Pocket

インハンド

 

今回、紐倉の過去を知る人物が現れ、紐倉の過去が明らかとなります。

やっと義手の謎が解けますね。

 

腕が痛むたびにフラッシュバックされる辛い過去ですが、いったい何があったのでしょうか?

 






インハンド 5話 あらすじ

 

 

紐倉は、また過去の事件になされていました。

高家は紐倉に幻肢痛を治す為に過去のトラウマと向き合う治療をすすめますが、紐倉は聞く耳を持ちません。

 

 

そんな中、牧野は、紐倉と入谷の過去を知るフューチャージーンCEOの福山を高家と尋ね、紐倉と入谷の間に何があったのか話を聞く事にしました。

 

 

福山は、紐倉の大学時代の教え子でCDCにも誘ったのも福山でした。

入谷はクローン病だったので、アメリカに連れて行くことは反対していたそうです。

 

 

福山、紐倉、入谷は、5年前フィリピンの島 感染症の調査をしていました。

紐倉と入谷は兄弟のように仲が良くいいコンビだったそうです。

 

 

そんな中、最初の犠牲者は7歳の少女マリアで、エボラウィルスに感染していました。

アメリカ陸軍に報告し、エボラウィルスの一斉調査が行われたのです。

 

 

感染した患者の治療をしたいと頼む入谷でしたが、米軍は感染者の特定を急げと言い何もさせてもらえない事に入谷は不信感を持っていました。

 

紐倉も、エボラウィルスの事は昨日報告したばかりなのに今日大勢でアメリカ陸軍が来るのはおかしいと言い、マリアの感染源を調べる事にしたのです。

 

 

色んなところを捜索し、森を進んでいくと、そこに墜落した米軍機をみつけました。

 

 

色んなものを拾い集めるのが好きだったマリアのコレクションの中にもあったワッペンを見つけ、マリアもここへ来た事がわかったのです。

 

 

そして、墜落したヘリは、エボラウィルスを輸送していて、マリアはここでエボラウィルスに感染しました。

2人がテントに戻るとマリアが亡くなり陸軍に運ばれていたのです。

 

 

マリアと仲良くしていた入谷はCDCから連絡が入り翌日撤退することになったのですが、ここで帰るのは村人を見殺しにしたと同じだと帰るのを拒む入谷

 

 

病原体を持ち帰り治療薬をつくりたい、マリアの死を無駄にしたくないと言うのです。

『感情の奴隷になるな』という紐倉に入谷は、『感情がないと人間じゃない 』と2人の意見はわかれていました。

 

 

そしてCDCへ戻ってしばらくすると、マニーから画像が送られてきたのです。

陸軍が遺体をバーナーのようなもので燃やしていた写真でした。

 

 

そんな時、米軍隊長のキャロウェイが紐倉を訪ねてきたのです。

紐倉はフィリピンのあの村はどうなったのか聞くと、村は元どおりになったと言う。

 

 

入谷は、マニーに何かあったら知らせてくれと携帯を渡していました。

マニーとは連絡が取れなくなり、村は全滅していたのです。

 

 

そして、あのウィルスは、ただのエボラウィルスではなく殺人兵器として米軍が開発したウィルスでした。

 

 

その事を隠蔽するために、米軍は、島ごと消したのです。

ですが、入谷はエボラウィルスを持ち帰り、こっそり研究していた事を知り、キャロウェイに謝る事を進めたのですが、既に陸軍が動き出していました。

 

 

屋上に逃げるが、囲まれる入谷。

そして紐倉を巻き添えにしない為に、

 

『おまえのせいで計画はめちゃくちゃだ』

『おまえが憎い』

 

と叫び出します。

 

 

ついに追い詰められ、飛び降りる入谷の腕を掴んで助けようとしていた紐倉だったのですが、その腕を陸軍に銃で撃たれ、腕ごと入谷は落ちていきました。

 

 

一方紐倉はその時、最後に入谷と話した言葉を思い出せずにいた。

福山は高家に、何で紐倉のようなひねくれものの助手になったんだ?と聞くと、

紐倉は、必要な人間だから入谷さんと同じ気持ちですと言う高家。

 

 

その言葉を聞き、渡したいものがあると

入谷の遺留品を高家に託します。

 

 

紐倉に渡そうとしたが受け取る資格も見る資格もないと言っていた事を聞きます。

高家が研究所に遺留品を持って戻ると、福山から色々話を聞いたことを伝えました。

 

 

