Pocket

あなたの番です

今週も始まりましたドラマ「あなたの番です」。

今回は、前回のショッキングな殺人事件についての住人たちの心理状況が物語のメインになっていまいた。

次々とマンションで起こる殺人事件・・・。

今回は犯人のてがかりを見つけ出すことがーできるのでしょうか!?






ドラマ「あなたの番です」第5回のあらすじは?

前回502号室の赤池さん夫妻が殺されている殺人現場の、第1発見者になってしまった主人公の菜奈、夫の翔太、藤井と早苗。

警察がすぐにやってくるも、翔太は震えています。

 

 

そこに翔太の隣に住む尾野が

「翔太さん、大丈夫?」

と、声をかけ菜奈はちょっと違和感を感じました。

 

 

すさまじい惨劇を目撃した後とあって、翔太は動揺を隠しきれません。

「菜奈ちゃん、引っ越そうよ!」

部屋に帰るなり、菜奈にそう提案する翔太。

 

 

しかし菜奈は、自分が殺人ゲームのときに書いた名前の人の行く末が気になるので、引っ越しを拒否します。

翔太には殺人ゲームのことは内緒なので、

「警察が出たり入ったりしているこのマンションこそ、安全なんじゃない?」

なんて、翔太を言いくるめるのです。

 

 

そしてまた臨時住民会・今回の議題は?

後日また臨時の住民会が行われました。

議題は「殺人ゲームのことを警察に言うか」ということでした。

言い出したのは菜奈。

 

 

菜奈は自分が書いた人が、本当に死んでしまったらどうしよう・・・と不安になっています。

しかし住民会に参加していたのは、シングルマザーの北川を除いた10人。

結局、菜奈と早苗、サワ以外の住人は、警察に殺人ゲームのことを告白することを拒否しました。

 

 

その結果の流れで、菜奈と早苗、サワ、浮田の4人で話すことになります。

その途中、北川と1階のカヨがもめているところに遭遇します。

カヨが北川の小学5年生の息子、ソラを部屋に連れ込んでカヨが購入したパジャマを着せていたことに激怒。

 

 

以前には髪を勝手にカヨに切られた!と興奮していました。

カヨと北川の確執も、被害にあった502の赤池家族のように根深そうですね。

 

 

殺人ゲームの紙には誰が?暴かれていく真実

カヨと北川のケンカをとめた後、菜奈たちは浮田の車で話し合います。

その話とは・・・浮田が書いた殺人ゲームの紙に「赤池美里」と、書いたことでした。

その事や、美里が殺害されたときのアリバイを警察に言いたくないから・・・と浮田は菜奈に協力できないことを詫びます。

美里に普段から強いたげられていた浮田。

 

 

しかし本当に殺されるとは思っていなかったらしく、殺人犯は自分達で調べないか?と浮田は提案します。

この話に菜奈たちは同意し、4人で結束を固めるのでしたが・・・。

その頃警察では、浮田のことを話し合っていました。

 

 

その内容は

「浮田は暴力関係者で、詐欺の常習犯」

というもの。

 

 

つまり、人を騙す話術の持ち主、ということなのです。

翌日、菜奈のもとに1階の久住が訪れます。

久住は自分は俳優の袴田吉彦ににている、といつもからかわれるので紙に袴田の名前を書いた、と言うのです。

 

 

その頃、俳優の袴田義彦のもとに3人の暴漢が・・・。

今回の被害者は、袴田義彦だったのです。

 

 

ドラマ「あなたの番です」第5話を観ての感想

今回もハラハラする展開でしたが、今回は殺人というよりも心理的に追い詰められるような展開でした。

早苗と菜奈が食事しているときに、翔太がつれてきいた住民会に不参加の他の住民が

「殺人ゲームってなにやってんですか!」

と菜奈たちに詰め寄り、菜奈と早苗は困惑。

 

 

ごみ清掃係りの木下は、5階の佐野が血まみれのタオルをゴミに出していたことにおののきます。

また、木下のあさったゴミから、「302号室の人」とかかれた紙が出てきて・・・。

菜奈に相談してきた久住が相談していた、袴田が今回死んだ・・・ということも大きな鍵になります。

 

 

紙に書いた人が殺されて、殺害犯の順番が回ってくる、というルールのこのゲーム。

ということは、美里夫妻を殺したのは久住?と、いうことになるんですよね。

 

 

次のターゲットと犯人は誰なのか・・・。

翔太と細川とのトラブルも気になります!