Pocket

テレビドラマ「ルパンの娘」がはじまりました。

「初めて恋をした日に読む話」がヒットした深田恭子さんが、主演を務めます。

恋のお相手は、瀬戸康史さんです。

原作は同名の小説です。

しかし、テレビドラマ版の「ルパンの娘」には、原作に出てくる桜庭家のおばあちゃんがいません。

 

桜庭家のおばあちゃんとは

桜庭家のおばあちゃんとは、桜庭伸枝です。

原作の中では、桜庭家のおばあちゃんにまつわるエピソードが、重要なポイントになっています。

桜庭家のおばあちゃんが登場しないとなると、ドラマでは、この話は無いのでしょうか。

しかし、桜庭家のおばあちゃんにまつわるエピソードが無いと、物語は全く進展しないとも言えます。

このおばあちゃんがいない理由が、今後のドラマの展開のカギになるとも考えられます。

もしかしたら、今後、物語が進む中で、桜庭家のおばあちゃんが登場するかもしれません。

 

ルパンの娘の原作とは

テレビドラマ「ルパンの娘」の原作は、同名の小説です。

作者は、横関大さんです。

2015年8月26日に単行本、2017年8月8日に文庫本が刊行されています。

出版元は、講談社です。

2019年7月12日には、続編「ルパンの帰還」が、文庫化されています。

累計発行部数10万部を突破するヒット作です。

 

ルパンの娘の原作を書いた横関大さんとは

横関大さんは、1975年2月18日生まれ、現在44歳です。

小説家、推理作家として活躍されています。

2010年、「再会」で第56回江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビューをしました。

「再会」は、2012年にドラマ化されています。

フジテレビ系列の「土曜プレミアム」で、「大型ミステリー特別企画」として放映されました。

横関大さんの小説がドラマ化されるのは、この2012年のスペシャルドラマ「再会」以来です。

 

ルパンの娘のキャストは?

テレビドラマ版「ルパンの娘」のキャストは、桜庭家のおばあちゃんを除く、主要キャストは全て発表されています。

・深田恭子さん 三雲華役

三雲華は、代々泥棒一家Lの一族の娘です。

家族の誰よりも、盗みの才能を持っています。

しかし、家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため、図書館司書として働いています。

泥棒逮捕を仕事とする警察官の桜庭和馬と付き合っています。

・瀬戸康史さん 桜庭和馬役

代々警察一家の息子の役です。

自身も警察官で、泥棒を逮捕することが仕事です。

一方で、泥棒一家の華と付き合っています。

・渡部篤郎さん 三雲尊役

華の父の役です。

美術品専門の泥棒で、品のあるダンディーな男性です。

・小沢真珠さん 三雲悦子役

華の母の役です。

55歳という年齢を全く感じさせない、妖艶な雰囲気を持ちます。

宝飾品専門の泥棒です。

・栗原類さん 三雲渉役

華の兄の役です。

物を盗むわけではなく、情報を巧みに盗み出す引きこもりのハッカーです。

・どんぐりさん 三雲マツ役

華の祖母の役です。

どんな鍵でも、いとも簡単に開けてしまう敏腕鍵師です。

マツ役を演じるどんぐりさんは、アマチュア落語家です。

映画「カメラを止めるな!」で、大阪弁が印象的なテレビ局のプロデューサー役を演じ、一躍有名になりました。

・麿赤兒さん 三雲巌役

・藤岡弘さん 桜庭和一役

・信太昌之さん 桜庭典和役

・マルシアさん 桜庭美佐子役

・さとうほなみさん 新谷香役

・加藤諒さん 巻栄一役

・大貫勇輔さん 円城寺輝役

など、魅力的なキャストの方ばかりです。

 

ルパンの娘の放送は?

テレビドラマ「ルパンの娘」は、フジテレビ系で、毎週木曜22時からの放送です。

放送開始は、2019年7月11日からです。

テレビドラマ版「ルパンの娘」は、原作の魅力を存分にいかしながら、ドラマオリジナルの要素を加え作り出されることになると思われます。

ドラマの軸となっている華と和馬の恋愛模様、三雲家と桜庭家のそれぞれの家族ドラマ、「泥棒vs警察」の攻防戦やアクションが楽しみなところです。

ドラマでは、ミュージカルテイストも織り交ぜて、テンポよく話が進みます。

原作にあるミステリー要素、特に、桜庭家のおばあちゃんにまつわるエピソードは、登場するのでしょうか。