Pocket

今回は、高家の母親が登場しますね!

紐倉とどのように絡んでいくのかも楽しみです。

紐倉と高家の絡みがいつも以上に面白かったのも最高でしたw

 

何回も巻き戻して見てしまいましたよ。

そして、いよいよ佳境に入ったインハンド ですが、福山が何か怪しい動きをしていますね。

 

何を企んでいるのかも気になります。

 






インハンド 9話 あらすじ

 

紐倉の研究所に高家の母親が訪れました。

母親から高家の人生の師匠である医師の陽子が高家が辞めた台田病院に入院している事を知らされます。

 

 

1人で行くのが嫌だと言う高家に付き添い紐倉と高家は台田病院へ行きました。

都内で倒れて意識が不明瞭、下痢や嘔吐を繰り返している陽子に、様子を見るだけで何の治療もしていない事がわかります。

 

 

このまま悪化しても構わないというような治療や対応に疑問を感じた紐倉と高家は、

この件を調査する事にしました。

 

サイエンス・メディカル対策室では、フューチャージーンメディカルセンターが福山自由に研究できるBSL4施設を作ろうとしていたのです。

フューチャージーンの福山を徹底的に調べる事になったのですが、親密な仲の紐倉には内緒で動く事になりました。

 

 

そして、紐倉と高家は台田病院に潜入し、

院長室の陽子のデータを盗んでいました。

そこには、簡単な症状と高齢者喘息と書かれている以外何も記入されていません。

 

 

紐倉の研究所で、高家と高家の母親と紐倉の3人で食事をしていた時、母親が最近の陽子の様子を語り出しました。

陽子は最近はよく咳き込み、お腹を壊していて、食事は昔から和食より洋食派でお米が嫌いだったという話を聞いて紐倉は、ある事を思いつきます。

 

 

そんな中、福山が怪しい動きをしている事がわかりました。

厚労の瀬川と密会していたのです。

陽子の血液を台田病院の女医からもらっいた紐倉は、検査の結果、陽子はセリアック病だと診断します。

 

 

小麦粉などのグルテンに寄生し腸内で活発に動くのですが、高齢者喘息によりセリアック病が発症したそうです。

 

日本には例が少ない症状ですが、セリアック病の論文を出している黒野が気づいていない訳がなく、何か裏があると確信した紐倉と高家は、陽子を知り合いのいる栄和記念病院へ転院させました。

 

 

そして陽子はただのセリアック病ではなく、難治性セリアック病だと、わかったのです。

3人は、セリアック病に詳しい研究者を紹介してもらうため、フューチャージーンの福山を訪れます。

 

 

ですが、福山は協力してくれるどころか、研究者すら紹介してくれません。 

帰ろうとした時、福山の息子である新太が力になりたいと言い、アメリカで出会った研究者仲間を紹介してくれました。

 

 

ですが、何も見つからず肩を落としていた時、新太が入谷の話をしはじめたことをきっかけに、入谷と作っていた共同の論文を思い出した紐倉は、そこからセリアック病治療のヒントを得たのです。

 

 

それは、アメリカこう虫を体内に入れる事でした。

さっそく陽子に処置をする高家の元に、陽子が栄和記念病院にいるというタレコミがあり、黒野が乗り込んで来ました。

 

 

陽子に対して適切な治療がされていなかった事を指摘すると、証拠がないと言い出す黒野に対し、紐倉は点滴の中からグルテンが検出されたと話します。

 

 

普通の点滴には入っておらず、病状を悪化させる為のものだと言います。

意図的に病状を悪化させたとして黒野は、警察に捕まりました。

 

 

そして、陽子は意識を取り戻し、厚労省の瀬川と何があったのか話を聞くと、厚労省の瀬川と陽子は、土地の事で揉めていました。

陽子が住む栃木県相羽村にフューチャージーンの研究所を建設しようとしていたのです。

 

 

その事に猛反対していた陽子が瀬川と会っていた際に、高齢者喘息により悪化したセリアック病で倒れます。

その事を良い事に瀬川は、黒野がいる台田病院に運び治療をしないように言うのです。

 

 

そして瀬川と共にフューチャージーンの研究所を作ろうとしていた福山が、紐倉たちを助けなかったという事がこの件と繋がりました。

この件は、厚労の瀬川、大臣の金子、フューチャージーンの福山が裏で動いていたのです。

 

 

そして、紐倉は福山を訪れると、そこへ瀬川が挨拶に来てーー

 

インハンド 9話感想

 

今回のインハンドは、紐倉と高家の絆が最高でしたよね!

