Pocket

日本一ソフトウェアが倒産するんじゃないのか噂になっています。

日本一ソフトウェアはどうなってしまうのか気になるところです。

そこで、これまで作ってきた有名タイトルの作品や会社の評判、今後はどうなっていくのかについてまとめていきます。

 






ゲームタイトルとアプリ

日本一ソフトウェアで発売してきた最近の作品はこのようなゲームタイトルたちになります。

据え置き機

据え置き機に関しては豊富なゲームラインナップなので2018年からこれまで発売されたタイトルに絞っています。ゲーム機はPS系やnintendo switchが主なプラットフォームです。

 

Yonder 青と大地と雲の物語
あなたの四騎姫教導譚
シルバー2425
ロジック麻雀 創龍 四人打ち・三人打ち
世界一長い5分間
プリンセスは金の亡者
嘘つき姫と盲目王子
イースVIII -Lacrimosa of DANA-
Yonder 青と大地と雲の物語
CLOSED NIGHTMARE
魔界戦記ディスガイア Refine
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
夜廻と深夜廻 for Nintendo Switch
Hand of Fate 2
ラピス・リ・アビス
Rainbow Skies
DESTINY CONNECT
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー

2019年中には「じんるいのみなさまへ」も発売予定。

 

アプリ

据え置き機用ほどのゲームタイトルはありませんが、アプリでもゲームタイトルを制作しています。

無限魔界ディスガイア
ディスガイア魔界コレクション
ディスガイア レギオンバトル
真 流行り神
魔界ウォーズ
Arcane Chess
魔界戦記ディスガイアRPG

ゲームの評判

 

日本一ソフトウェアはおもしろいタイトルが多いので長時間プレイしてしまいがちですね。ただ、合わないタイトルがあると続かないんだけど、かなりのタイトルを販売してるから力を入れているタイトルとそうでないものがあるんだと考えます。

 

倒産の評判

日本一ソフトウェアが倒産すると噂されているのは、人件費をMSワラント株で確保しようとしていることから始まりました。

開発スタッフの給料が払えないということが浮き彫りになり、倒産するのではないか?という評判が立っています。

 

 

人件費を株で賄おうとしていることが、日本一ソフトウェアをゲームで遊んでいる人に不安を感じさせてしまっていますね。人件費は会社にとってとても大事なところ。このまま続くなら、倒産するのか、他社と吸収合併しない限りやばそうですね。

 

 

倒産の噂になった理由

このアプリゲームではこんな失態を犯しています。

 

アプリゲーム「魔界戦記ディスガイアRPG」はフォワードワークスと共同開発されたアプリで、2019年3月19日にサービス開始されるものの、たびたび長期メンテナンスを実施して、ゲームをプレイできる状況ではないことからきています。

 

システム上に大規模な欠陥があったのでしょうね。それを修正するために従業員が必死になって対応している姿が目に浮かびますが。ゲームに課金した人からしたら、ゲームを楽しみにしていたのに楽しみを奪われてしまい炎上してしまった状況。

 

2年前から開発しているということは、億単位の開発費がかかっていると考えられます。それを補うためのMSワラント株での対策になっています。

 

日本一はこのような状況になっている中注目されるのは社長ですね。

 

スポンサードリンク

社長は誰?

日本一ソフトウェアの社長はこちらの方。

名前:新川宗平(にいかわ そうへい)

入社年:1996年

会社概要

事業内容 コンピュータソフトウェアの開発・製造・販売
設立 1993年7月12日
資本金 544.4百万円
従業員数 連結:198名 単体:121名
(役員・アルバイトは含んでおりません)
代表取締役社長 新川宗平 (ニイカワソウヘイ)
■事業所 【本社】
岐阜県各務原市蘇原月丘町3丁目17番
TEL 058-371-7275 / FAX 058-371-7212【大阪開発室】
大阪府大阪市北区野崎町9番13号 梅田扇町通ビル8F
TEL 06-6809-7250 / FAX 06-6364-8382
■子会社
  • NIS America, Inc.
  • 株式会社エンターテインメントサポート
  • Nippon Ichi Software Asia Pte. Ltd.
  • Nippon Ichi Software Vietnam Co., Ltd.
  • 株式会社たのしみチーム
■主要取引先
  • 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • 任天堂株式会社
  • 株式会社セガゲームス  他

 

今回共同開発したフォワードワークスは実はソニーの子会社。そのため、取引先にはソニーが含まれています。でも、フォワードワークス自身は以前より赤字企業でソニー本体の他の部門の黒字を食っていたのです。

 

実際の企業業績「フォワードワークス」

17年3月期 6億2300万円の赤字
18年3月期 16億4000万円の赤字

 

そんな企業と開発したせいなのか、日本一ソフトウェアもヤバい状況に!

今後は倒産でヤバい?

日本一ソフトウェアはこれまで多くのソフトを量産してきましたが、今回の失敗で今までのようにソフトを多く作ることができなくなりそうです。

 

アプリ1本が全く売れない状況になると、それまでの開発費が全てパーになってしまうところがアプリ開発の一番のネックです。システム構築のコストはものすごく高いので1本失敗するだけで会社が傾いてしまうことに。

 

MSワラント株で赤字幅縮小を試していますが、このまま株価が下がっていくことが予想されるので、全体としては経営悪化は避けられない状況でしょう。

 

そう思って日本一ソフトウェアの決算情報を調べてみました。

 

 

昨年に比べれば確かに売り上げは下がっていますが、経常利益は2億9300万円残ります。42%減にはなっていますが、フォワードワークスと比べればまだまだ黒字なんですね。

 

黒字体質だったので、経営基盤がぐらつくということはないのかもしれないです。これ以上、悪い情報が残されていないなら倒産ということはなさそうですね。

 

これまでの作品もあるので、他の部分で収益を支えているから赤字にはなりませんでした。赤字になるならどこかの会社が買い取るという線が現実的になりそうですが。

 

しかし理由が分からないのはMSワラント株を発行したことです。人件費を払えないからということが誤解で、単純に株を増やしたかったのか・・・会社の戦略に理由を利用されたのではないかと考えます。