黒木瞳だったりして。 三浦春馬は歌もうたえて踊れるなんて…。
  • 先日コンフィデンスの映画を観て以前は記憶にないくらい三浦さんが出演しているドラマ映画を観てない気がします。三浦さんの成長役者&歌手かなりアップしている姿にビックリしました。今後も楽しみです。
  • 今期、じれったいもの多いですね。 でも、本当に子役の子可愛いし上手。 三浦さんを殺そうとしたのは、ひよっこのヒロインと結婚した男の子ね。お顔がさっぱりしてるから髪を伸ばすとわかりずらい。 倍賞美津子さんは、凄い。
  • はなちゃんには、手を出さないで 黒木瞳も怪しい
  • はなちゃんの存在感・演技力が秀逸。可憐なルックスも見栄えがいい。 これで8歳なのだから、末恐ろしいです。もっと出演機会が欲しい気も。 一方、芳根さんは恐ろしいほど検事役が似合ってない。 また、演技に成長が見られません(汗)
  • 熱心に見てる!って感じではないけど スピード感とか スリリングな展開 と キャスティングが いいですよね 特に 三浦貴大&鈴木仁の ツーショットには テンション上がる!
  • 何からお話すれば判らない。 すみれさんと結城の電話。娘の命を救えなくなる不安と裏切られた気持ちを結城にぶつけるすみれ、公衆電話から震えながら「無実である証拠を見つける」と「骨髄移植には必ず行く」約束を必死に伝える結城。
  • 俳優さんたちが丁寧に役作りをしていて、繊細で細やかな演技が素敵です。ストーリーの展開は早く、ハラハラしながらついていくのですが、終わってすぐに録画したものもう一度観ます。
  • 前回から緊迫した逃亡続きで、観ている方もずっとハラハラ感ばかりでしたが、今回は倍賞さんの全てを包み込むような愛情深い演技が、物語においてよいメリハリとなっていたと思います。 物語はもちろん、各話毎のゲストも楽しみです。
  • わくわく感、どきどき感、はらはら感を沢山感じることができる良いドラマですね。これからのドラマ界を担う若い俳優さんが重要な役をこなしてるのも面白いです。私は芳根京子さんのファンですが新米検事さんの成長を楽しみにしてます
  • ハラハラしてしまいました。 まさか、幼馴染が殺されてしまうなんて!彼は、カメラと中のデータは、別にしてるんじゃないかな?でなければ、コピーとってあるとか…そのへんは抜け目ないような。
  • 普通に面白いのになんでこんなに視聴率低いんだろう?テンポがよくてあっという間に時間が過ぎるので退屈しないいい出来だとおもうけどな。
  • お2人ともキレッキレでしたね! 倍賞さんとのシーンはホロリとさせられたり。 いろいろな場面があっていいドラマだと感じました。 来週も楽しみ。
  • 前半見れなかった。 会社員か誰かと会話して、相手には検問で足止め食ってる仲間意識から出た無理ない会話、傍目からはツレ感を装おって検問突破したの凄いね! 勿論春馬さんが無実だから応援できるわけだけどね。
  • 主人公の元妻は言い草には呆れるね。なんて女だよ。訴えるのは自分の都合ばかり。元夫が殺人犯として追われていることを頭から非難するのみで無実を信じようとも相手の身の安全を気にする様子もない。
  • Tシャツ姿もスーツ姿もかっこよい。目の保養になるのは確かだが… 然し、肝心のSTORYは?といえば、2週間の逃亡劇を、毎回毎回見せられるのにも、流石に飽きが来る感じ。
  • 8年前の法廷で楓が傍聴席から叫んでたけど、そこに柴崎もいたんだしどうせなら「犯人はコイツです、私見たんです」って指さして言えばいいのに。 そもそも柴崎はなんでわざわざ自分で刺すの?キャバ嬢の時もだけど。
  • もう、デジカメを警察に提出すれば、いいんじゃないのかい。幼馴染までやられてしまったみたいで。芳根京子さん、誠実な雰囲気はいいのだけれど、ちょっと線が細いかな。でも、最後には、シバサキをやっつけてくれるでしょう。
  • 「助けてくれたのか?」ってホッとしかけたのも束の間、ナイフ出された時にはギョッとしたでしょうね(笑)。 ハヤトくんの悪役ぶり&仮面ライダー仕込みのアクションは流石、とハルマくんも賞賛の弁(ツイッターにて)。
  • 今日から俺はの性悪な相良、きのう何食べたのジルベール、このドラマと演技の振り幅が大きく上手い。森永悠希ももう一つの韓国ドラマリメイクのボイスでは、性悪の知能犯を演じて、このドラマでは、善意の主人公の友人と好対照の人物を演じて上手い。
  • 個人的に、色々思い出すドラマです。 倍賞さんが、素敵でした。映画恋文が何故だか思い出されてしまいました。握り締めて離す手に泣いてしまった。

