Pocket

 

ラジエーションハウス4話では、ガールズバンドのボーカル彩として佐藤ノアさんが出演します。

 


そんな4話の内容をネタバレしていきます。

 






あらすじ

唯織の事を少しずつ気になり始めている杏ですが、2人の間に何か進展があるのかもきになる4話ですね!

 

読影している目の演技も見逃せません!

 

 

ラジエーションハウス 4話 あらすじ

 

唯織は、偶然に飲み屋の帰りの杏と出会い酔っていた杏を介抱する事になりました。

翌日、放射線科に唯織を呼び昨日の事を謝る杏。

 

 

そんな時、辻村が杏をカンファレンスに呼びに来ました。

辻村が、杏の見ていた画像を見ると以前診察した患者のものでした。

 

 

画像所見と血液検査の結果が合わない事が気になって、再度見直していたようです。

この患者さんは、辻村により関節痛と診断されていました。

 

 

辻村と杏がカンファレンスに行った後、その画像を見た唯織は、その患者の問診票などを見て調べる事にします。

 

 

そんな中、バンドをしている坂元美月が右肩の痛みを訴えて検査を受けに来ていましたが、カンファレンスの結果、経過観察となりました。

 

 

そして数日後再び、美月が診察を受けに来ました。

 

バンドが解散する為、最後のライブを悔いのないようにやり遂げたいが、思うように肩が動かず、診察に来たと言う美月。

 

 

ですが、その後も経過観察となりました。

 

唯織は杏が今朝見ていた関節痛の患者を調べていました。

 

 

何かの疑いがあるかもしれないと気づいた唯織は、再検査をする事にしたのです。

 

検査中、何も聞かされていない鏑木は、激怒し検査を中止しなさいと言いにきましたが、ちょうど検査も終わったところでした。

 

 

鏑木は、これで何もなかったらそれなりの処分を受けてもらうと怒っていたが、検査の結果、何も異常は見つからなかった。

 

 

異常がなかった事に残念でしたねと言う鏑木に唯織は、

 

『残念?今喜ぶところじゃないんですか?』

 

とあっけらかんとした顔で言う唯織。

 

でも、病院のルールを破って無駄な検査をしたと怒る鏑木。

 

長引く股関節痛であれば、特発性大腿骨頭壊死症である可能性が十分にあり、もしそうであれば、一刻を争う事態だった事を確かめる検査のどこが無駄だったのか?と言う唯織。

 

 

何も言い返せない鏑木は、検査の指示は誰がしたんだと粗さがしをしていると、そこに院長が現れ、検査の指示は、総合診療科部長が出したものだとわかり引き下がって行きました。

 

 

何事も諦めず、真っ直ぐな唯織の姿を見た裕乃は、最近空回りしている自分と比べて落ち込んでいました。

 

 

そこに技師長がきて、1人じゃ無理でも誰かの助けがあったらどうにか出来る事もあるし、俺たちはチームなんだからいくら迷惑をかけてもいいと言う技師長。

 

 

その言葉に後押しされ、裕乃は気になっていた、坂元美月の再検査をして欲しいが自分ではどうしたらいいかわからないとラジエーションハウス メンバーに相談します。

 

 

初めてみんなに助けを求める裕乃にみんなは、快く力を貸します。

そして、坂元美月は再検査を受ける事になりました。

 

 

杏と辻村が検査の写真を見ましたが、異常は見つからなかったのです。

そんな時、杏は唯織の意見も聞いてみたいと、唯織を呼び読影してもらいます。

 

 

唯織は、画像見て異常はないと言いますが、画像がトリミングされている事に疑問を持ちました。

 

 

画像は、軒下が肩の写真が必要なのに、旨まで移されていたので、無駄な部分をトリミングしていたのです。

 

 

肩の痛みであれば肩の画像だけで良かったのに広い範囲を撮影したのには理由があるのでは?と撮影した裕乃に聞くと、美月は肩というよりも、背中を痛がっていたように見えたので広めに撮影したのだと言います。

 

 

その言葉を聞いた唯織は、トリミングした画像を復元し、再度検査した結果、気胸だとわかりました。

 

 

1週間以内に治りライブにも問題ないと聞き安心する裕乃。

 

今回は裕乃でなければ、広めに写真を撮影するという事は出来なかったと言う唯織の言葉に救われた裕乃は、自分も前に歩き出す決心をします。

 

 

そして、杏は唯織に

 

『色々とありがとうございました』

 

とお礼を言いました。

 

 

唯織は、ずっとその言葉を待っていたと大喜び。

杏は、唯織の事が気になり始めている様子でした。

 

 

 

スポンサードリンク

ラジエーションハウス 4話感想

自分の空回りしている状態に、イライラし、なかなか思うように成果が出ず苦しんでいた裕乃に小野寺技師長の言葉がすごく素敵でしたよね。

 

