Pocket

 

滋賀県日野町にある農業公園、ブルーメの丘をご存知でしょうか?

酪農・ふれあい・体験をテーマに自然を楽しみ感性を育てるコンセプトをもつブルーメの丘に、今年2019年3月1日西日本最大級のドイツ製巨大アスレチック施設「アルプスジム」がオープンしました!

高さ17mにも及ぶ壮大なアスレチック施設「アルプスジム」の混雑状況や年齢制限、実際に訪れた人々の口コミについて調べてみました!

 

混雑状況や駐車場の有無は?

アルプスジムの混雑

春休みやGW中などのシーズン中、お昼には受け付けが終了してしまったというアルプスジム。

これは夏休み期間中などもかなりの混雑が予想されますね…。

 

 

アルプスジムの利用は当日受付のみで、先着順で利用することができます。

 

1回ごとに時間が決められているアルプスジムは、1度に案内できる人数が限られており、すべてのスタート枠が埋まり次第受付は終了してしまうので注意してください。

 

  • キッズコース: 1回10分くらい(未就学児は保護者の同伴(無料)OK)
  • アルプスコース:利用時間は60分、身長125㎝以上、体重120㎏以下が必要

 

このように大体時間が決まっています。

 

ですから、遊べないってことはあまりなさそうですね。

 

実際に遊んでいるところを見ても、そこまで人もいないし、同伴者が中に入れるくらいなので遊べないで困るってことは少なそうですね。

 

 

アスレチックが始まるとアルプスジム最大の特徴と言われる「クライミング・アトラクションの選択の自由」によって、従来のアスレチックのように人がクリアするまで先に進めないということが起こらないようになっているため、待ち時間なく楽しむことができるようになっています。

受付さえ済ませてしまえば、渋滞なしでスムーズにアスレチックが利用できるということですね!

 

アルプスジムはブルーメの丘の中でも非常に人気が高いと言われています。

確実にアスレチックを楽しみたいなら午前中、可能であれば開園してすぐにアルプスジムの受け付けに向かうようにしましょう。

シーズン中や土日祝日は混雑は避けられないですが、反対にoffシーズンの中日などは比較的空いているためゆっくり行ってもアスレチックを楽しむことができるでしょう。

 

駐車場の混雑

アルプスジムはブルーメの丘内に併設された施設のため、無料駐車場を利用することができます。

乗用車約3000台、大型バス約60台駐車可能な広々とした駐車場なので、車で訪れる人も安心ですね。

その他、土日祝日限定でブルーメの丘から日野駅間を無料シャトルバスが運行しています。

レトロな雰囲気のオシャレに乗るチャンスは一日に4回、こちらを利用するのもいいですね。

 

ブルーメの丘はそこまで混雑するということはないみたいなので、すいすい楽しめそうですよ。

 

アルプスジムとは

 

4つの層からなるアルプスジムには、難易度の低いキッズコースとアルプスコースが用意されています。

それぞれのコースについて調べてみました!

 

キッズコース(1層)

 

キッズコースは平均体験時間10分の、難しい操作を必要としないお子様向けのコースです。

アスレチックの高さも1.2mと低めなので、安心して遊ばせることができますね。

キッズコースの利用制限は3歳以上、身長100cm以上140cm未満、体重40kg未満となっています。

※未就学児については保護者の同伴(無料)が必要となります

 

アルプスコース(2層~4層)

 

アルプスコースは利用時間60分(安全器具、安全講習時間含む)の、大人も楽しむことができる本格的なコースです。

アスレチックの高さはキッズコースとはケタ違いの3m~15m!!

アルプスコースの利用には、承諾書の記入(18歳未満の方は保護者のサインも)が必要です。

アルプスコースの利用制限は身長120cm以上、体重120kg未満となっています。

※140cm未満または、小学生の方は保護者の同伴(有料)が必要となります

 

利用料金は?

 

各アスレチックコース、展望台の利用料金について以下にまとめました。

 

コース名 対象 料金
 

アルプスコース

一般(中学生以上) 3,000円
小学生 2,000円
学割 2,500円
キッズコース 一回 600円
展望デッキ おひとり様 300円

※学割対象者は中学生~大学生(短大・専門学校生を含む)で、利用には学生書の提示が必要となります

※表記は全て税込料金となります

※展望デッキへの入場は2歳まで無料です

 

展望デッキとは、アスレチック最高所よりもさらに高い位置にあり、階段を利用して登ることができます。

デッキからはアスレチックを上から見たり、ブルーメの丘の景色を一望することができます。

家族で訪れて、おじいちゃんおばあちゃんが子供を応援するのにもよさそうですね!

展望デッキへの入場には特に年齢制限はありませんが、10歳以下の方が利用する際は保護者の同伴(有料)が必要です。

展望デッキへの立ち入りは、アスレチック体験時のハーネスを装着した状態ではできないため注意してください。

 

 

アルプスジムの口コミは?

 

実際にアルプスジムを訪れた方々の口コミについて調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンしてからまだ4カ月ほどですが、既にたくさんお方々が訪れているようですね!

皆さん、その高さとハードさとスリルに苦戦している様子です。

60分という時間制限があるため、物足りないと感じる方もいらっしゃいました。

実際にアスレチックに挑戦すると、想像以上の高さに足がすくんでしまったという声も挙げられています。

2019年7月1日時点では最難関と呼ばれる地上17mの「キャンパスボート」というアトラクションクリア人数はなんと20人未満、まだまだ少ないようでした。

クリアした人たち凄すぎです!!

また、体験したことのない人からは「行ってみたい!」「楽しそう!」といった意見が多くみられました。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

本格的なアスレチックを楽しむことはもちろん、子供連れのファミリーでも楽しむことができる「アルプスジム」。

普段運動不足の人が身体をめいいっぱい動かすことはもちろん、体を鍛えている人が己の体力・筋力を試すのにももってこい!!

展望台からブルーメの丘を一望して癒されるのもいいですね。

ブルーメの丘は、アルプスジム以外にも楽しめる施設・イベントがたくさんあるので夏のお出かけにもピッタリです!

広々とした公園で、朝から晩まで遊びつくしましょう!