Pocket

ラグナシア

 

 

愛知県蒲郡市にある複合型リゾート、「ラグーナテンボス」をご存知でしょうか?

ラグーナテンボスでは、パーク内にあるそれぞれの施設で、遊ぶ・食べる・買う・見る・体験する・憩うなど様々な楽しみ方ができます!

今回は、そんな中でも夏限定でプールやビーチを楽しむことができる「ラグナシア」&「ラグーナビーチ」について紹介していきます!

 

ラグナシアのプールの混雑や待ち時間は?

夏休みやお盆より9月がねらい目

混雑して待ち時間が伸びてしまうのは下のような条件にハマってしまう時ですね。

 

  • 平日よりも土日祝日が混雑
  • 午前11時~午後15時の間
  • 夏休み期間
  • お盆の期間

 

この条件ぜんぶハマってしまったら一番混雑すると考えられます。

 

日陰で休憩できる場所は朝から場所どりしないかぎりとれませんよね。

炎天下で直射日光の当たる場所でしかいられないのは、体にも悪いです。

 

滞在時間を考えながら、何時にラグナシアへ行ったらよいのか考えておくといいですよ。

断然、朝イチですけどね!

 

とは言いながらも、どれくら人がいるのって想像がつきにくいものですよね。

そこで実際に行った人の口コミをチェックしてみました。

 

 

2018年の8月、しかも週末でお盆近くに行っている人の口コミもありましたね。

 

混雑具合を見てみると確かに混んでいますね~

 

プールに入ることは全然問題なさそうです。

長島スパーランドのプールに比べれば空いてるっていえそうですね。

 

混雑は結構あるけど、まだ許せるレベルかなって感じました。

 

この混み具合が、最高レベルなら全然いってみるのはありですね!

 

 

アトラクションの待ち時間についても調べてみましたが、悪い感想が見当たらなかったのでそこまで待つ必要はないのかなと感じました。

多少は待つと思いますが、そんなに待たずに遊べられるのだと思います。

 

そうはいっても疲れるよ・・・

 

帰ることまで考えると体力を残しておかないといけないですよね。

体力がある人はいいんですが、私のようにちょっと弱いと・・・

 

「ホテルで泊まって明日帰りたいなぁ」

 

って思いませんか?

 

ホテルのベッドでぐっすり寝てから家に帰る方が、体力だけでなく、気持ち的にもいいですよね。

 

疲れた体で眠くなって家族を失うことになったら最悪

それに、高速で子供がぐずるのもいやですよね・・・

 

そんな人はラグーナ(ラグナシア)の近くにもホテルはあるので、試してみてもいいかも。

夜遅くまで思いっきり遊んで次の日に楽しく変えるならおすすめです。

 

探しやすいホテル予約サイトはるるぶ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

るるぶ

 

 

ラグナシアへのアクセス方法や駐車場は?

 

ラグナシアまでは、JR蒲郡駅から1時間に2本のペースで無料シャトルバスが運行しています。

約15分でラグナシアまでいけるため、こちらを利用すると便利です。

また、7/13(土)~15(月)、20(土)、21(日)、27(土)、28(日)は無料シャトルバスが増便するため、さらにアクセスが便利になります。

 

ラグナシアには駐車・駐輪場もあり、乗用車は約1,000台、バス約20台、二輪車約100台収容可能です。

バスと二輪車に関しては無料で利用することができますが、乗用車のみ1台あたり800円の駐車料金がかかります。

※7月13日(土)~7月15日(月)、7月20日(土)~9月1日(日)の期間中は1台1,000円

 

 

ラグナシアではプールとアトラクションを満喫♪

オープン期間

毎年夏の時期にはプール施設がオープンするラグナシア。

今年は2019年6月29日(土)から9月24日(火)までの開催が決定されています。

 

ラグナシアプール

ラグナシア内には6つのプールがあり、定番の波のプール・流れるプール・センタープール、温水ジャグジーとウォータースライダーも!!

そして、今年2019年7月13日(土)には新施設「ジュラグーン(ウォーターアトラクション)」が登場します!

ジュラグーン誕生のストーリーは「ラグナシアの遺跡に古代恐竜の骨が発掘された。いつしか、そこに水が流れ、植物が自生し、小さな恐竜や動物、人々が集うアドベンチャーワールドが生まれた。」と書かれていました。

施設内ではスライダーやターザンロープ、スリリングつり橋などが水着のまま楽しめます。

子供が全力で楽しめそうな、期待の新キッズプール施設ですね!

夏季以外も営業しているラグナシアプール周辺のアトラクションも水着のまま楽しむことができますよ。

※アトラクションによっては水着の上からTシャツなどの着用が必要な場合があります

⇒詳細はこちら

ナイトプール

近年人気が高まっているナイトプールも7月6日(土)からオープンしています。

ナイトプールでは大人だけでなく、こどもも楽しめる点や花火も見られる点から、若い人たちだけでなくファミリー層にも利用されています。

ラグナシアのナイトプールは22時00分まで営業しており、昼間とは違ってライトアップされたナイトプールならではの雰囲気を楽しむことができます。

映え写真が撮れるフォトスポットや、予約をすることで利用できるナイトチェア(休憩場)なども用意されています。

大人だけが楽しめるPOOL PARTYの開催も予定されているため、大人だけの特別な空間を楽しめるのも魅力的ですね!