『俺たちはチームなんだからいくら迷惑をかけてもいい』

 

 

こんな事言ってくれる上司最高ですよね。

この言葉は、裕乃にとって過去のトラウマから抜け出すいい機会になったはずです。

 

 

小野寺技師長は、いつもはヘラヘラしていて仕事もあまりしていないようにも見えますが、いざとなると、仲間を守り助けてくれる存在ですね。

 

 

本当にカッコいい頼れる上司です。

そして相変わらず唯織は、また単独行動で気になる患者の再検査をやったりマイペースに動いていましたね。

 

 

そして今回は少し、杏の気持ちに変化があったように思いました。

 

診断結果に唯織の意見も聞きたいと言ったり、唯織を待ち伏せしてお礼を言ったり、唯織をじっと見つめたりするシーンがありましたよね。

 

 

昔のことは、思い出せないけど、唯織

の事は本能的に気になるんでしょうか?

 

 

その視線に気づいていたようなたまきが、2人の間に入って2人の仲を何かしてくれそうな予感もありますね。

 

 

今後、杏と唯織の関係がどうなるのか、とても気になります。

 

 

だんだん面白くなってきたと声多数で高評価に!?

 

最初は、酷評が多かったラジエーションハウス ですが、だんだんと面白くなってきたとと言う声も増えてきましたね。

 

 

「最初は、現場とのギャップがありすぎて、見る気が失せた」

 

「本田翼がダイコンすぎる」

 

など結構批判されていましたが、だんだんと評価も変わりつつあるようです。

 

 

『回を重ねるごとに面白くなってきた!』

 

『無駄な悪ふざけが減って見やすくなった』

 

『見飽きた医療ドラマより目新しくて面白い!』

 

など高評価をしてる人が目立ってきました。

 

 

ですが、その一方でまだ根強い批判的な意見があるのも事実です。

特に本田翼さんへの意見が多くあるのが目立ちますね。

 

 

『出演している俳優陣の中で本田翼の演技だけがボウすぎて悪目立ちしている』

 

『女医が似合わない』

 

『広瀬アリスがヒロインの方が良かった』

 

などの意見もありす。

 

 

やはりギャップがありすぎるという事でしょうか?

 

笑顔が素敵で可愛い印象の本田翼さんが、真逆のイメージである役を演じているに事にまだまだ、慣れない視聴者も多いようですね。

 

 

そんな中ずっと褒められ続けている人も居ます。

それは唯織役をしている窪田正孝さんの演技です。

 

 

『窪田正孝さんが主演だからみてるけど

本当に上手!』

 

『目の演技がカッコいい』

 

『可愛さと格好良さのバランスがいい』

 

など、窪田正孝さんの評価が高い分、本田翼さんの悪い評価が目立ってしまっている事も事実ですね。

 

 

回を追うごとにドラマも良くなっていますし、前よりかはだいぶ不評も減っているので、最終回に向けてひと盛り上がりがあれば、もっと面白くなりそうですよね。

 

 

早く唯織がスーパードクターという事がみんなに知れる日が来て欲しいです。

 

スポンサードリンク

ゲスト

山本舞香:坂元美月役

年齢:21歳

生年月日: 1997年10月13日

身長: 155 cm

職業: 女優、ファッションモデル、タレント

SNS:ツイッター

 

ドラマ「トレース」にも出演して、二階堂ふみに似てるって評判になってましたね。

 

 

佐藤ノア:ガールズバンドの彩

年齢:21歳

生年月日: 1997年7月9日

身長: 151 cm

職業: バンドボーカル、ミュージシャン、ファッションモデル、YouTuber

音楽グループ:suga/es(シュガレス)⇒公式ツイッター

SNS:ツイッター

 

View this post on Instagram

 

んべ

佐藤ノア(suga/es)さん(@sugar_79)がシェアした投稿 –

 

佐藤ノアさんの所属するシュガレスではこんな曲を歌っています。

是非動画でチェックしてみてください。

 

sugales(シュガレス)

タイトル「赤煉瓦」

 

彩(佐藤ノア)が歌っている曲は?

suga/es(シュガレス)の歌を歌うのか、マンウィズの「Fly-Again」を歌うのか・・・

どっちかなんでしょうね。

 

たぶん、シュガレスの歌を歌うと思います。

 

その中でも今回のストーリーに合っていそうなのは、

  • お前だけじゃない
  • 終わらない今日
  • 都会の反抗期

当たりかなと予想します。

 

どんな歌なのか、放送日が楽しみです。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

唯織の仕事に付き合う姿が、杏の心に響いてる感じがしますね。

最後のシーンは特に印象的で、じっと唯織の姿を見つめる杏の姿がありました。

 

 

そこに登場するたまきが、

『え?まさかね』

みたいに何かうっすら気づいた感じがまた面白くなりそうな予感がしますね。

 

 

この2人の関係がどうなるのか楽しみです。