Pocket

中島みゆきさんの名曲「糸」を基にした物語が菅田将暉と小松菜奈さんのW主演で映画化されることが発表された。同曲に着想を得たストーリーで、平成元年生まれの男女が出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を“生活者の視点から見た平成史の変遷”とともに、壮大な愛の物語として描きます。

さて、今回はそんな大注目の映画『糸』の公開日、キャストについて、紹介していきたいと思います。

〈公開日について〉

公開日は2020年ということしか今のところ情報はないようです。2019年7月にクランクインしているとのことなので、おそらく、2020年7月、8月以降ではないかと思われますが、あくまでも予想です。

〈キャストについて〉

・菅田将暉(高橋漣役)
アクション、コメディー、ラブストーリーからシリアスまで幅広いジャンルの作品に出演し、高い演技力と圧倒的な存在感を示してきた。また近年では、ドラマ、CM、バラエティーなど飛ぶ鳥落とす勢いの活躍を見せている。2017年には音楽活動を開始し、『見たこともない景色』『さよならエレジー』などを発表。また、同年に『あゝ、荒野』で第41回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

さまざまなキャラクターを高い演技力で演じ、日本を代表する若手俳優のひとりとして活躍を続ける菅田将暉さん。

「誰もが通る巡り合わせの遊歩道、糸。時に険しく、時に愉快な人間の性を、原曲へのリスペクトを忘れずに、仕合わせを掴み取る気持ちで挑んでいきたいなと思います。初めましての瀬々監督と、何度も共に闘ってきた小松菜奈というカップリングも純粋に楽しみです。どうか、良いめぐり逢わせでありますように。 」とコメントしています。

小松菜奈(園田葵役)

モデルとして活躍していましたが、「渇き。」で抜群の存在感を残し最近では女優としても数々の作品に出演している最も注目される若手女優の一人です。

2016年に「溺れるナイフ」で主演を果たし、今年も「沈黙 サイレンス」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」など、さまざまな作品で、存在感を示しています。美しすぎる容姿、透明感とミステリアスが混在した雰囲気、圧倒的な演技力で観る者を魅了します。その実力は確かで、日本アカデミー賞ほか数々の新人賞を受賞し、『沈黙 サイレンス』ではハリウッドデビューも果たしています。

「多くの人々に愛され続けてきた「糸」、今回その物語の一部として参加できることをうれしく思います。曲の世界観を大切に、中島みゆきさんの歌詞を心の中に感じながら、これからの撮影に臨みます。菅田さんとは何回か共演させていただき、過酷な撮影も一緒に乗り越えて来ました。そんな同志のような2人だからこそ紡ぎだせる空気感を大事に、一意奮闘しながら、丁寧に描いていきたいと思います。 劇中2人はそれぞれの人生を歩みながら、出逢いと別れを繰り返します。流れゆく時間の中で、仕合わせとは何か。その瞬間をしっかりと感じて、私らしい園田葵を演じられたらいいなと思います。今回の作品で私たちが、どんな糸で、どんな布を織りなすことができるのか、とても楽しみです。」
とコメントしています。

これまでに2人は「ディストラクション・ベイビーズ」「溺れるナイフ」などで共演を果たしており、今回が3度目の共演となるようです。息ぴったりな2人の壮大なラブストーリーは今から楽しみですね!

他のキャストに関してはまだ公開されていませんが「20人の名優と作り上げる」映画になると原案を担当した平野隆さんがコメントしていますので、かなり大々的な映画になるのではないでしょうか。

2020年公開の注目の映画ですね!!!