Pocket

倉沢淳美と旦那のドバイ生活

 

倉沢淳美さんが現在ドバイに住んでいます。

そして、娘のケイナさんがすごいかわいいんですね。

淳美さんが住んでる家もケイナさんが身につけている私服やアクセも素敵でした。

そこで、ドバイで暮らしているくらべ・倉沢淳美さんの暮らしぶりを見ていきたいと思います。

 






倉沢淳美が現在は旦那とドバイで生活

元くらべとして活躍した倉沢淳美さん。

現在は旦那さんと共にドバイへ移住してセレブな生活をしています。

倉沢淳美と旦那のドバイ生活

 

 

旦那さんと出会ったのは日本のジムで出会います。

エアロバイクに座った時に隣にいた外人に気づいて、その方に「ハロー」と話しかけたら「こんにちは」と返されたところから始まったそうです。

 

 

結婚後も、倉沢さんがお仕事をすることを進めていた旦那さんのジェームス・ラングさん。

しかし、お仕事をし続けることはなく、オーストラリアに移住を決めます。

そこで3人のお子さんを設けることになります。

 

 

その後、ドバイに移住し、子供たち3人はそれぞれ別の場所に留学中。

 

 

住宅や食費の物価がヤバいくらい高い

ドバイは砂漠の中にある都市のため、物価は自然と高くなってしまいます。

 

しかも、住んでいる場所は世界最大の人工島「パームジュメイラ」

右の部分は超高級でマンションが66億円するとか。

 

 

デイビット・ベッカムもパームジュメイラに別荘を持っているんですって。

世界のセレブたちが住んだり、別荘を持っているエリアなんですね。

 

 

倉沢さんもそんなすごいエリアに住んでるんです!

でも、ご謙遜されていてもう少し安いマンションに住んでいるとか。

 

 

パームジュメイラの幹の部分は、少し安い住宅費といっていましたが、

おそら数十億はするマンションに住んでいるはずです。

 

 

そんなところに住んでいる倉沢さんはヤバいくらいセレブなんですね!

 

 

食費もヤバい

ドバイに住んでいながら日本の食材も手に入る生活をしています。

が、その食材がめっちゃ高いんです。

 

 

白菜1個が1200円もするとか、日本の4倍以上はするんですよ。

ドバイは砂漠の中にあるから、輸入費で高くなっちゃうんですね。

物価が高いといえばハワイもその1つですが、ドバイのように高くなく、豚の細切れが4ドル以下(400円~500円)で買えてしまいます。

その差を知ればびっくり!

 

 

そして、さらにびっくりするのが教育費。

学校の送迎バスが1人60万もするようです。

倉沢さんは3人のお子さんがいたので180万円も払うことに。

 

 

スポンサードリンク

娘のケイナが可愛すぎ

倉沢さんの娘さんのケイナがすっごいかわいいんです。

どんな方かというと、こんな方。

 

 

View this post on Instagram

 

☀️

Kaynaさん(@k_ayna)がシェアした投稿 –

 

オーストラリア人と日本人のハーフなので、キレイな目の色してるし

肌の色も小麦色で素敵です。

 

 

そして、いつも素敵なシルバーアクセやサングラスを身につけています。

 

 

View this post on Instagram

 

Tell me more

Kaynaさん(@k_ayna)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

Bon appetit! 🌹

Kaynaさん(@k_ayna)がシェアした投稿 –

 

かなりのおしゃれさんです!

見ているだけでかわいいですね。

 

気になる方はケイナのインスタをチェックしてみてください。

インスタ⇒Kayna