Pocket

菅田将暉 LIVE TOUR 2019 “LOVE”が8月24日福岡を皮切りにスタートしますね♪

待ち遠しくて~ってファンも多いはずです。

そんな人は、ライブ前に会場をチェックしておくのもいいですよ!

特に座席表は、アルファベットや番号である程度どの辺りかわかるので、チェックしておくと会場入りした時に慌てる必要がなくなります。

今回は、地域別の会場の詳細と座席表を予想していきます。

菅田将暉ライブ2019の座席表

福岡

  • 8月24日(土)
  • 福岡 Zepp Fukuoka
  • 福岡県福岡市中央区地行浜2-2-1
  • 座席数  スタンディング時 1,526人

(1階 スタンディング 1,226人、2階 スタンディング 176人、2階 座席 105人、車いすエリア 19人)

座席表

⇒詳細はこちら

Zepp Fukuokaは、2018年にオープンしたライブ会場で福岡では最大規模の人数が収容できる会場になっています。
ロッカーの数も建物外に270個、建物内に330個用意されています。

名古屋

  • 8月29日(木)
  • 愛知 Zepp Nagoya
  • 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-7
  • 座席数  スタンディング時 1,864人

(1階 スタンディング 1,600人、2階 スタンディング 72人、2階 座席 192人)

座席表

⇒詳細はこちら

Zepp Nagoyaは、前方がほとんどフラットになっていて、最後尾付近に柵がありその部分は段上になっています。
段上の部分はやはり見やすい位置となっているので、混雑が予想されます。

大阪

  • 8月31日(土)
  • 大阪 Zepp Osaka Bayside
  • 大阪府大阪市浪速区敷津東 2-1-39
  • 座席数 スタンディング時 2,801人

(1階 スタンディング 2,351人、2階 座席 310人、2階 席後方立見 140人)

座席表

詳細はこちら

Zepp Osaka Baysideは、国内でも最大級規模の人数が収容できるライブ会場になっています。

そのため、柵が多いという情報もあるので、この柵の後ろに位置づけたら、結構よく見えるという情報もあります。

東京

  • 9月5日(木)
  • 東京 Zepp DiverCity TOKYO
  • 東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ
  • 座席数 スタンディング時 2,473人

(1階 スタンディング 2,107人、2階 スタンディング 152人、2階 座席 214人)

座席表

⇒詳細はこちら

Zepp DiverCity TOKYOでは、2階席の人気が高いです。

1階のフロアは前方はフラットになっていて、段上は2ヶ所あります。

段上は見やすいので、その場所に集中するので混雑が予想されます。

おすすめの場所は?

どの会場も整理番号順での入場になっています。

1番から順番に呼ばれるのですが、人数が多いため十数人単位で呼ばれるのが通常です。

自分の番号が早い番号なら最前列の可能性が高いです。

どの会場も約40~50人程は最前列に並べるので、入場したらダッシュでセンターを確保しましょう。

しかし、それ以降は見やすい位置である段上スペースも人気なので、番号が後ろの人は最前列は捨てて段上にダッシュしてもいいと思います。

それも・・・無理な番号な場合は、センターはあきらめスピーカー付近に場所を取り斜めから見るようにするといいですよ。

まとめ

菅田将暉のライブは、ほとんどがスタンディングスタイルになっています。

そのため、整理番号順での入場になります。

番号の早いチケットをゲットできた人は、前で見れるのは間違いないので、入場時間に遅れないようにしましょう。

また、遅い番号の人はしっかり菅田将暉を見れないかもしれませんが、同じ空間で楽しい時間を過ごすことができます♪