U-NEXT
Pocket

 

若者からだけではなく、海外からも絶大な支持を受けているONE OK ROCKですが、今年もライブツアーが決定しました!

 

今回は、ONE OK ROCK公演スケジュールや倍率などを予想していきたいと思います。

 

まずはライブスケジュールを確認してみましょう。

 

ワンオクライブ2019会場別のチケット争奪予想

 

各会場のキャパとファンクラブの会員数で予想してみます。

 

◯・・・取れやすい

△・・・取りにくい

× ・・・すごく取りにくい

 

新潟コンベンションセンター

10000人・・・△

 

大阪城ホール

16000人・・・△

 

宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

7063人・・・△

 

真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

10024人・・・◯

 

さいたまスーパーアリーナ

37000人・・・◯

 

広島 グリーンアリーナ

10000人・・・◯

 

横浜アリーナ

17000人・・・◯

 

ポートメッセなごや3号館

10000人・・・△

 

愛媛県武道館

2932人(臨時席が3600席追加可能)

・・・×

 

マリンメッセ福岡

15000人・・・◯(オーラス公演は×)

 

 

静岡エコパアリーナ

10000人・・・◯

 

三重県営サンアリーナ

11000人・・・◯

 

となっています。

 

今回は、総動員数が408032人と大規模なツアーとなっているんですね。

 

また会員数は正式に発表はされていませんが、2018年の際には19万人と言われていますので、 1人2枚チケットを取ったとして38万枚の応募となります。

 

それから会員数が増えたとして、20万人と計算しても40万枚の応募ですね。

 

そうなると、動員数よりも少ないので、当選確率は比較的高いのではないかと思われます。

 

ですが、一般発売の枠もあるので、それらを含めるとやはり、落選する人も多数出てくるでしょうね。

 

初日や千秋楽、メンバーの誕生日前後など、行きたい日にちが偏る公演もあると思いますので、その公演を避ければ、比較的当たりやすいのではないかと予想します。

 

今回のツアーのスケジュールでメンバーが誕生日とかぶる日はないのですが、山下亨さんが、12月7日が誕生日なので、12月10日の大阪城ホールの公演で誕生日のお祝いがあるかもしれないと考えて、少し倍率が高くなる可能性もありますね。

 

ワンオクライブ2019で倍率が高くなるのは?

 

今回のツアーは、平日から日曜日まで全ての曜日で開催されるのですが、募集が少なくなると予想される順番に並べてみました。

 

火曜日、水曜日、木曜日

月曜日、金曜日

土曜日、日曜日

 

になると思われます。

 

仕事のある地方組のファンは、なかなか平日に休みを取ってコンサートに行く事が出来ない為、週の真ん中は比較的、倍率は少なくなると思います。

 

月曜日と金曜日は、販売業など土日が仕事の人は休みの人が多い傾向にあるので、実は人気の曜日となるそうです。

 

そして、学生もみなさんが休みの土日は、申し込みが集中します。

 

仕事をしている人も土日休みですが、主婦のみなさんも、土日は子供を預けやすいのでみんなが行きやすい曜日となる訳ですね。

 

今回のツアーは、30公演中23公演が平日の公演となる為、土日の公演か結構倍率が高くなるのではないでしょうか?

 

少しでも、当選確率を上げる為には、みんなが行きにくい曜日と場所を選ぶと倍率が低くなりチケットが取れやすいと思います。

 

 

まとめ

 

今回は、会場や曜日別で倍率予想を立ててみました!

 

比較的今年のツアーは大規模で、会場も大きい事から人気公演を外して平日の真ん中を狙えば取れやすいと言えると思います。

 

一番集中するのは、オーラス公演の2020/01/16(木)マリンメッセ福岡だと予想します。