Pocket

 

 

神戸市新開地で50歳の男性を暴行し重体にする事件が発生しました。

その暴行を起こした容疑者は、「松本雅裕」容疑者48歳。

 

その一部始終が商店街の防犯カメラに録画されていました。

松本容疑者は「向こうが絡んできた。暴力は振るっていない」といっています。

 

しかし、報道された動画を見ると暴力をふるっていないというのはおかしいですね。

動画はこちらから。

 

とはいえ、2人には面識がないといわれています。

 

暴行を受けた男性50歳は意識不明の重体ということなので、かなりの暴行を受けたと考えられます。

 

そこで、松本雅裕容疑者が起こした事件の犯行動機を考察していきたいと思います。

 






松本雅裕はどこで犯行を起こしたの?

容疑者と被害者はどちらも、お酒に酔っぱらっていたということです。

そこで、どこで暴行事件を起こしたのかをチェックすると。

 

それは、兵庫県神戸市兵庫区新開地3丁目あたりです。

このあたりは居酒屋が何件もあるので、ここらでお酒を飲んでいたと予想できますね。

 

 

おそらく、居酒屋の中での容疑者の振る舞いが悪かったのでしょうか。

暴行を受けた被害者が細かいことを言って、容疑者がキレてしまったのだろうと思います。

 

 

店の外で会って突然ケンカが始めることもありますが、あまりないのかなと思います。

 

 

そのため、松本雅裕容疑者が新開地3丁目にある居酒屋で飲んでいたところ、被害者からケンカを吹っ掛けられて、先に手を出してしまったのでしょう。

 

 

こちらの画像を見てもわかるように、突然松本雅裕容疑者が手を出しています。

そしてすぐに被害者は倒れて、容疑者は立ち去っていきましたね。

 

 

ケンカは買ったけど、忍耐力のなさを露呈してしまい先に手を出してしまいました。

そして、逮捕されてしまうんですね。

 

 

被害者はどんな人だった?

今回の事件は酔っ払い同士の事件なので、喧嘩両成敗というところがありますね。

でも、暴行を受けた方は重体になるほどの危険な状況にあることは、容疑者がやりすぎです。

 

 

しかし、元々いんねんをふっかけたのは被害者。

これは良くなかったですね。

 

 

被害者の見た目をよく見ると、悪そうな顔つきしてますね。

その顔で相手に詰め寄って、かなり口で言いがかりをつけている感じがします。

 

 

相手との距離がかなり近いですよね。

こんなに近くで怒鳴りあっていたらケンカするしかないってくらいです。

 

 

被害者も被害者なんだなという感じですね。

 

スポンサードリンク

松本雅裕が興奮して暴行した?

今回のケンカの原因は被害者の50歳の男性であることはこの動画を見るだけで想像できます。

しかし、手を出してしまったのは松本雅裕容疑者です。

 

 

犯行動機はおそらく、酒を飲んで興奮しやすい状況にあっただめ、被害者の言葉にかっとなって暴行したように見えます。

 

こちらの画像を見てください。

 

白いシャツを着ている松本雅裕容疑者が手を出しているところです。

しかし、その前は容疑者の右側の人に被害者がいんねんをつけていました。

 

 

その中を割って入り、突然殴りかかったのが松本雅裕容疑者なんですね。

直接相手をしていたわけでないのに、いきなり殴りかかった。

 

 

それに、松本雅裕容疑者の周りには複数人の仲間がいることがわかります。

仲間もいて人数的に有利な状況で、お酒に酔って気が大きくなっているところに被害者の言葉にカッとなってしまい殴ったということが考えられます。

 

 

容疑者は神戸市内の会社に勤める会社員ということで、普段からのストレスがたまっていたのでしょう。

そのストレスを発散するにはお酒を飲んでどんちゃん騒ぎして楽しんでいるところに水を差されてしまったので気分が悪くなってしまった。

 

 

元々、キレやすい性格だったので48歳という年齢ですが、感情をコントロールできなかったように見えます。

警察に逮捕された後も相手が絡んできただけで暴力をしていないといっているくらいです。

 

 

普段から言い訳をしたり、ごまかして生きてきたので警察もごまかそうと思っている感じが伝わってきます。

警察はそんなことはわかっているので、簡単にはごまかされないでしょうね。

 

 

防犯カメラの映像を見せれば事実から言い逃れはできないので、ここでは虚勢を張れないことになりそうです。