Pocket

最近は、漫画や小説原作の実写映画が流行っていますが、今回は2019年9月20日全国ロードショーの「初恋ロスタイム」主演の板垣瑞生(みずき)さんについて調査しました。

今作は、2016年に刊行された仁科裕貴さんによる同名小説「初恋ロスタイム」を原作としており、監督は「俺物語」や「チア☆ダン」を手掛けたことで知られる河合勇人監督です。

時が止まる不思議な時間「ロスタイム」をめぐる物語をどのように仕立て上げるか期待が高まりますね。

 

初恋ロスタイムの相葉考司(板垣瑞生)の役どころは?

「初恋ロスタイム」で主人公の相葉考司を演じたのは、本作が初主演となる板垣瑞生さん。ぱっちりとした二重が特徴の、甘いルックスのイケメン板垣瑞生さんは全国ホールツアー全公演即完売の人気7人組ボーカルユニットM!LKのメンバーで、これまでにも「響-HIBIKI-」やNHK総合「精霊の守り人」の演技でも注目を集め、映画デビュー作『ソロモンの偽証』で日本映画批評家大賞新人男優賞受賞をするなど、その演技が高く評価され、今年は本作以外にも『僕に、会いたかった』、『ホットギミック』、『超・少年探偵団NEO -Beginning-』と、3本の出演作を控えている今一番熱い若手俳優さんです。そんな板垣瑞生さんが今回演じる相葉考司は、ある日授業中<自分以外のありとあらゆるものがピタリと静止する>という不思議な現象に遭遇するようになった浪人生です。この静止の描写がとっても幻想的で、いっきに世界観に引き込まれてしまいます。その自分以外は何もかも止まる時間の中で、戸惑いながらも街へ飛び出すと、自分以外で唯一動くことが出来る少女・篠宮時音と出会います。ヒロインである、時音を演じるのは歴代最年少でホリプロスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」を受賞した吉柳咲良さんです。吉柳咲良さんは、本作が初めての映像作品となり、ミュージカル経験を活かした演技にも期待が高まります。自分たち以外止まった時間の中で二人は毎日同時間に1時間だけ時が止まるその時間を「ロスタイム」と名付けます。「ロスタイム」の1時間の間二人はデートをする約束をし、仲を深めていき、距離を近づけています。「ロスタイム」の1時間だけ会う他の人には決してわからない、二人だけの秘密の青春という独特の世界観がとっても素敵です。この、「ロスタイム」のなかで、時音と過ごしていき、母の死から医者になる夢を諦めかけ毎日を無気力に生きていた考司は変わっていき「ロスタイム」以外でも時音に会いたいと思うようになります。それを時音に告げると「もう会えない」と告げられます。「ロスタイム」の中でだけ会ってくれる彼女、どうして「ロスタイム」の間考司と時音だけが動くことが出来るのか、告知CMでは考司の青年時代を演じる竹内涼真さんが「ロスタイム」の謎について言及するシーンがあり「初恋ロスタイム」の物語のカギを握る「ロスタイム」について大変気になる内容となっています。“静止する時間の中の隠された真実―”という記述もあり、ロスタイムに振り回される二人の恋の行方や、「ロスタイム」とはいったい何なのか気になって仕方ありません。

 

まとめ

今をときめく板垣瑞生さん主演「初恋ロスタイム」。今までになかった世界観の恋愛小説を、青春映画を数々手掛けてきた監督が手掛ける誰も想像できない、青春ラブストーリー作品となっています。実写化が苦手な方でも、今作は役柄・俳優ともにフレッシュで瑞々しく等身大で演じており期待大です。過去と現在と二つが組み合わさり、少しずつ謎が解き明かされていき物語は「奇跡」へと向かっていきます。「ロスタイム」とはいったい何なのか、二人の恋はいったいどうなるか切ない感動をぜひ劇場で味わってみてください。