Pocket

ルパンの娘1話ではどんなところが面白かったのか、印象に残ったのか色々な方の意見をまとめていきます。

見逃し配信

ルパンの娘FODプレミアムで全話イッキ見することができます。初めて登録する人は31日間は無料視聴できて、無料期間中に解約しても違約金も必要ありません。FODプレミアムの解約は3分で終わる簡単な手順です。

ルパンの娘 1話の感想や評判

ツイッターのつぶやき

 

ルパンの娘の2話感想/おばあちゃんが有能すぎ!あらすじネタバレも

 

1話のあらすじネタバレ

図書館に勤める三雲華(深田恭子)は、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)の家族を初めて紹介されて、ガチガチに緊張している。和馬の父、典和(信太昌之)の口調は厳しく、母の美佐子(マルシア)も華の勤め先にガッカリした様子。和馬が公務員としか聞いていなかった華だったが、実は桜庭家は代々警察官の一族だったのだ。それを聞いて震え上がり、失神してしまう。さらに和馬が窃盗事件を扱う警視庁捜査三課だと知る。

和馬に送ってもらった華は平凡な一軒家に入って行く。和馬の車が去ると、その家からそっと抜け出し、タワーマンションの高層階へ。実はここが本当の三雲家だった。高級な猫を抱いた母の悦子(小沢真珠)、キャビアをつまみにワインを傾ける父の尊(渡部篤郎)、トラフグを調理中の祖母マツ(どんぐり)が華を迎え入れた。だが、猫もキャビアもトラフグも…他人様から失敬したものばかり。そう、三雲家は泥棒一家。華は和馬を諦めようと考える。

一方、和馬は典和に捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと言われる。和馬が三課の先輩刑事・巻(加藤諒)に相談すると、先祖代々家族全員が盗みの専門家“Lの一族”を捕まえろとアドバイスされる。決して尻尾を出さない、それでいて弱者からは盗みを働かない、まるで、“アルセーヌ・ルパン”のような大胆不敵な犯行から“L”がつけられる一家。和馬は彼らを捕まえる決心をするが、その一族こそ、華の家族・三雲家だった。

三雲家が新たに目をつけたのは、宝石窃盗団からの獲物の横取り作戦。目を輝かせる尊たちに華はうんざり。そんな華は円城寺輝(大貫勇輔)と会う。円城寺は華の幼馴染で、素性も知っている。円城寺自身も世界を駆け巡る泥棒だった。独り言のように恋人と別れなくてはと告げる華をなぜかミュージカルのように円城寺が盛り上げる。

華の心中を知らない和馬はデートに誘う。向かった先は宝飾店。和馬はすでに華との結婚を考えていた。と、そこに悦子が現れる。華の恋人と和馬を値踏みする悦子。仕方なく華は母親だと悦子を和馬に紹介した。和馬に買い物かと聞かれて、悦子は下見だと答えてしまう。華は慌てて和馬を連れ出そうとするが、悦子から食事に誘われてしまった。

向かった先の高級料理店には尊もいた。華は和馬の職業がバレないよう気がきではない。尊たちに支払いをしてもらい、土産まで持ち帰った和馬。美佐子は高級料理店での食事に疑問を持つ。すると典和は、すでに三雲家の素性は公安が調べているとさえぎった。また、和馬が土産を祖父の和一(藤岡弘、)に持って行くと、それをくれた女は諦めろと言われてしまう。

タワーマンションに帰ると、尊は、和馬は婿養子には出来ないと言い出す。華に泥棒家業を継ぐ気がないなら、婿をとって継がせるつもりだ。本来なら長男の渉(栗原類)が継ぐのだが、引きこもりでは無理と悦子はがっかりした様子。

そんな時、三雲家が狙う窃盗団が何者かに殺され、盗んだ貴金属が横取りされてしまう。ニュースを見ていた華は尊たちが殺したのかと驚くが、三雲家は殺人はしない。尊と悦子はこの事件の裏を知っているようだ。

和馬もこの事件を担当することになる。すると犯人が店内を下見していたらしいことが分かった。殺害された2人が実行犯だとすると、下見をしていたのが黒幕なのだろうか?和馬が襲われた店に防犯映像を借りに行くと、応対に出た社長は金剛丸修司(前川泰之)。和馬は、華たちと食事をした店に金剛丸がいたことを思い出す。和馬が宝飾店を出ようとすると巻から、殺害された男たちが龍崎組に出入りしていたと電話が入った。和馬は悦子に金剛丸と一緒にいた男は龍崎組の者だと言われたことも思い出す。と、背後から金剛丸に殴られ、和馬は昏倒してしまった。

尊と悦子は、金剛丸と龍崎組の関係を掴んでいた。そして、今回の事件は金剛丸と龍崎組組長(藤原喜明)の自作自演とも。強盗実行犯の2人はただの使い走りで、用が済んだら龍崎組の者に殺害された。貴金属は金剛丸の手に戻される。さらに、貴金属には盗難保険にも入っているので、保険金も取る算段だと憤る尊。尊は貴金属が運び込まれた龍崎組から盗むと意気込む。すでに、事務所には三雲家が仕掛けたカメラで見張られていた。華が覗き込むと一台の車がやって来る。男たちとともに降ろされたのは、拘束された和馬だ。華は和馬を助けて欲しいと尊たちに懇願。すると、尊と悦子は事務所に忍び込むには人数が足りないと言い出す。仕方なく、華は泥棒スーツに身を包んだ。

華たちは厳重なセキュリティーをかい潜り、エアダクトを使って貴金属が守られた組長部屋の天井にたどり着く。部屋には縛られた和馬と、奪われた貴金属の袋。尊は渉が作った小さなメカを駆使して陽動作戦に出て、部屋から組長と金剛丸、護衛の男たちを誘い出した。その隙に、華がロープを使って天井から音もなく降下。和馬に気づかれないよう手刀で気を失わせた華は縄を解き、貴金属を奪う。だが、天井に戻ろうとした時、護衛たちが戻ってきてしまった。意識を取り戻した和馬は、護衛を確保。だが、後から来た金剛丸に銃を突きつけられてしまう。和馬の危機に再び天井から降りた華は、金剛丸を撃退した。

タワーマンションで、組事務所のニュースを見る華たち。組長の部屋には密輸された大量の銃器も保管されていた。それが、セキュリティーが厳重だった理由だ。和馬は一連の事件解決の手柄を巻に褒められる。また、金剛丸が覆面をした何者かが現れたと証言していると伝える。声の主は女性。貴金属も奪われていたため、巻は“Lの一族”ではないかと話した。さらに、巻は公安から届いたと、三雲家の調査資料を和馬に渡す。

華と会った和馬は、三雲家を調べたことを正直に告げる。驚く華だが、調査では尊の仕事がハイパーソーシャルクリエイターと報告されていた。ホッとする華。すると、和馬は桜庭家が華の家族に会いたいと言っていると続ける。断ろうとする華だが、すでに典和、美佐子、元警察犬のドンまで来ていた。仕方なくダミーの家に桜庭家を連れて行く華。尊たちのタワーマンションには警報音が鳴り響いて…。

引用元:公式サイト

注目記事


ドラマ「ルパンの娘」のネタバレ・感想・無料動画などについて、こちらでまとめています。

過去の気になる記事をチェックして、ルパンの娘を楽しみつくしちゃいましょう。

ドラマ「ルパンの娘」のまとめ記事