Pocket

今回ハロプロ研修生発表会で紹介された工藤由愛さんについて経歴やプロフィールをまとめていきます。

興味のある方はご覧いただけたらと思います。

工藤由愛のプロフィール

生年月日:2004年9月28日 (14歳 中学3年生)
出身地:北海道
血液型:A型
趣味:ピアノ、タコグッズ整備
※2016年7月から「ハロプロ研修生北海道」に所属。

 

工藤由愛(くどうゆめ)さんは2004年9月28日生まれで

北海道出身のA型女性。

 

 

タコ好きだそうですよ。

 

 

何事にも全力で取り組む全力少女とのことです。

 

 

この年代というのは何でもそうですよね?

世の中の裏とか汚いことなど全然考えない年ごろでしょう。

 

 

ですから、何にでも前向きで取り組んでいけるのでは

ないでしょうか?

 

 

しかし、最近はネットやらテレビ、ラジオなどメディアからの

情報が氾濫していますから、純粋でピュアな中学生というのも

昔に比べればかなり減っていると思います。

 

 

携帯を中学生の頃から利用しているような子は

精神的にも大人っぽい子が多いのではないでしょうか?

 

 

北海道出身の方は頭がいい人が多いと聞きます。

北海道出身の工藤由愛さんも若い割には

頭の切れるタイプかも?

 

 

キャラがかなり強烈ということで「ハロー!プロジェクト

研修生発表会2019」の公開実力診断テストにおいて

会場の笑いを誘ったということです。

 

 

 

工藤由愛の経歴

工藤由愛さんはJuice=Juiceに加入するにあたり、

「これからはたくさん汗をかいて、それを幸せとして

皆さんにお伝えできるよう頑張ります!」と意気込みを

語っているのですが、このグループは存在感がすごいという

話ですし、歌のレベルも高いとのことですよ。

 

 

工藤由愛さんはダンス、歌がうまいとのことですので

Juice=Juiceに入っても埋もれることなく、中心的存在に

なるのではないでしょうか?

 

 

工藤由愛さんは本当にまじめとのことで、

ずっと見守ってきた諸先輩からすると、Juice=Juice加入は

本当にうれしいとのことです。

 

 

工藤由愛さんはまだ中学生なので、経歴といえるほどの

経歴はほとんど存在しないのか、ネットで調べても

経歴について詳しく書いているサイトはありませんでした。

 

工藤由愛の顔はかわいい?【画像チェック】

 

工藤由愛さんて驚いたときの反応が半端なくオモシロイ!

 


黒目がクリっとしていてかわいらしい容貌の女の子ですね。

普通にしていたら、結構どこにでもいる女の子な感じですが

ビックリした表情がオモシロイというか、表現力ありすぎ!

 

 

感受性がきっと強いのかな?

タコが異常に好きなようで、タコの爆食いなんかも

しょっちゅうしているのかな?

 

今後、メークの仕方やヘアスタイルを変えることで

すごいイメチェンとかすると思うし、全く違ったイメージの

女の子に変身できるのではないかな?

 

 

伸びしろを感じる女の子だと思いますね。

 

 

まだ中学生ということで、今後の成長がすごく

楽しみですよね?

 

 

工藤由愛さんをはじめハロプロの女の子たちは

みなおしゃべりで明るい口調でお話するのですよね?

 

 

ネクラな子なんていないのでしょうね。

 

 

しかし、今はまだめちゃくちゃ若いからこんな

明るいんだよね?

 

 

そうでもないかな?

こういう子は年を食ってもずっとこんな調子なのかも

しれないです…

 

 

 

まとめ

工藤由愛さんはタコのことが大好きで「タコ可愛い」

と言っている割にはタコ料理をがっつり食べるんだそうですよ。

 

 

工藤由愛さんはJuice=Juiceに加入しましたが、

歌、ダンス共にトップクラスに入る次世代エースの

候補として周囲の期待もますます高まっています。

 

 

私はJuice=Juiceの工藤由愛さんについては全く

知りませんでしたが、ハロープロジェクト自体は

知っています。

 

 

モーニング娘とかは誰でも知っていると思いますが

あの頃は一世風靡しましたよね?

 

 

今でも芸能界で生き残っているタレントさんの中で

ハロープロジェクトから輩出された人が何人かいると思います。

 

 

複数の中で育てられた子は、ピンになって初めてその人の

価値が浮き上がってくるので、工藤由愛さんもピンで

活躍するまでは、「大勢の中の一人」という感じでインパクトが薄いです。

 

 

早くピンで活動していくのを今から楽しみにしています!

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。