Pocket

インハンド

 

紐倉の過去が少しずつ紐解かれていますが、今回は紐倉の過去を知っている人物が現れましたね。

いったい過去何があったのかも気になります!

 






インハンド4話あらすじ

 

『人を自殺させる病原体って聞いたことある?』と牧野が紐倉の研究所を訪れました。

 

 

なぜそのような事を尋ねたかと言うと、外務事務次官の創子の元に1枚の脅迫状が届き、人を自殺させる病原体をばら撒き、自殺させてきた。

 

 

日米外相会談を中止にしなければ、創子の娘をターゲットにするという内容でした。

それをサイエンスメディカル対策室て調べる事になったのです。

 

 

紐倉によると、人を自殺させる病原体がないとは言い切れないという事で、紐倉も一緒に調査する事になりました。

 

 

まずは、その病原体で自殺したとされる水原舞の家を訪ね母親から話を聞くと、舞は急に落ち着いがなくなり、飛び降り自殺をしたと言うのです。

 

 

そして、自殺未遂に終わった菊池香織が入院する病院を尋ねるが、香織が居なくなったと病院内が大騒ぎになっていました。

 

 

屋上へかけつけると、飛び降りようとしていた香織を創子の娘である恵奈が必死に止めている所でした。

 

 

香織は、牧野や高家に助けられて一命を取り止めたのですが、何やら発作のようた症状が出ている様子だったのです。

紐倉たちは、恵奈から話を聞く事にしました。

 

 

自殺した舞と、香織、恵奈、行方不明になっている貴成は、幼馴染で1年くらい前からSNSで繋がり集まるようになっていたのです。

 

 

何か今回の事で思い当たることはないか恵奈に聞いていると、一週間前に治験モニターをしていた事がわかりました。

 

 

その治験は、新型の非ステロイド性鎮痛剤でした。

 

実は、この治験を行なっていたセクメトジャパンが怪しいと疑っていた恵奈が、脅迫状を書いて誰かに動いてもらうように仕向けたものだったのです。

 

 

セクメトジャパンを外から調べるのが困難な為、高家がセクメトジャパンの治験に参加する事になりました。

 

 

そんな中、隼人が紐倉の過去を調べているとある事がわかったと牧野に電話がかかってきます。

 

 

以前、紐倉の助手をしていたイリヤが自殺し、その原因が紐倉にあるというものでした。

 

牧野は高家に紐倉にそんな助手がいなかったか聞いてみますが、高家には心当たりは無かったようです。

 

 

高家ら、隙を見て治験データ室へ潜り込み、データを紐倉に送っていました。

立ち入り禁止の場所から出てきた高家に声をかける鍋島。

高家の履歴書を見て、紐倉の研究所で助手をしている事を聞かれます。

 

 

彼は人殺しですよと言う鍋島に牧野と高家は詳しく話を聞く事にしました。

実は助手だったイリヤは、元々セクメトの研究者だったのです。

 

 

ですが、紐倉の引き抜きによりイリヤは、セクメトを辞め、鍋島と共同研究していた研究はそのままとなってしまった過去があったのです。

 

 

イリヤは紐倉と共に、CDCへ行き、CDCには内緒で、東南アジアの村を舞台に危険な実験を行なっていました。

 

 

その噂を嗅ぎつけたアメリカ陸軍が紐倉を調査しようとしたが、その事をいち早く察知した紐倉は、助手のイリヤに押し付けてイリヤは、陸軍の厳しい追及に逃げきれなくなり自殺をしたというのです。

 

 

一方、研究所では紐倉が恵奈と一緒に、昔みんなで遊んでいた場所を周っていました。

そしてとある馬小屋にたどり着きます。

 

 

そこで行方不明になっていた貴成が倒れているのを発見したのです。

紐倉は、すべてはセクメトに原因があるとし、鍋島と会う事になりました。

 

 

自殺の原因はセクメトの治験にあると紐倉は言いますが、言いがかりだと反論する鍋島。

 

 

治験に使われている非ステロイド性鎮痛薬は、ウィルス感染時に服用すると脳症を引き起こす原因となるのです。

 

 

脳症になると異常行動を起こしやすくなり、自殺を誘発する事ともあります。

 

 

事前にウイルスチェックをしてから治験を行なっていたが、そのチェックから漏れていたウィルスがあったと紐倉は指摘するのです。

 

 

舞、香織、貴成は、幼少期に馬から感染するボルナ病ウィルスにかかっていました。

 

ボルナ病ウィルスは、体内に入って何年も潜伏していて、今回治験で使った薬に反応したのです。

 

 

鍋島は、その事に気付きながら事実を隠蔽していました。

 

 

気づくと恵奈の姿がなく、自分が治験に誘ったせいだと屋上で飛び降りようとしていたのです。

 

そんな恵奈の姿を見て、

 

『前を向いて生きていくんだ

人間は笑顔になれる唯一の生物だ』

 

と紐倉が語ると恵奈は泣き崩れ思いとどまります。

そして、セクメトジャパンは、厚労省の捜査がはいり、治験は中止となりました。

 

 

紐倉は、研究所で義手の痛みに耐えていました。

高家が気づき紐倉に呼びかけるが意識を失ってしまいます。

 

インハンド4話感想

 

毎回カッコよすぎる紐倉にドキドキさせられています!

あの冷たい言い方なのに温かみのある演技、最高ですよね。

 

今回の回では、紐倉が恵奈に言った言葉が印象的です。

 

感情の奴隷にはなるな

人間は感情に振り回される生き物

悲しみや苦しみに左右され命を絶つ事もある

 

感情があるから人間だ

前を向いて生きていくんだ

人間は笑顔になれる唯一の生物だ

 

だからもっと笑えばいい

まぁお互い頑張るって事でな

 

何てかっこいい言葉なんだろうと思いました。

 

自分が悩んだ時にも当てはまりそうな言葉ですよね。

私のように山P演じる紐倉にドキドキしてる人多いのではないでしょうか?

