Pocket

 

 

2005年にChim↑Pom(チンポム)は、エリイ・林靖高・水野俊紀・岡田将孝・卯城竜太・稲岡求の6人組で結成されています。毎週サイゼリアで打ち合わせをする程の仲良しグループです。

グループ名前のChim↑Pom(チンポム)の由来は、「チンポムなんて恥ずかしくて言えない名前だけど、グループ名を言った時に女性がクスクス笑った事で、この名前面白いかも!ってなって付けた」とコメントしています。

今回は、個性とセンスが凄過ぎるChim↑Pom(チンポム)のエリイについて、調べてみました。

★⇒映画「ダイナー」にも出演!!

エリイ(Chim↑Pom)のwikiプロフィール

1984年生まれの現代美術作家のエリイは、始めの頃は、自ら体を張っていました。

そして、ピンクのゲロを吐き続ける事で、アート界にデビューします。

エリイの所属事務所は、無人島プロダクションになります。

 

 

幼少時代から、何にでも「それって合ってる?」・「それは何で?」と疑問だらけの子供でした。

お嬢様学校に通っていたエリイは、問題児でした。規律が厳しい学校だったので、かなり大変だった様です。そんな高校時代に行った現代美術の国際展覧会の横浜トリエンナールで、衝撃的な出会いがありました。

ここの美術作品こそが、エリイの疑問だらけの心のモヤモヤを救ってくれた存在でした。

 

 

この事がキッカケとなり、美術大学を受験しようと決意しました。

制作のキッカケとなったのは、中2の時に地雷撤去しているダイアナ妃のシーンを観た時に、自分もやりたいなと思ったのが、キッカケになりました。

見る角度によって全く意味が変わってくるのが、現代美術の魅力だと言っています。

 

 

2010年にA s i a A r t A w o r dと言って、アジアの最優秀若手作家を決めるのがありまして、見事に日本代表に選ばれました。

2014年には、歌舞伎町の経営者である元ホストのジゴロと言われている手塚真輝と結婚しています。     「Love is Over」と名付けた盛大な路上結婚式を挙げ、新宿をデモ行進の様に行ったので、警察も出動しました。

ゴミ袋で作ったウエディングドレスにも注目して下さい。

 

 

旦那の手塚真輝とは、2015年の7月号の「Tokyo graffiti」の雑誌に2人で登場しています。

出逢いや2人のライフ生活などの話もしています。

いつもニコニコしているエリイが好きだと、旦那の手塚真輝はコメントしています。

 

エリイ(Chim↑Pom)の経歴

・2005年にChim↑Pomを結成します。

・2009年に広島の原爆ドームの上空で、飛行機を利用して「ピカッ」という文字を飛行機雲で作った事で、問題になりました。

・2010年に初作品集が出版されます。

・2011年には、明日の神話の壁画に絵を付け足した事で問題になりました。

・2014年に写真集を出版し、「KANE-ZANMAI」をオープンします。

・2015年に若手作家に送られる「プルデンシャル・アイ・アワード」で大賞し、ロンドンで個展が決定します。

 

まとめ

Chim↑Pomのエリイは、見た目は派手で渋谷にいるギャルの様ですが、やった事がない事をやりたい欲求が強いと自分でも思う程幼少期からアートの才能をもつエリイです。

他の人が発想しない様なアイディアから数々の作品を作ってきていて、一般の人からすればドン引きする人もいますが、アート業界からは、高い支持を受けて評価されています。

Instagramを見ても、沢尻エリカ・二階堂ふみ・斎藤工・綾野剛など、芸能界にも幅広い交友関係が分かる画像が掲載されています。

思いっきり人生を楽しんでいる裏表のないエリイだから、皆んなに愛されているんでしょう。

まだまだエリイは、様々な事に挑戦し、前へ前へと進みます。エッと驚く作品を作り続けるエリイに注目して下さい。