引用元:Yahooテレビ

アンケート調査

クラウドソーシングサービスでもTWO WEEKS 3話の感想について、下記の様にアンケートを取ってどのような感想だったのかをまとめました。

集計人数:30名

集計期間:2019年7月31日~2019年8月1日

集計結果:

感想内容 集計数
ハラハラするところ 10
結城と義江のやりとり 9
娘のために命を懸けるところ 5
結城が優しい性格でほっこり 5
テンポが遅い 1
合計 30

クリックして感想を見る
  • 娘のドナーになるために、とにかく逃げ延びる姿に共感しました。
    無実の罪を着せられることの怖さも感じます。
  • いつ通報されるかわからないギリギリの状況でも、おばあさんの体調を気遣う結城の優しさにちょっとほっこりしました。
  • 老女の民家に潜むが、老女が心臓の発作を起こし病院に連れていく。
    老女が結城の無罪を信じて、洋服とお金を援助するシーンが良かった。
  • サトルを心配して問いかける結城の背後から狙っていた灰山を見て、逃げられないと思ったのですが、気になって中に入って様子を見に来た有馬達が音を出したため、灰山が下がって結城は逃げることができたところはおもしろかったです。
  • 結城が傷を負いながら駆け込んだ民家での義江との心の交流がとても良く、結城を陥れる柴崎の腹黒い行動が段々と見えてくる展開に引き込まれました。
  • 最後のシーンを見た限りでは、真犯人はもしかしたらすでに登場しているのではないかと思いドキドキしました。結城がすみれに電話して、はなちゃんのために逃げていると号泣していたシーンが感動的でした。
    柴崎と楓が互いに結城が共犯であると勘違いしているところや、有馬が結城がドナーだと気づき始めたところなど、思い違いや残酷な真実などが複雑に絡み合っていて面白かったです。
  • よくありそうなストーリーですが、スリルがあって見応えのあるドラマだと思いました。
    三浦春馬さんの演技が上手で引き込まれます。
  • 警察から逃走してるのがとても面白いです。娘のために逃げているのがカッコいいです。
  • 警察から逃げるために偶然立ち寄った、民家の住人のおばあさんに対する気づかいややさしさから、大地の人柄が伺えて、応援したくなった。楓の過去がとても悲しいものだったので、柴崎に対する復讐を果たしてほしいと思った。8年前の真相が少し分かったが、まだなぜ楓の父が柴崎に殺されたのかまでは明らかになっていないので、そこら辺のことを詳しく知りたいと思った。大地の同居人がまさか殺されるとは思わなかったので、とても残念に感じた。柴崎の不正の証拠であるデジカメが、柴崎の手下に奪われてしまったため、これからどうやって大地が自分の無実を証明していくのか、とても気になる。
  • 結城が実は、とても優しい心の持ち主だという事が分かったこと。でも、毎回、結城が必死で逃げているシーンが多いので、もう少し違う展開があって欲しい。
  • 主人公の三浦春馬が逃げているときに、民家へ潜り込み、女性が発作を起こし、おんぶして病院へ連れていったシーンが面白かったです。やっぱり悪い人ではないんだと感動しました。
  • 冒頭の、森林の中を逃げ回っている三浦春馬が捕まるんじゃないかとハラハラしてたところを協力者がたすけたところが面白かったです!
  • 結城が逃亡している際に逃げ込んだ民家のおばあさんとのやり取りがほっこりとして感動しました。結城は、お婆さんを縛って拘束していますが、お婆さんは結城の仕草や人となりをじっと観察していて、あんたのこと信じるよと言ったのがとても感動しました。
  • おばあさんが危ないとき、助けた結城。根は優しい人なんだなぁって感動しました。
  • 謎の男は味方なんかではなく柴咲の刺客だったのはなんだかショックでしたが倍賞さんが犯人だと知りながらも警察から庇ってくれて、しかも息子の大事な肩身を着ていいと言ってくれ、さらにはお金を持って行って良いとまで言ってくれるなんてどれだけいい人なんだろうと思いますし、結城も逃げている身でありながら倍賞さんを助けたいという必死な思いでおんぶをして病院に駆け込むなんてやっぱり根はいい人なんだなと改めて感じました。反対に柴咲があんなにも大胆に殺人を犯していて驚きました。自分を守るためなら殺人をして関係のない人間に罪を被せるなんて本当に人としてありえません。相良も灰原の手によって刺されてしまってそこまでしなければいけない理由はなんなのだろうと考えてしまいました。これ以上犠牲を出さないためにも早くデジカメを見つけ出し罪を償わせるべきだと思います。
  • 三浦春馬が変な男から森で逃げ回っているところがドキドキして面白かったです。
  • おばぁちゃんと薬の場所を探すやり取りをするところが面白かったです。逃亡中で緊張感のある場面が多いけど、あそこは少し気が緩んでリアルに祖母と孫のような温かい関係を感じれて良かったです。
  • 結城がすみれに電話を掛けて全力で娘を救おうと立ち向かってる姿に感動した。
  • 逃走中の結城が一人暮らしの老女の家にたどり着き、警察に追われている人間だと気づかれて、初めは手を縛ったりしていたが、訪ねてきた警察からかばってもらい、具合の悪くなった老女を助けて、洋服やお金などを借りて逃げ延びられたところ。
  • 三浦春馬と倍賞美津子のやり取りが面白みがありました。他方、ナイフを振り回すシーンが多く時代にマッチしない点が相変わらずつまらないドラマと感じます。
  • 灰谷にナイフを切りつけられて危ないと思ったら木が折れて助かった所が面白かったです。
  • 結城大地が、北村義江が胸の痛みをうったえている時に、担いで病院へと運んだ後に、義江が「私は信じてる。あんたは生きるんだよ。」と言ったシーンが感動でした。
  • ドラマなので仕方ない部分はあるのですが、あまり話がすすまないのが残念。
  • 色々な過去が徐々に明らかになっていき、またこれからの展開が楽しみになる終わり方でした。
  • 見ていて毎回のようにハラハラしますが、3話では最後の方で、友人と待ち合わせをするシーンが特にハラハラドキドキを感じ、次も見たいと思いました。
  • 三浦春馬さん演じる結城が森の中から逃げ切り、倍賞美津子さん演じる義江さんに出会うシーン、義江が結城のことを信用するよ、と言った場面は感動しました。また、最後デジカメをサトルから受け取るはずだったシーンも緊迫感があり良かったです。サトルが殺されてしまうという予想外の展開もこれからどうストーリーが進むのだろう、とドキドキしました。
  • 全体的におもしろかった。サトルからデジカメを貰うシーンはどうなるのかなとちょっとドキドキした。
    有馬刑事と結城が徐々に関係性がストーリーを進むにつれて近づいてきているところが面白かったです。

