Pocket

海外でも人気の高い「ジブリ」は、皆さんもご存知ですよね?

トトロや魔女の宅急便、千と千尋の神隠しなど、多くの素晴らしい作品を世に送り出しているスタジオジブリと愛知県が協力して2022年の秋に新しいテーマパーク、その名も「ジブリパーク」を建設することが決まりました!!

ここでは、ジブリパークの完成予想図について紹介していきます。

 

 

ジブリパークの完成予想図

まずは、ジブリパークの全体像について紹介していきます。

 

ジブリパークの全体像は?

ジブリパークは愛知県長久手市にある「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」に建設予定です。

既に完成予想図も公開されていて、愛・地球博記念公園にあるもともとの森林や地形をそのまま残してジブリならではの自然の描写を再現できるよう構想されています。

また、ジブリパーク内は主に5つのエリアに分かれています。

テーマごとのエリア紹介は下記で紹介していきます。

 

ジブリパークの園内デザインや施設

青春の丘エリア (予定場所:エレベーター棟周辺)

1つ目に紹介するのは「耳をすませば」の世界観を表現した『青春の丘エリア』です。

ジブリパークのエレベーター塔周辺に建設予定で、主人公である雫が通う骨董品屋「地球屋」がモデルとなっています。

愛・地球博公園駅から公園北入り口をそのまま抜けた先にあり、「来場者を迎え、導くジブリパークの象徴」として整備予定です。

19世紀末の空想科学をイメージし、「ハウルの動く城」などの19世紀末の西洋建築の要素も加えた改正が行われるようです。

 

ジブリの大倉庫エリア (温水プール棟)

2つ目に紹介するのは『ジブリの大倉庫エリア』です。

2018年に営業が終了した温水プールの跡地が整備され、展示室や遊び場、売店や喫茶などの施設が集結する予定です。

もともとが温水プール施設だったため、雨でも天候を気にせず楽しむことができますね!

ジブリの大倉庫エリアは、あえて1つのテーマに絞らず、様々なジブリ作品の保管・保存をする「倉庫」らしさを演出できるように構成されています。

大人気「となりのトトロ」の猫バスなどのキャラクターもこのエリアに登場予定です。

 

もののけの里エリア (あいちサトラボ内)

『もののけの里エリア』は、名前の通り「もののけ姫」が表現されています。

農業体験をすることができる「あいちサトラボ」と一体になっていて、存分に自然を感じることができるエリアです。

主人公であるアシタカが住んでいたエミシの村やエボシが統治する精錬所のタタラ場の里山的な雰囲気を感じられるのが素敵ですね。

もののけの里エリアには、体験学習施設や休憩処などが整備される予定です。

タタリ神や乙事主(おっことぬし)のオブジェなどの配置予定なので、写真映えスポットにもなりそうですね!

 

魔女の谷エリア (大芝生広場近くにある未利用地)

愛・地球博公園内の大芝生広場近くにある未利用地を活用予定の『魔女の谷エリア』は、主に「魔女の宅急便」と「ハウルの動く城」の世界観が表現されています。

魔女の宅急便主人公であるキキが住んでいたオキノ邸や、ハウルの動く城でソフィーやハウルが生活していたハウルの城や荒れ地などが再現される予定です。

魔女の谷エリアにはレストランや休憩処などが整備されます。

ランチなどをして一息つくのにピッタリのエリアですね!

 

どんどこ森エリア (サツキとメイの家周辺)

サツキとメイの家周辺をリニューアルして新しくできるのが「どんどこ森エリア」です。

となりのトトロをイメージしたエリアで、懐かしい昭和の田園風景が再現される予定です。

既に公園内に設置されているサツキとメイの家に加え、散策路や映画で登場する社なども整備されるんだそう!

ちなみに、エリア名のどんどこはサツキとメイが映画内で早く芽がでるようにと踊っていた踊り、「どんどこ踊り」から名付けられました。

 

 

青春の丘エリア・ジブリの大倉庫エリア・どんどこ森エリアは開業と同時に開放されますが、もののけの里エリア・魔女の谷エリアは2023年に登場が予定されています。

5つのエリアが揃うまでが待ち遠しいですね!

 

 

まとめ

 

自然をテーマに、ジブリの世界観を忠実に再現すべく新たに「ECI方式」という設計段階から建設業者に技術協力してもらう方式を採用したことでさらに大きな期待がもてそうですね!

ジブリファンの人はもちろん、ジブリ作品に詳しくない人でも自然豊かなジブリパークを楽しむことができそうです。

開業前に、1度ジブリ作品を見直してみるとさらに楽しむことができるかもしれません。