 

 

そして今回4話では、紐倉の過去がわかる重要な回となりました。

そして入谷という助手が自殺した事も描かれていましたね。

 

 

この自殺を紐倉のせいだという事でしたが、本当にそうでしょうか?

確かに紐倉は冷たい感じに見えますが、高家と接している姿を見ても、冷たいけど情に熱いタイプのような気がします。

 

 

高家の事も、散々冷たい言葉を浴びせますが、必ず最後は助けてますよね。

なので見捨てたのではなく、何か他にあるような気がしてなりません。

 

 

そして、入谷が自殺した時、ビルから飛び降りる入谷の手を取り何でかその後、紐倉の手がちぎれていたシーンが流れましたが、入谷を助けようとして手を失ってしまったのでしょうか?

 

 

だとすると、入谷を見捨てたわけではないような気がします。

紐倉博士はそんな人ではないはずです!むしろそうあって欲しいという願望ですが、、(笑)

 

 

いよいよ次週は過去の紐倉の回となります。

何故紐倉の助手だった入谷は自殺してしまったのか?

 

 

村が一つ無くなってしまうほどの危険な実験とは何だったのかがわかるかもしれません。

来週は、きっと感動間違いなしですよね。

 

 

スポンサードリンク

インハンドの評判は?山Pはやっぱりカッコイイ!

物語も終盤にさしかかろうとしていますが、視聴者の評判はとてもいいように思います。

 

『4月のドラマで一番面白い!』

 

『紐倉、牧野、高家の掛け合いが最高!』

 

『次の話が早く見たい!』

 

『山Pの紐倉博士ぴったり!』

 

『紐倉博士かっこいい』

 

など、山Pの演技を絶賛している声が高い事がわかります。

原作ファンからも、支持されているって凄い事ですよね。

 

 

原作がある作品は、根強いファンがドラマを批判したりするものなのですが、『インハンド』に関しては、あまりそういったファンは居ないように思います。

 

この紐倉の影のある感じと山下智久さんの雰囲気がとっても合ってる感じがしますね。

後、必ず1話に1回ある高家と紐倉の絡みが面白いですよね。

 

 

紐倉は結構、高家にはきつい事も言うのですが、うまくかわして返してる所が、ほっこりします。

一方でインハンド面白くないという意見もありました。

 

 

でも、山Pが演技下手とか嫌いとかというものではなく、インハンドの内容があまり面白くないという人が居るようですね。

 

 

確かに紐倉博士の個性がかなり出ているドラマではありますが、内容も実際にあるウイルスや病原体についてわかりやすく、詳しく描かれていて、見ていて勉強になります。

 

 

いよいよ次週からは紐倉の過去が描かれる事になりますが、どんな隠された過去があるのか気になりますね。

 

紐倉が犯した罪は人殺し?5話で明らかに?

紐倉は5年前までCDC(アメリカ疫病予防管理センター)で働いていたのに除名処分になっていました。

そして、それはある事件が関係しているようですね。

 

その事件とは、アメリカ陸軍との対立。

 

一体何があったのでしょうか?

研究員である紐倉が陸軍と衝突する理由ってあまりありそうにないですよね。

 

おそらく、関係するのは紐倉と親しく話していた日本人。

ある村を襲撃する陸軍。

そして、紐倉の義手。

 

 

このことから、こんなことが予想できます。

 

紐倉はCDCの一員として病原菌が蔓延しているといわれる村にきていた。

そこで、病原菌の調査をするうちに、それが殺人ウィルスとわかる。

しかし、紐倉はその殺人ウィルスはある条件において発生しないので隠蔽する。

 

それを知ったアメリカ陸軍は、即刻村を隔離対象にしようとする。

紐倉は断固拒否して対立する。

その結果、村には病原菌が蔓延してしまったため、村の人間が病気になりなくなることに。

 

その中に紐倉の知人もいた。

重要な事実を隠ぺいしたという事実が知られ、その知人にその病原菌を植え付けられる。

それが、紐倉の右手。

 

 

そこで、ウィルスが蔓延する前に右腕を切り落としてしまう。

それとともに、アメリカでは罪に問われ、CDCを除名され、アメリカに入国禁止となる。

 

 

このような話の流れになると予想します。

 

スポンサードリンク

ゲスト

吉川愛・・・殺人予告された源田恵奈役⇒はじこいの「えとみか役」

岐洲匠・・・自殺予告された織田貴成役⇒キュウレンジャー役でYoutuberになった?

益田恵梨菜・・・自殺した水原舞

河合優美・・・自殺した菊池香織

紫吹淳・・・外務事務次官の源田創子役

山中崇・・・紐倉の過去を知る鍋島智樹役

松下優也・・・紐倉の過去の助手だった入谷(イリヤ)

菜葉菜・・・義手メンテナンスに来た陣内志保役

 

インスタやツイッターは上のリンクからチェックできます。

 

 

まとめ

今回は紐倉の過去がかなりわかってきましたね。

紐倉は過去アメリカの陸軍と揉めていたとありましたが、何をして揉めたのでしょうか?

 

義手になった事もこの一件と関係がありそうですし、ますます紐倉の過去が気になりますね。

 

 

助手のイリヤが自殺した理由も、紐倉が原因だとは思えませんし、誰かにハメられているのかな?とも取れます。

 

まだまだ謎は多いですが、少しずつ解明されていく紐倉の過去の真相から目が離せませんね!