集計結果を簡単にまとめます。

  • ハラハラする場面が多い
  • 結城と義江の関係にほっこり
  • 結城の娘のために命を懸けるところ

このような理由になります。

アンケート結果で最も多かったのは「ハラハラする緊迫する場面」を見ることというのは、ヤフーのみんなの声と同じでした。

これはTWO WEEKSというドラマの設定上、切っても切れない関係なのでよく理解できますね。

しかし、3話で違ったのは結城大地(三浦春馬)と義江(倍賞美津子)との関係性でした。義江が結城を犯罪者と知りながらも、命を助けてもらったことで結城の優しさに触れ、結城を信じてかくまい、援助する姿に感動する人が多かったですね。

はじめは犯罪者に仕立て上げられたチンピラでしたが、徐々にその優しさがにじみ出るようになってきましたね。三浦春馬のイケメンに優しさまであったら、どんどん引きこまれてしまいますね。

ストーリーの変化点になりそうな3話は見逃すのはもったいありません。見逃してしまった人は是非見ておきましょう。

3話:演技に対する感想

ネット上では三浦春馬の演技が最高!芳根京子の演技はヘタなどの声が上がっていますが、個人的には皆さん上手に演技されているように見えます!

ストーリーも面白いから、どんどん引きこまれるって感じがしますが自分だけでないのか、演技が下手って感じる人がどれくらいいるのか見ていきたいと思います。

こちらも先ほどと同じようにアンケートを取り集計しましたので、その結果から演技の評判についてまとめていきます。

この結果は面白いですね!

