Pocket

 

映画の全国公開日である2019年6月7日が迫り、ますます盛り上がりをみせている実写リメイク版の映画「アラジン」!

今なお語り継がれているディズニー不屈の名作アニメーション「アラジン」がついに実写映画化されるとあって、注目している方々も多いのではないかと思います。

 

その中でもやはり気になるのがキャストですよね!

監督・ガイ・リッチーをはじめとした制作陣が、“キャストに白人を一切起用しないこと”と“メインキャストに若手の新人を起用すること”を公言していた中、主人公・アラジン役を勝ち取ったのが、俳優・メナ・マスードです!

オーディションにより約2000名の中からアラジン役に抜擢されたメナ・マスードは、日本ではほとんど知られていない、無名に近い俳優であると言えます。

まずは、謎に包まれた彼の基本的なプロフィールをご紹介しましょう。

 






メナマスードのプロフィール


名前:Mena Massoud(メナ・マスード)

生年月日:1991年9月17日

出身地:エジプト・カイロ

国籍:カナダ

身長・体重:173センチ・75キロ

 

イスラム教徒の多いエジプトで、キリスト教・コプト正教会に属する両親の元に生まれたメナ・マスードは、3才までエジプトに暮らし、その後カナダ・オンタリオ州のマーカムという場所に移り住みました。

アラブ系でありながらカナダに国籍を置いている理由が、この生い立ちにあるんですね。

 

メナマスードの経歴

俳優デビューを果たしたのは、2011年、メナ・マスードが20歳の時です。

今日に至るまでは、トロントとロサンゼルスを活動拠点としながら、アメリカのテレビドラマや短編映画にて、出演経歴を重ねてきました。

代表作といえる大きな役はないものの、下記のような作品に出演してきています。

 

  • テレビドラマ「NIKITA/ニキータ」
  • テレビドラマ「Open Heart」
  • アマゾンプライムオリジナルドラマ「トム・クランシー/CIA捜査官ジャック・ライアン」
  • 短編映画「What Happens Next」
  • 短編映画「Americanistan」
  • 長編映画「Let’s Rap」

 

日本以外の国々でも決して知名度の高い俳優ではなかったメナ・マスードですが、映画「アラジン」への出演&主人公・アラジン役が決まったことが公表がされると、その知名度は一気に上昇し、インスタのフォロワー数が一晩で5倍に膨れ上がる自体になったそうですよ。

 

メナ・マスードがアラジンを演じるにあたっては、やはりそれなりの批判の声もあったようですが、彼のエキゾチックなルックスや大きくキラキラとした美しい瞳は、かなりアニメ版のアラジンに近いと思います!

ヒゲのある写真などが多いせいか、アニメ版よりも少し大人っぽく・色っぽく見える気もしますが、実写化の再現度としてはなかなかのものですよね。

 

そしてルックスだけではなく、俳優・メナ・マスードが演じるアラジンの注目ポイントは、美しい肉体と美しい歌声にもあると言えそうなんです!

Instagramなどでも自ら発信するほど身体を鍛えているメナ・マスードは、筋肉質で凛々しいのに細身である、魅力的な体型の持ち主。

今作の予告編を見る限り、露出こそないものの、その身体能力やたくましさを大いに活かしたアラジンを演じてくれているように思います。

また、今作においてかなり重要な一曲「ホール・ニュー・ワールド」を歌う予告編を見ても、メナ・マスードの伸びやかでハリのある歌声がとても印象に残るんですよね。

強さと優しさを持つアラジンを、歌声でも見事に演じてくれているように思います。

映画を鑑賞する際には、ぜひ注目してみてほしいポイントです!

 

 

 

アラジンというキャラクターは、天涯孤独の身で貧しい暮らしを送りながらも、心優しく正直で、勇敢でありながらもユーモア溢れるたくましい青年です。

そんな魅力たっぷりなアラジンを、俳優としては未知数なメナ・マスードがどのように演じているのか!興味を持たれた方は、ぜひ劇場で映画をチェックしてみてくださいね!