Pocket

ヒキタご懐妊

 

2019年4月13日、アジア最大の映画祭「北京国際映画祭」にて映画「ヒキタさんご懐妊ですよ!が上映されました。

レッドカーペットには俳優の松重豊さんが登場し、マツシゲコールが鳴りやまなかったほど。

それほどまでに映画「ヒキタさんご懐妊ですよ!」は、感動と笑いの渦を巻き起こす映画に仕上がっていました。

日本で映画が公開されるのは、まだ先の10月4m日となりますが、本作に匹敵するほど原作も面白いのです。

今回は、映画「ヒキタさんご懐妊ですよ!」に先駆け、原作のあらすじやネタバレ、感想を紹介したいと思います。






作品の雰囲気

ヒキタクニオのエッセイを「オケ老人!」の細川徹が映画化した本作は、妊活を始めた作家ヒキタが、自身に不妊の原因があることを知るも、夫婦で困難を乗り越えようとするさまを描くもの。松重がヒキタを演じ、夫より二回り近くも歳下の妻サチ役で北川景子が出演した。

この特報映像では、子供は作らずに夫婦2人だけでやっていこうと思っていたヒキタに対し、サチが「ヒキタさんの子供に会いたい」と告げる。そこからヒキタの生活が一変し、“男の妊活”がスタート。クリニックで検査結果を見せられたのち、ソファにうなだれたヒキタが「大変なことになってるぞ」とつぶやく様子も収められた。

引用:映画ナタリー

 

予告動画

 

スポンサードリンク

映画「ヒキタさんご懐妊ですよ!」とはどんな話?

タイトルからして妊娠のストーリーであることがわかる映画「ヒキタさんご懐妊ですよ!」。

しかし面白いのは、この「ヒキタさん」が男性であることなんです。

物語は、この主人公、ヒキタさん(49)が年下の女性サチさんと結婚したことから始まります。

きっかけはサチさんのこんな一言からでした。

「わたし・・・ヒキタさんの子供の顔が見てみたいな」

こんな無邪気な発言で、ヒキタさんはやる気をだし

「よし!子供を作ろう!」

という気持ちになります。

 

しかしいつまでたっても奥さんに妊娠の兆しはありません・・・。

どうゆう事だろう?と奥さんが産婦人科に行き、不妊治療いついて調べます。

そうなんです。

映画「ヒキタさんご懐妊ですよ!」は、不妊治療のお話なんです!

不妊治療について切実に書かれたエッセイ

原作「ヒキタさんご懐妊ですよ!」は映画と同じタイトルです。

しかもタイトルに「ヒキタさん」が出てくる通り、不妊の原因は奥さんのサチさんではなく、ヒキタさんの方でした。

サチさんはいたって健康で、妊娠も可能。

それでヒキタさんの方も検査してみようと、ということになったのです。

 

 

しかし男性の検査とは、それはそれは切ないもの・・・。

この検査に当たってヒキタさんは、みじめだったり悲しかっったり・・・と検査方法や医療の対処法についての憤慨や矛盾や葛藤などを切々と語っておりました。

こんな気持ちは「書いて笑いにしないとやってられるか!」という思いが強かったようです。

 

そうしないとまともな精神を維持できない・・・というふうにご本人のヒキタさんは書かれています。

不妊治療の事も周りの仕事仲間や友達に色々話し、愚痴ったり笑いにしたりすることで一種の「現実逃避」をしていたのかもしれません。

スポンサードリンク

落ち込んだ時もあるけれど「ご懐妊」の言葉をどれだけ待ったか

この映画であり原作の「ヒキタさんご懐妊ですよ!」は不妊治療に悩むご夫婦や、不妊の原因になってしまった旦那様側に寄り添う応援歌のようなエッセイになっています。

ヒキタさんももちろんですが、不妊治療に挑むご夫婦は、何もかもが初めての体験になり不安だったり緊張したりしますよね。

 

 

そんなご夫婦や、旦那様に予備知識や共感をもたらすエッセイなんです。

そして不妊の原因となって、責任やプレッシャーを味わったヒキタさんだからこそ

「ご懐妊ですよ!」

の言葉を待ちわびていたと思います。

 

 

50歳を前にして、子宝を待ちわびる気持ちを何年も・・・。

それは「合格発表前日の受験生」のようなストレスです。

その末に聞く産婦人科医からの「ご懐妊ですよ!」という言葉は、どれだけヒキタさんに喜びを与えたか、はかり知れません。

 

まとめ

今回は映画「ヒキタさんご懐妊ですよ!」の原作のあらすじネタバレを紹介しました。

原作は不妊治療が男性側に問題があった場合の、体験談や男性の葛藤や悩みについても克明に描かれています。

不妊問題が解決し、ご懐妊しても次は名づけの問題が・・・。

 

と、様々な壁に立ち向かうことになるヒキタさん。

主人公、ヒキタさんには俳優の松重豊さん。

年下の妻、サチさんは女優の北川景子さんが演じます。

このストーリーは視聴者が、ヒキタさんを応援したくなったり、ヒキタさんに励まされたりする・・・そんな物語です。