Pocket

映画「Diner(ダイナー)」では原作には登場しないキャラが登場します。

これまでの原作ファンにとってどんなオリジナルキャラが出演するのか気になるところですね。

そこで、映画ダイナーではどのような新キャラが現れるのかまとめていきます。

 

映画「ダイナー」キャスト一覧

 

ダイナー映画のオリジナルキャラと原作キャラを比較

まずは原作で登場するキャラクター達を一覧にしておきます。

 

原作キャラ一覧

ボンベロ、オオバカナコ、菊千代、スキン、キッド、炎媚、ブロウ、ボイル、無礼図(ぶれいず)、コフィ、デルモニコ、ファキール、マテバ、カウボーイ、ディー・ディー、ゴリラ

 

このようなキャラ達でしたね。

そして、映画で出演する新キャラはこちら。

 

映画に出演する新キャラ・名前

ブロ、ブタ男、マリア、荒裂屈巣(アレックス)、雄澄華瑠(オスカル)、歴代ウェイトレス役、ブロの仲間

 

こんなにもいるんですね!

原作キャラと映画キャラを比較するとこれだけ多くのキャラクターが出てきています。

 

映画版のキャスト一覧はこちらから

 

でも、反対に出てきていないキャラもいるかもしれないですね。

そこで出演していない原作キャラもチェックしていきましょう。

 

出てきていないのは誰?キャラ設定は?

原作小説に登場して出てきていないのは

炎媚、ブロウ、ボイル、ファキール、ゴリラ

になります。

 

だけど、映画のキャラを見てみると見たような姿をしているキャラもいます。

原作キャラと名前は同じだけど、設定が違う。

そんなキャラ達までいますね。

 

映画で新キャラもいれば、原作キャラが出演しないこともあってわかりにくいですね。

 

そこで、原作とキャラが違う・設定が違うキャラについてこちらでまとめていきます。

 

原作とキャラ・設定が違うキャラ
ブロ 原作のブロウだが名前が変わっている
ブロの仲間 原作ではチカーノ3人組の殺し屋
ブタ男 原作ではゴリラ
マリア 原作ではボンベロの元恋人:炎媚?
ボイル 原作ではボンベロのライバルだが、映画では出演しない
ファキール 原作ではコフィの側近で、映画では出演しない?
マテバ 原作ではボイルのボスだが、映画ではスキンのボス
無礼図(ブレイズ) 原作は男性、映画は女性
荒裂屈巣(アレックス) オリジナルキャラ
雄澄華瑠(オスカル) オリジナルキャラ
歴代ウェイトレス役 映画版のキャスティングが面白い

 

つまり、現時点で完全にオリジナルキャラとなっているのは、荒裂屈巣(アレックス)と雄澄華瑠(オスカル)の2人になります。

 

設定が違うキャラも多く、ストーリーが大きく変えられていそうですね。

そう考えると、原作の雰囲気からかなりストーリーが変わっていそうです。

 

原作好きも、原作を知らない人もどちらも楽しめる内容になるように蜷川実花監督がうまく話を作り上げていそうです。

 

でも、なぜそこまでオリジナルキャラを作ってしまったのでしょうか?

 

オリジナルキャラができた理由は?

原作ダイナーを2時間もの映画に押し込めるのはやはり難しいというところがあるでしょうね。

すべてのストーリーを映画に入れ込むには時間が足りなさすぎます。

 

原作ありきの映画はどうしてもストーリーを飛ばして進まなければいけないので、内容が薄くなってしまうところが出てきてしまいます。

しかし、それでは見ている側の満足度が下がってしまうことを蜷川実花監督はよくわかっているのでしょうね。

 

そのため、ボンベロと元恋人だった炎媚との色恋の話は一切なしにしていますよね。

そういう部分では話を早く進めるために設定を変えているのでしょう。

 

そしてもう1つは、蜷川実花監督と言ったらヘルスケーターの映画で女性の華やかな映像で評判ですよね。

それに対して、ダイナー原作の舞台はどちらかというと男くさいです。

 

それを蜷川実花の目線でダイナーを見ると、こんな華やかな世界になる!

そんな舞台に作り替えるために、オリジナルキャストたちが華やかな雰囲気になっているのだと思います。

 

ストーリーには大きく影響しない歴代ウェイトレスは象徴的ですね。

原作ではサラッと流れる部分なのに、その歴代ウェイトレスたちはユニークなキャスティング。

そして、すべてのウェイトレスたちが可愛く見えるようなウェイトレスの制服を1人1人デザインしているところもポイントです。

 

歴代ウェイトレスのキャスト一覧

 

オリジナルキャラをつくることで、ダイナーの舞台の雰囲気を華やかなものに変える。

そういったやり方で、蜷川実花風のダイナーを実現していると考えます。

 

まとめ

映画ダイナーのオリジナルキャラと原作キャラについて比較してきました。

完全にオリジナルキャラは無礼図の子分たちのアレックスやオスカル。

それ以外のキャラは、監督の意向をもとに華やかな世界観を作り上げるキャラの設定を変更しています。

まだ明かされていない監督の世界観が隠されているかもしれないので、今後も新しい情報が入りましたらアップデートしていきます。