Pocket

いよいよ来月マーベル作品「X-MEX」(以下エックスメン)の
最新作「X-MEN ダークフェニックス」が公開となりますね。

マーベルの作品はシリーズ本数が多いため、どの順番で見ればいいの?
という方も多いはず!そんな人のために今回は、徹底的にエックスメンをご紹介
したいと思います!

 

・エックスメンを見るならどこのサイト?

エックスメンはマーベル作品の中で、最もシリーズ数が多い人気作品とも
言えますね。

マーベル作品の中で、MCU(マーベルシネマティックユニバース)の参加を
していないキャラにも関わらず、根強いファンが多いことでも有名です。

エックスメンとは、突然変異により超人能力を手に入れた者たちで、
ミュータントと呼ばれています。

プロフェッサーXというリーダー的人物によって、世界にいるミュータント
たちが集められ、人類とミュータントとの平和的共存を維持するという目的で
敵と戦うのです。

ヒュージャックマン演じるウルヴァリンが主人公となり、シリーズ中には、
ウルヴァリンのスピンオフ作品も何度か登場します。

 

公開順に作品をご紹介すると、

 

・2000年 X-MEN

・2003年 X-MEN2

・2006年 X-MEN ファイナル・ディシジョン

・2009年 ウルヴァリンX-MEN ZERO(スピンオフ)

・2011年 X-MENファースト・ジェネレーション

・2013年 X-MEN SAMURAI(スピンオフ)

・2014年 X-MENフューチャー&パスト

・2016年 デッドプール(関連作品)

・2016年 X-MEN アポカリプス

・2017年 ローガン(スピンオフ)

・2018年 デッドプール2(関連作品)

・2019年 X-MEN ダークフェニックス

 

となります。

関連作品は、視聴していなくてもエックスメン自体のストーリーが
大きく不明になることはありませんが、ウルヴァリンの人生を描いたスピンオフ
作品を視聴するべきです。

現在、エックスメンを視聴できるのは、以下のサイトで、
配信されている作品は次のようになっています。

また各配信サイトで視聴できる作品が、見放題なのか
レンタルなのか分かれているので、そちらも
ご紹介しましょう。

 

・U-NEXT

全作品見放題

X-MEN、X-MEN2、X-MEN ファイナル・ディシジョン
X-MENファースト・ジェネレーション、X-MENフューチャー&パスト
ローガン(スピンオフ)

・Hulu

全作品見放題

X-MEN、X-MEN2、X-MEN ファイナル・ディシジョン
X-MENファースト・ジェネレーション、ウルヴァリンX-MEN ZERO(スピンオフ)
X-MEN SAMURAI(スピンオフ)

・dTV

全作品レンタル対象

X-MEN、X-MEN2、X-MEN ファイナル・ディシジョン
X-MENファースト・ジェネレーション、X-MENフューチャー&パスト
ローガン(スピンオフ)

・ビデオパス

全作品レンタル対象

X-MEN、X-MEN2、X-MEN ファイナル・ディシジョン
X-MENファースト・ジェネレーション、X-MENフューチャー&パスト
ローガン(スピンオフ)

・ツタヤdiscus

全作品レンタル対象 DVD宅配レンタルも可

X-MEN、X-MEN2、X-MEN ファイナル・ディシジョン
X-MENファースト・ジェネレーション、X-MENフューチャー&パスト
ローガン(スピンオフ)

・Amazonプライムビデオ

全作品レンタル対象

X-MEN、X-MEN2、X-MEN ファイナル・ディシジョン
X-MENファースト・ジェネレーション、X-MENフューチャー&パスト
ローガン(スピンオフ)

 

Hulu以外は同じ作品が配信となっていますね。

デッドプールですが、Hulu以外であれば視聴が可能でした。

こちらの作品は、U-NEXTもレンタルとなっているので、
見放題では視聴はできませんので、ご注意ください。

 

