Pocket

 

24時間テレビのドラマスペシャル「絆のペダル」

 

出演する俳優は誰なのか気になりますね!

 

そこで、どのようなキャストが選ばれたのかまとめていきます。

 

絆のペダルのキャストは誰?

主演:宮澤崇史(相葉雅紀)

 

伝説の自転車プロロードレーサー・宮澤崇史さんになりきって、相葉さんが演じます。

役どころ

小さいころから自転車が早いことで有名でした。母親は崇史が頑張っている姿をいつも励ましてくれた。そのおかげで崇史は自転車に夢中になり、自転車乗りとして実力をつけていくことになります。しかし、悲劇は突然現れます。もう少しで日本一が取れそうだというときに、母親が倒れてしまいます。なんと、肝臓が悪い。このままで命に係わるかもしれないと思われたため、崇史は自分の肝臓を母親にわかます。その後、母は助かりますが、自信の力が急激に落ちていました。それをどのように上げていくのか、母と約束した「日本一になる」はかなえられるのか・・・

宮澤純子(キャスト未定)

崇史の母。崇史が6歳の時に夫を亡くし、公務員として働きながら女手一つで崇史と姉、二人の子供を懸命に育てていく。忙しい合間を縫って、崇史のレースに駆け付け、息子の活躍を全力で応援し支え続けた純子。その姿は、いつしか崇史の闘い続ける「目的」となっていく。

そんな中、純子は2001年に肝臓を患い、余命12年という宣告を受けてしまう。崇史はすぐに、選手生命に大きな影響があるにも関わらず、生体肝移植を申し出たが、病気のせいで息子の夢を断ちたくないと、純子は一旦、拒否してしまう。しかし、崇史が「手術をした上でも、日本一になる」という決意を告げたことで、移植を受け入れ、無事、一命を取り留める。その後、周囲が「不可能」と言う状況の中でも、息子の「日本一」を信じ、懸命に応援し続けた純子。息子を信じ、未来を信じ、その絆で『夢』を支え続けた強き母。

 

絆のペダルのあらすじ

走行距離200km。最も過酷なスポーツとも言われる「ロードレース」。

その世界で“ある奇跡”を成し遂げる人物がいた。男の名前は、宮澤崇史。幼い頃、母と約束した日本一。プロとなり、苦難乗り越え、あと少しでその夢が叶う。

そんな時、母は肝臓を患い倒れてしまった。その命を守るには、生体肝移植が必要だった。しかし、その手術を受けることは、選手生命を失うことと同義であった。

誰もが「不可能」と言う中で、男と、その母だけは“諦める”ことをしなかった。