ナイトプールに入りながら楽しめる「花火スペクタキュラFLAME(フレイム)」は、夜空を色とりどりの壮大花火が音楽や照明・レーザーのショーエフェクトとコラボし大きな盛り上がりを見せてくれます。

※花火スぺキュタクラFLAMEの詳しい開催日については公式サイトよりご確認ください。

⇒詳細はこちら

 

ナイトプールの混雑具合はこんな感じです。

 

 

混んでいると言えば混んでるけど、そこまでではないですね。

 

プールの上でプカプカ浮きながら楽しむにはこれくらい空いていないと楽しめないですよね!

 

ラグーナビーチで海も楽しむ!

 

ラグナシアと同じく、ラグーナテンボス内にあるビーチ、「ラグーナビーチ」では、海上ウォーターパーク&ビーチパークで海を楽しむことができます。

 

海上ウォーターパーク

ラグーナテンボスの海上ウォーターパークは日本最大級と言われていて、万が一海に落ちても安心の救命胴衣(無料貸し出し)が用意されています。

今年は新アイテムが登場するとのことで、こちらも注目を浴びています。

会場で遊べるビーチバレーコートやスライダー、とっても楽しそうですよね♪

海の上に浮かぶふわふわのアトラクションは波が押し寄せるたびに不安定にゆれてスリル満点!!

大人も子供も思いっきり落ちて滑って楽しめますね(笑)

公式サイト

ビーチパーク

ビーチパークまでは、ラグナシアから歩いて3分、水着のまま移動することができます。

ビーチパークでは、2種類のスライダーやビーチアスレチックなどを楽しむことができ、新しく青の洞窟や砂浜の上のビーチコートなども増えるため、ますます楽しみが広がりますね!

このビーチパークで特にオススメしたいアトラクションが「モンスタースライダー」です!

モンスタースライダーは、高さ16mにも及ぶスライダーを一気に滑るスリルを楽しむことができる、大人にも大人気のスライダーです。

スライダー頂上部へと登っていく階段も不安定で、モンスタースライダーに乗ると決めた瞬間からドキドキ感を楽しめます♪

公式サイト

 

ラグナシアウォーターパークには子供の年齢制限はある?

 

ラグナシアウォーターパークは、基本的に小さなお子様でも楽しむことができますが、一部のアトラクションや施設には年齢制限が設けられています。

年齢制限のあるアトラクション&施設について以下にまとめました。

 

ラグナシアプール スライダー 身長120cm以上
ナイトプール ジョイアマーレの浜辺 16歳以上限定
ナイトチェア
プールパーティー
海上ウォーターパーク 施設内 小学4年生以上
体重100kg以下
ビーチパーク モンスタースライダー 中学生以上
クイーンスライダー 小・中・高校生で身長130cm以上のみ
ビーチハイウェイ 小学生以上
ビーチアスレチック 3歳以上
キッズプール 3歳以上・小学生以下
ジャンプ 小学生以上・中学生以下
テッキュー 3歳以上
青の洞窟 3歳以上
ビーチバレー 3歳以上

 

 

ラグナシアプール利用料金

 

ラグナシアプールの利用料金について以下にまとめました。

 

プール付入場券(入園+プール利用/2019年6月29日~9月24日まで販売)

大人(高校生以上) 中学生 小学生 幼児(3歳以上)
3,300円 3,000円 1,650円 1,150円

 

【5周年記念キャンペーン】

プール付パスポート(入園+プール利用+対象アトラクション利用/利用期間6月29日~8月9日)

大人(高校生以上) 中学生 小学生 幼児(3歳以上)
4,900円 4,600円 3,400円 2,750円

 

ナイトプール付入園券(17:00からの入園+ナイトプール利用/2019年7月6日~期間限定)

大人(高校生以上) 中学生 小学生 幼児(3歳以上)
1,950円 1,850円 1,100円 800円

 

ナイトプール付パスポート(17:00からの入園+ナイトプール利用+対象アトラクション利用/2019年7月6日~期間限定)

大人(高校生以上) 中学生 小学生 幼児(3歳以上)
3,650円 3,550円 2,450円 1,850円

 

プール+ナイトプール付入園券(入園+昼・夜プール利用/2019年7月6日~期間限定)

大人(高校生以上) 中学生 小学生 幼児(3歳以上)
3,600円 3,200円 1,850円 1,350円

 

【5周年記念キャンペーン】

プール・ナイトプール付パスポート(入園+昼・夜プール利用+対象アトラクション利用/利用期間6月29日~8月9日)

大人(高校生以上) 中学生 小学生 幼児(3歳以上)
5,200円 4,800円 3,600円 2,950円

 

 

ラグナシアウォーターパークの口コミは?

 

最後にラグナシアウォーターパークの口コミを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はまだオープンしたばかりなので去年以前のものも混ざっていますが、皆さん満喫されている様子ですね。

ラグナシアではたくさんのイベントも開催されているため、プールだけでなくそちらも楽しんでいる方も多くいらっしゃいます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ラグナシアウォーターパークには今年新しく登場するアトラクションなども多く、ますます盛り上がりを見せる期待がもてるリゾート施設です。

 

家族連れでも友人・恋人とでも、誰と行っても楽しむことができるでしょう。

 

混雑は避けられないかもしれませんが、ぜひみんなで大はしゃぎしてみてください!!