Pocket

 

 

マドモアゼル・ユリアというモデル、DJ、デザイナーの方が

今人気なんですね。

そこでどんな方なのかご紹介していきます。

 

★⇒映画「ダイナー」にも出演!!

 

マドモアゼル・ユリアのプロフィール

モデル、DJ、デザイナーと3役をこなされる、いわば

スーパーウーマンといえるでしょう!

 

 

生年月日は不明ですが、年齢は24歳とのことです。

 

 

ユリア社長という名前ですが、本名の下のお名前が

「ゆりあ」というので、そこからユリア社長とか

マドモアゼル・ユリアとか呼ばれるようになったみたいです。

 

 

出身は兵庫県とのことですが、話し方はきつい関西弁ではなく、

いたって穏やかな関西弁を話されるようですよ。

 

 

身長はモデルなので高身長ですが、具体的に何センチなのか

不明です。情報が載ってないようです…

 

 

趣味は読書のような感じですが、料理もお上手そうです。

ご自分で色々アレンジするのがお得意のようです。

 

 

また、通信制の勉強なども熱心にされているそうです。

これはちょっと意外でした!

 

 

関西弁は全くきつくなく、どちらかといえば、標準語に近い

ゆるい関西弁のようです。

 

 

これは会社経営などフォーマルな場所で人前に出て

何かすることが多い方というのは、そのように標準語に

近くなっていくのでしょう。

 

 

しかし、現在の主な拠点は関西圏とのことですので、

関西がメインという思いが表に出ているようです。

 

 

楽しそうにインタビューに答えるのも関西弁ですし、

ユリア社長は、ズバズバ物を言うタイプのようですので、

ツッコミや率直な意見をそのままおっしゃるようです。

それは見ていて面白い!という意見もありますね。

 

インスタ⇒こちら

ツイッター⇒こちら

 

高校や実家など出身は?

高校についてですが、具体的になんという高校に

通われていたのか情報がありませんでした。

 

 

高校卒業後に美容学校に入学し、今後の進路について、

またどのように自分を表現していくかについても

それほど明確ではなかったとのことです。

 

 

16歳といえば東京ではじめてDJをやり始めた時期だったそうですが、

16歳という年齢ゆえ、大きなイベントや深夜時間営業が

不可能だったということです。

 

 

東京生まれで美容師である父と、大手アパレルで

勤務したあとスタイリストとして活躍していた母から

生まれた2人娘の長女であったマドモアゼル・ユリア…

 

 

高校や実家についての情報はほとんどありませんでした…

 

 

 

マドモアゼル・ユリアの経歴

マドモアゼル・ユリアは東京のファッションシーンを

等身大で体現すべく存在として、この世界に君臨した女性と

言えるのではないでしょうか?

 

 

学生時代は結成したパンクバンドに熱中し、マドンナやカイリー・ミノーグ

といったアーティストへ熱い情熱を持ち、ヒップホップやロック、

エレクトロといった多様な音楽性を理解し、表現してきたシンガーなのです。

 

 

DJを続けながら、2008年、自分自身がMIXを手掛けた『NEON SPREAD』を

リリースして、メジャーデビューを果たした彼女。

 

 

音楽シーン、ファッションシーンの両方で彼女の名前は

一躍有名となっていくのですよね?

 

 

DJ、シンガー、モデル、デザイナーと色々やっていますが

音楽のキャリアが一番早かったようで、中学生のときに

友達とバンドを組んだのが始まりのようですね。

 

 

それから高校まで6年間活動してたそうですけど、メンバーの一人が

ロンドンに行っちゃって解散となったらしいです。

 

 

まるで男子のように活動的で活発なユリアさんなのですね。

 

Youtuberとしても活躍

ユリア社長というネーミングでYouTuberとしても活動されているそうですよ。

凄いですね!

 

 

具体的には、2018年5月28日、YouTuberとして活動スタートされ、

同年9月にはチャンネル登録者が1万人にも達する、人気急上昇中の

YouTubeチャンネルだそうです。

 

 

わずか3か月半でこの登録数はスゴイというしかありませんね。

うなぎ登りにこのまま登録者を獲得していくのでしょうね。

 

まとめ

年齢は若いですが、結構人生経験が豊富で、

しっかりされているようです。

 

 

若いのに、ここまで社会貢献している社長の地位を

構築されたユリア社長の実績には頭が下がりますよね?

 

 

シンガーもされていて、アルバムも何枚か出されているそうですが、

もともとはロック畑で、ロックを聴いて育ったそうです。

 

 

バンド活動も昔されていて、ビートルズやロカビリー系も

コピーしていたようですね。

 

 

そういう経験からDJという職種にも向いていたのでしょう。

 

 

モデルだけでなく、何でもできるマルチ人間の

マドモアゼル・ユリアは、今後は年齢的にも落ち着いて

デザイナー業を中心に活躍されるのでしょうか?

 

 

どちらにせよ、多才なユリア社長が20代女性には

特に羨ましがられているというのは実に納得できますよね?

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。