入谷は恨んでなかったと遺留品の中にあった入谷の日記を見せます。

その日記の中に実験中にエボラウィルスに感染していた事が書かれていたのです。

 

 

そして、最後のページに

 

『紐倉哲の助手でよかった  哲、ありがとう』

と書かれていました。

そのページを見て最後の言葉を思い出す紐倉。

 

 

入谷『いつか新しい助手みつけてくれ』

 

紐倉『君じゃなきゃダメだ』

 

入谷『あとはたのんだ世界を救ってくれ』

 

という言葉だった。

 

そしてとある研究所のような場所で冷凍保存されたエボラウィルスを出す福山。

福山もエボラウィルスを持って帰っていたのでした。

 

インハンド 5話感想

ついに紐倉の過去が明かされましたね。

毎回義手の痛みに耐えていた紐倉を見て、この手はどうしたんだろう?と思って見ていた人も多かったと思います。

 

 

今回はがっつり過去を振り返る回となりました。

その中でもやはり、最後の入谷が飛び降りるシーンは感動しましたね。

 

 

いつも紐倉の回想シーンでは、最後入谷が何を言ったのかわからなくて、紐倉も覚えていない状態でした。

 

 

思い出すきっかけとなったのが、福山のところで高家が預かってきた入谷の日記です。

最後、入谷の手を取り話した2人の会話は、

 

入谷『いつか新しい助手みつけてくれ』

 

紐倉『君じゃなきゃダメだ』

 

入谷『あとはたのんだ、世界を救ってくれ』

 

という言葉でした。

米軍に撃たれるまでにされた会話だったんですね。

 

 

今までの紐倉の中での回想シーンでは、入谷は紐倉を恨んでいるように、睨みつけているシーンが多かったのですが、全くそんな事はなく、むしろ自分と仲間だと思われたら紐倉の身が危ないと、わざと突き放すような事を言っていただけでした。

 

 

そして、入谷の日記の最後に書かれていた

 

『紐倉哲の助手でよかった

哲、ありがとう』

 

というものでしたね。

 

今まで恨まれているの思っていた入谷に実は『ありがとう』と思われていたなんて、日記を見るまでは、わからなかった事です。

 

 

高家と牧野が居なければ、入谷の本当の気持ちを知る事は出来ませんでした。

これから紐倉は、幻肢痛に悩まされる事も少なくなり、牧野、高家との絆も少しは深くなるのではないでしょうか?

 

 

3人の絡みが面白いとファンの中でも話題なので、またあの絡みがみたいですね!

 

 

スポンサードリンク

紐倉の助手、入谷役の人は誰??

 

今回、紐倉の助手として出演していた入谷役の松下優也さんが、放送後検索ランキングでトレンド入りしている程注目されていました!

 

 

そんな入谷役の松下優也さんについて調べてみましたよ。

 

生年月日 : 1990年5月24日生まれ

 

出身 : 兵庫県西宮市

 

身長 : 180㎝

 

2015年関西発のボーカル&ダンスグループX4のメンバーです。

 

12歳の頃、紅白歌合戦に出場していたw-inds.が歌って踊る姿に感銘を受け、歌とダンスに興味を持ちオーディションを受け、大阪のスクールに通い始めます。

 

 

その後15歳の時、母親と進路の事で揉めて、ニューヨークへ単身渡し、やはり自分のやりたい事は、音楽だと再確認し、帰国後母親を説得し、中学卒業後は、高校へ進学せずに音楽の勉強をすることにしたのです。

 

 

かなり、行動力のある人生ですよね!中学生が単身渡米って勇気とある行動だと思います。

 

 

学歴社会の今、高校へ進学せずに自分のやりたい道に突っ走る姿は男らしいですよね。

 

 

ドラマの中での英語シーン、ネイティブな発音だなと思いましたが、そういった過去があるからだったんだなと納得です。

 

 

今は音楽活動や、俳優業と活躍されているのですが、今後もっと活躍する場が増える方だと思います。

まとめ

 

ついに、なぜ紐倉が義手になったのかがわかりましたね。

入谷を助けようとして腕を撃たれていたなんて、何か切ないです。

 

 

しかも、アメリカ陸軍は自分たちが悪いのにも関わらず事実を隠蔽し、たくさんの人の命を奪ったのに、何も処分されていないなんて納得できませんよね!

 

 

そして紐倉にこんな過去があったなんて、正直驚きました。

でも、ちゃんと入谷のことを思い出し、紐倉もやっと前に進める気がします。