・泣けるX-MEN作品順

X-MENといえば、激しいアクションで泣ける作品なんてあるの?と
思っている方も多いはずです。

マーベル作品は、意外と泣けちゃうものも多くて、
X-MENシリーズの中でも泣ける作品は多いんです。

今回は、各作品のあらすじと泣ける作品順位をつけて
ご紹介したいと思います。

・2000年 X-MEN

最初の物語。X-MENとして始動する最初の物語です。

・2003年 X-MEN2

X-MENを苦しめるウィリアム・ストライカー将軍が登場します。
窮地に追い込まれるX-MENを以外な人物が救ってくれます。
X-MEN1作目よりも面白いと好評でした。

・2006年 X-MEN ファイナル・ディシジョン

ミュータント能力を消す新薬ができます。
マグニートが率いるミュータントと人間側についた
ウルヴァリンたちの戦いがはじまります。

・2009年 ウルヴァリンX-MEN ZERO(スピンオフ)

1845年カナダで超人能力に目覚めたジェームスが数々の
戦争に行き、戦闘方法を学びます。
デッドプールが登場します。

・2011年 X-MENファースト・ジェネレーション

プロフェッサーXとマグニートが若かった頃の話。
時系列的にいうと、この作品が一番最初にくる作品です。

・2013年 X-MEN SAMURAI(スピンオフ)

日本軍に捕まり、捕虜として修行することとなるウルヴァリン。

・2014年 X-MENフューチャー&パスト

タイトル通り、過去と未来を行ったり来たりする作品。
ミュータント撲滅のために作られたロボット・センチネル軍団と
戦い、全滅の危機に追い込まれます。

 

・2016年 デッドプール(関連作品)

傭兵ウェイドが末期ガンと診断され、がんの治療と引き換えに
人体実験を受けることに。
その結果ミュータントとなり醜い姿に。
その姿を隠すために赤いスーツを身につけ、元に戻るための方法を
探す。

 

・2016年 X-MEN アポカリプス

前作の続き。

最古にして最強の敵アポカリプスが登場。
超能力やテレポートを使うアポカリプスを
どのようにして倒すのか?

・2017年 ローガン(スピンオフ)

2029年ミュータントがほぼ絶滅しかけている時代。
ウルヴアリンと同じ能力を持った女の子ローラと
能力がほぼないウルヴァリンとの心温まる物語。

・2018年 デッドプール2(関連作品)

恋人を亡くしてしまい、自殺を図ろうとしたところ、
X-MENに保護される。
そしてX-MENとなることを決意するが・・・。

 

泣ける作品としては、ダントツで「ローガン」が1位となっています。

あらすじでもご紹介しましたが、ミュータントという存在がいなくなり、
アメコミヒーローは衰えない、そしていつまでも強いというイメージを
払拭するべく、ミュータントとしての能力も衰え、身体的能力も衰えている
ウルヴァリンを目の当たりにするのです。

彼が最後にすべきこと、それは次世代への指導。

そしてウルヴァリンの同じ能力を持った少女との出会いが、
彼に最後の使命を果たさせるのです。

作品を見た人の感想は、

・アメコミなのに介護したりと、人間くささが垣間見え、
少女が人間性を取り戻す時、それがウルヴァリンの最期、泣ける。

・ウルヴァリンの最期にX-MENファンとしては超号泣。

・X-MENのスピンオフとは思えないほど、本作品に
絡んでいた、全部見て欲しい!

という感動の声が上がっていました。

 

・エックスメンシリーズを始めてみる人も楽しめる作品

エックスメンシリーズは順を追ってみなければ、よくわからないと
思うので、アメコミあんまり・・・という方は、
ウルヴァリンSAMURAIとローガンを視聴してみることをおすすめします。

ローガンだけ見てみてくださいと言いたいところですが、SAMURAIからの流れで
ストーリーが繋がってる部分があるので、両方視聴することをおすすめします!

みなさんもぜひX-MEN視聴してみてくださいね!

 

 

エックスメンの映画を泣ける順番に一覧まとめ!感動したいならどれから見る?

 

今回取り上げていくのは、マーベル・コミックス人気作品の実写映画であり、2019年6月に新作「X-MEN:ダーク・フェニックス」の公開も控えている、映画「X-MEN」シリーズ!