三浦春馬さんの演技は完全に肯定されています。演技は見ていて素晴らしいなぁと思っていましたが、ある程度アンチの人はいるもんだと思っていました。だから、30人に1人くらいは演技下手!っていう人がいると思っていましたが、そうでもないみたいですね。

倍賞さんとの演技はお茶の間に感動を与えるほど素敵なものでしたから、この結果がその理由を証明しているといっても過言ではないですね。今後も三浦春馬さんの演技にハマっちゃいそう!

そして、芳根京子さんはというと・・・

3分の1くらいの人は芳根京子さんの演技が、ちょっと気になるという人がいました。

「気になる」といった人にはどういった意見があるかというと、

  • 感情表現の幅が狭い
  • 検事の役が合ってない気がする
  • 復讐に対する怒りに迫力がない

というような意見がありました。

この意見からすると、芳根京子さんは22歳と若いので検事としては本当にペーペー。また、検事になるためにものすごく勉強してきたという雰囲気もないからなのかもしれないです。一生懸命演技をしているけど、若手女優の明るい感じのイメージとはちょっと違うので、そのあたりで違和感があるのかもしれないですね。

でも、かわいい子が一生懸命悪い奴を懲らしめようと思ってみるだけなら、全然気にならないのかなと思います。原作と比較したり、本当の検事はこんなんじゃないと考えてしまうと違和感が出そうですね。

TWO WEEKS 3話の視聴率や視聴熱

3話の視聴率やテレビジョンが独自に算出している視聴熱についてもまとめておきます。

3話の視聴率や、1話から3話までの視聴率や視聴熱のまとめはこちらです。

3話 2話
視聴率 6.4%(+0,5%) 5.9%
視聴熱 2400pt(-14pt) 2414pt

どのドラマでも1話は視聴率高めですが、2話から下がり気味です。そして、3話では視聴率が6.4%と低迷気味ですね。韓国ドラマということで、ちょっと嫌っている人がいるかもしれないです。

個人的には三浦春馬の演技も好きですが、歌も上手いのでめっちゃ面白いと思っているんですけどね。

最近ではテレビを見るより見逃し配信を見る人が多いので視聴率ではわからないところはあると思います。そこで、見逃し配信が見られるFODプレミアムを見ると人気キーワードで1位になっています。

FODプレミアムでは最も検索されているということなので、再生回数も多いと考えられますね。視聴率から見るよりはハマっている人が多いのかなという気はします。

あらすじネタバレ

雑木林で警察に追い詰められた結城大地(三浦春馬)は、謎の男・灰谷(磯村勇斗)に窮地を救われる。傷を負いながらも、なんとかその場から逃げ出した結城は、やがて一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着く。結城の顔を見て、世間を騒がせている逃亡犯だと気づいた義江は……。そのころ、結城の行方を追っていた月島楓(芳根京子)は、雑木林で灰谷に遭遇し、見覚えのあるその顔に表情が凍りつく。一方で警察は、何者かに結城の捜索を妨害されたことから、逃亡を手助けする協力者の存在を疑い始める。

移植手術を控える結城の娘・青柳はな(稲垣来泉)の看病をしていた青柳すみれ(比嘉愛未)は、結城が殺人を犯し、そのうえ護送車から脱走したというニュースを知り、がくぜんとしていた。助かるはずだった娘の命が再び死の危機にさらされ、絶望の淵に沈むすみれ。するとそこへ、警察の追手から逃げる結城から電話が。憤りを抑えきれないすみれに対し、結城は「俺の無実を証明する証拠を必ず見つける」と約束。

今回の事件の鍵が、殺された柏木愛(立花恵理)のデジカメに隠されていると悟った結城は、同居人のサトル(森永悠希)に連絡をし、受け渡しのために会う約束をするがー。

サトル(森永悠希)は結城にデジカメを渡そうとするため会う約束をする。結城大地が殺人をしていないと信じてデジカメを渡そうとする。しかし、そこに灰谷が登場する!柴崎から雇われている灰谷は何としてもデジカメを取り戻そうとする。その中で、サトルは殺されてしまう。

それも、結城大地が約束の時間に遅れてやってきてしまうからだった。それを見た結城大地は愕然とする。知り合いだった愛も殺され、同じ施設を出て一緒に暮らしていたサトルも殺されてしまう。

さらに、部屋から逃げようとするときに有馬刑事(三浦貴大)に見つかる。そして、結城大地は逃げていく。このことから、警察も結城大地が凶悪犯であることの確信を深めます。