U-NEXT
Pocket

 

五輪チケットの2次抽選がいつまで購入できるのかについてまとめていきます。

 

その他にも、

 

  • 申込方法
  • 倍率
  • 当選後の手続き
  • 外れてしまったら

 

についても解説していきますのでご覧になってみてください。

 

五輪チケット2次抽選はいつまで?

申込期間

現在確定はしていませんが、これくらいのスケジュールになるのではないかと予想しています。

 

2次抽選期間:7月9日10:00~8月11日23:59

※値段や座席はこちらから見れます

 

1次抽選期間は申込期間が5月9日~5月28日でしたが、前回最後の方に購入する人が多く、サーバーが重くて購入できなかった人もいます。

 

そういったトラブルも考えると、販売期間を多少伸ばすのかなと予想しています。

 

そのため、上記の期間が申込期間になるのではないかと予想しています。

 

申込方法

  • TOKYO 2020 ID登録⇒こちら
  • 東京2020オリンピック公式チケット販売サイト⇒こちら
  • チケット購入
  • 行きたい競技
  • 日程・エリア・開場を選択
  • チケット値段を確認
  • 座種・タイプ・枚数を選択
  • 電話認証
  • 登録情報を入力
  • 利用規約にチェック

 

これで購入完了です。

座席を選ぶ時にカスケードという項目も出てきます。

これは是非チェックしておいてください。

 

取りたいチケットが外れても1ランク下の座席なら再抽選してくれるのでチャンスが2倍になりますからね。

 

五輪チケット2次抽選の抽選結果

いつわかる?

2次抽選の抽選結果は抽選結果は9月3日ごろ発表になると予想しています。

 

1次抽選では抽選結果6月20日でしたが、2週間遅れると考えてこの日程と予想しました。

 

そして、抽選結果が発表されるのは発表日の午前2時ごろと予想します。

 

1次抽選の時も午前2時ごろに発表していました。

 

そして、朝8時にサイトで抽選結果を確認しようとすると、たくさんの人が確認しようとし過ぎて、確認できるまでに1時間かかったとか。

 

結果を早く知りたくなってしまうので仕方ないですが、大混雑することは予想しておいてくださいね。

 

当選確率は?

かなり低いと考えておいてください。

 

それこそ5%=20分の1くらいに・・・

 

チケットの倍率は一概に言えるものではないので、これくらいということはできません。

 

日程や競技などによって大きく左右されるからです。

 

TOKYO2020IDを登録している人が580万人くらいと言われていますが、この人数だけで素直に計算しても意味わからないですよね。

 

それに、1次抽選で落選した人は当選確率を上げてくれるようです。

 

おそらく、TOKYO2020IDで1次抽選を落選した人が分かるので、2次抽選も同じIDで抽選を申し込めば、2次抽選の当選確率が自動的に上がるということになるのではないかと考えています。

 

ですから、1次抽選に落ちたからと言ってID情報を忘れてしまうとこの恩恵をもらうことができなくなるかもしれません。

 

もし忘れてしまった人は今からIDを忘れた人のフォームから再度わかるようにしておいてくださいね。

 

当選後の手続き?

9月26日くらいまでにチケット発券手続きが必要になると予想します。

 

1次抽選の時は2019年6月20日抽選発表で7月2日23:59までに当選者は購入手続きが必要でした。

 

そして当選した後は、下記の5つのコンビニに行って行ってください。

 

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

 

お近くにあるコンビニで大丈夫ですよ。

 

もしはずれたら

次のチャンスを待ちましょう

別の機会としては下記の方法でオリンピックのチケットを手に入れる方法があります。

 

  • 先着販売 2019年秋以降
  • 直前期販売 2020春以降
  • リセールサービス 2020年春以降公式サイトオープン
  • 旅行会社のチケット販売

 

旅行会社によって発売期間や抽選日が違うのでチェックしてくださいね。

 

応募期間 当選発表
JTB 7月24日12時~年8月15日12時 9月中旬
近ツー 7月24日10時~9月6日16時 9月下旬
東武トップツアーズ 2019年夏頃 未定

 

各社のオリンピック公式サイトはこちらからチェックしてみてください

 

★⇒JTB

★⇒近畿ツーリスト

★⇒東武トップツアーズ