突然変異によって超人能力を手に入れた“ミュータント”と呼ばれる人物達が、人類とミュータントの共存を目指して集められた組織・X-MENとして戦う姿を描いたこのシリーズは、全世界累計3100億円以上の興行収入を得る大ヒットを記録しています。

 

今回は、そんな「X-MEN」シリーズの映画を“泣ける”“感動する”という基準に基づいて、順番に一覧としてご紹介していこうと思います!

 

2017年公開「LOGAN/ローガン」

X-MENシリーズの中で最も泣けると話題なのが、ウルヴァリンを主人公としたスピンオフ作品の第3弾である今作です。

年老いて戦闘能力や回復力の衰えたウルヴァリンことローガンが少女を守るためにそれでも戦い続ける姿や、孤独で残酷な世界に生きてきた彼が戦いを終えて安らぎや愛情を感じている姿に、涙する!感動する!という声が多く挙がります。

 

2014年公開「X-MEN:フューチャー&パスト」

ミュータントが滅亡に追い込まれた未来から物語が始まる今作は、その元凶を回避するために過去を書き換えようと奮闘する姿が描かれています。

X-MENを率いるプロフェッサーXとその宿敵にあたるブラザーフッドを率いるマグニートーとの関係を、これまでのX-MENシリーズと見事に融合させており、見返すほどに感動が募るものとなっています。

 

2006年公開「X-MEN:ファイナルディシジョン」

ミュータントの特殊能力を無力化させる薬品・キュアをめぐって、X-MEN・ブラザーフッド・人類が三つ巴バトルを繰り広げます。

戦いの中で明らかになっていく過去や、仲間の死、暴走する仲間を止めるために下す結末が、悲しくもあり感動すると評価されています。

 

2011年公開「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」

X-MEN結成までを描く、物語のエピソード0にあたる作品です。

プロフェッサーXとマグニートーの出会いと友情、そして譲れない信念に基づく決別に、しんみりとさせられます。

 

2016年公開「X-MEN:アポカリプス」

前作「X-MEN:フューチャー&パスト」によって生まれたもうひとつの1983年を舞台に、人類初のミュータント・アポカリプスとX-MENが戦いを繰り広げる作品です。

協力を重ねて強敵と戦うシーンやその際の人間ドラマは、見応え抜群で感動出来ます。

 

2009年公開「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

ウルヴァリンを主人公としたスピンオフ作品の第1弾です。

ウルヴァリンの幼少期から記憶を失うまでを描いたもので、悲しさや苦しさが迫る展開が多い作品です。

 

2000年公開「X-MEN」

記念すべきシリーズ第1作目であり、記憶を失い放浪していたウルヴァリンがX-MENのメンバーになる過程を描いた作品です。

ミュータントが能力を使いこなせるように成長する姿や、戦いを通して仲間と絆を育んでいく姿に心動かされます。

 

2003年公開「X-MEN2」

ミュータント弾圧を図る政府の陰謀に立ち向かう姿を描いた作品です。

前作以上にミュータントへの差別や迫害が強く表現されており、スリリングな展開となっています。

 

2013年公開「ウルヴァリン:SAMURAI」

ウルヴァリンを主人公としたスピンオフ作品の第2弾です。

日本を舞台にした作品で、忍者・鎧・ヤクザ・日本刀などが登場し暴れ回ります。

 

2016年公開「デットプール」

デットプールを主人公としたスピンオフ作品の第1弾です。

パロディと悪ふざけを繰り返すアウトローな作品でありながら、シリーズ中としては興行収入トップを飾る人気作です。

 

2018年公開「デットプール2」

デットプールを主人公としたスピンオフ作品の第2弾です。

ブラックユーモアが効きまくったデットプール作品は、感動というよりも爽快感の溢れるスピンオフとなっていますね。

 

まもなく公開予定の「X-MEN:ダーク・フェニックス」の予習も兼ねて、X-MENシリーズを見返してみるきっかけになればなと思います!