Pocket

フジドリームライナー(F.D.A)の11号が山形空港で離陸に失敗しました。

帰らない人が続出して被害状況がきになります。

そこで、FDAと山形空港の災害場所や被害状況についてまとめていきます。

 






F.D.A滑走路外れの機体

山形空港で2019年4月23日(火)、フジドリームエアラインズ(FDA)が離陸に失敗。

滑走路を外れたことで、機体の修理が必要になりました。

 

 

滑走路から外れた機体はFDA386便で機体記号(レジ)「JA11FJ」

行き先は山形から名古屋小牧に向けて出発するところでした。
しかし、滑走路から外れて草地で止まることに。

 

参考までに「JA11FJ」は松本市の観光尾大使を引き継いだ機体です。

「JA11FJ」は、機体カラーが「グリーン」で2016年6月に受領した機体です。グリーンをまとっていることから、それまでの松本市観光大使を務めた4号機のERJ-170の「JA04FJ」から大使役を引継いだ機体です。

被害者の状況

FDAの被害者の中で、ケガをしている人は確認されていません。

これに伴うけが人などはいない模様です。

 

 

スポンサードリンク

事故の発生した場所

事故発生場所:山形空港

住所:山形県東根市大字羽入字柏原新林3008番地

 

 

事故現場の画像