珍しく紐倉が高家をベタ褒めしていた所はキュンキュンしました。

 

そして何より紐倉の言葉が心に沁みましたね。

黒野が高家に対して、自分は厚労と繋がりがあるから医師免許剥奪してもいいんだぞと脅してきた時、紐倉は博物学者の南方熊楠の言葉を言いました。

 

『肩書きがなくては、己が何なのかも わからんような 阿呆共の仲間になることはない

 

おぉ!この阿呆共というのは、黒野や厚労の事を指しているんでしょうね。

 

上手いこと言うなぁって思っていた時、

 

『あんたも最初は人を救いたかった純粋な医者だったんだろう、それが、患者が死んでも構わないというところまで落ちてしまった』

 

と言われ

 

『理想を言うのは簡単だ』という黒野。

 

紐倉『いや、簡単なのは落ちる方だ』

 

そして高家の事を話し出す紐倉。

 

 

『バカでお人好しで役立たずで中途半端で迷惑ばかりかけてくるおせっかい野郎だが、医者をやめた後もたくさんの命を救ってきた。

この男は、今まで一度も医者の本分を忘れたことはなかったよ』

 

『あんたもこの男を見習うべきだったな』

 

キャー、かっこよすぎる!!紐倉博士!

落として落として最後めっちゃ上げるの反則ですよね〜。

 

それを言われて後ろで泣いている高家の母親の姿も何かじーんっと来ました。

高家もまさかの紐倉の言葉にびっくりしている様子でしたけど、照れ隠しなのか普段は滅多に褒めない紐倉だけに、この言葉は高家に響いたでしょうね。

 

 

山Pファンの私としては、ここは何回もリピートです!

そして、最後の砦となるラスボスが吉本新喜劇の内場さん!

 

関西人としては、土曜のお昼必ず見ていた吉本新喜劇の人がラスボス!とテンション上がりました。

 

きっとBSL4施設建設を巡り何か起こりそうな予感がプンプンしますね。

冷凍されているエボラウィルスよりも怖い核兵器として作られたエボラウィルスを福山は、どうするつもりなのか怖いけど気になります。

 

 

スポンサードリンク

インハンドのラスト予想&考察

 

残すところあと2話となったインハンド ですが、この2話でかなり動きがありそうですよね。

 

 

BSL4施設の建設がどうなるのか?

 

紐倉は、福山に引き抜かれるのか?

 

エボラウィルスの治療薬の開発が出来るのか?

 

この3点が最終回でどうなるか答えが出そうです。

 

BSL4施設建設が決まり、中の様子を探る為、紐倉は引き抜きの話に応じて一緒に研究する事になるのではないかと予想します。

 

 

そして、冷凍されたエボラウィルスが何かのはずみで外に漏れ、研究所でエボラウィルスの感染者が出ます。

 

 

メデイアでは大問題となり、BSL4施設の建設は一旦ストップする。

紐倉と高家は、エボラウィルスの治療薬を開発し、エボラウィルスの感染が治ります。

 

 

これを機に紐倉は、脚光を浴び、BSL4施設の建設は中止となり、その責任を取る形で今回の建設に関わった、瀬川、金子は政界から去り、福山も辞任する事になります。

 

 

紐倉は、パスポート停止処分が解けて、海外から研究所に来ないかと誘われて、海外の研究所に行く事になり、高家は、紐倉のサポートで町医者になるという展開になるのでは?と勝手に予想してみました。

 

 

牧野も元に居た部署に戻り、3人バラバラになるのですが、みんながそれぞれやりたい事が出来る環境に進む事になるというのが、気持ちのいい終わり方かな?って思います。

 

 

あと2回楽しみですね!

 

まとめ

 

最後に出てきた厚生労働大臣の金子がラスボス的な感じなのでしょうか?

 

福山もいい人とだと思ってたのに、変な研究所を設立しようとしてるし、エボラウィルスもまだ持っていたし、何か最終回どうなっちゃうの?って感じですよね。

 

 

来週どうなっちゃうのか気になります!!