Pocket

 

今回は女性の病気とも言える乳がんのお話です。

一度は受けた事がある人も多いのではないでしょうか?

唯織の天才的読影はいつも魅了されますよね。

前回に引き続き目の演技に注目です。

 






ラジエーションハウス 3話 あらすじ

 

ブライダルチェックでマンモグラフィを受けに来た葉山今日子。

 

裕乃は相変わらず、患者さんと話しすぎて検査の時間が押していました。

 

その様子に苛立ちを隠せないたまきは、撮影を交代し、素早く終わらせ、放射線科に画像を送信しました。

 

その画像を見た杏は、乳腺密度が濃い「デンスブレスト」だと鏑木に報告します。

 

鏑木は、日本人によくある人体的特徴の一つで悪い病気が見つからない限り『異常なし』と書く他ないと所見コメントに記入しました。

 

 

一方、たまきは、裕乃に

 

『プライベートにまで入り込んでおしゃべりを楽しむ場所ではない』

 

と先ほどの検査の事で注意します。

 

裕乃は、患者さんが不安そうだったので和ませようとしていたようだったが、それは放射線技師の仕事ではないと怒られてしまうのです。

 

 

そして、たまきは友達の検査結果と言うデータを持って杏のところへ行きます。

 

マンモの検査画像でしたがその画像には腫瘤があり、圧が不十分できちんと撮れていない可能性もあるので再検査をした方がいい診断されました。

 

 

唯織は、葉山今日子の診断画像を見ていて、家族の病歴に母が乳がん、祖母が卵巣がんになっていたカルテを見て、今日子を探しに行きます。

 

 

バス停で今日子を見つけ、再検査を受けるように言いました。

 

今日子はデンスブレストで、近親者に乳がんや卵巣がんの人がいる場合、隠れたガンがあるかもしれないので、超音波検査が必要だと言うのです。

 

 

検査では異常なしと言われたので必要ないという今日子は、そのままバスで帰ってしまいました。

 

 

唯織は、杏を呼び今日子は、デンスブレストで隠れたガンが見つからない場合があるので超音波検査をやらせて欲しいと言います。

 

 

ですが杏は、日本人の半数がデンスブレストであり、ただでさえ予約が取りにくい検査にデンスブレストの人たち全員を再検査していたら、早急に検査が必要な乳がん患者の検査が先送りになる可能性もあり、1人だけ特別扱いは出来ないと検査を許可しませんでした。

 

 

 

そんな中、裕乃は残業してマンモグラフィ検査の練習をしていました。

 

 

それを見たたまきは、練習相手になってあげると、裕乃はたまきのマンモグラフィー検査をする事になったのです。

 

 

 

たまきは、検査の画像をこっそりUSBに記録しデータを消して出て行ってしまいました。

 

 

裕乃は、画像を見ようと思ったら画像が消えていたので、画像を復元し、見てみると、腫瘤を発見します。

 

 

たまきの画像とは知らずに、後ろからその画像を見ていた小野寺は再検査が必要と判断しました。

 

 

そんな時、唯織に患者が来たと呼ばれるとそこには、今日子が来ていました。

 

唯織に言われデンスブレストの事を調べてみると、マンモグラフィではちゃんとした診断が出来ないと書いてあって、なぜ異常なしと診断されたのかと怒っていたのです。

 

 

母が乳がんで亡くなった時、検査をもっと早く受けていればという後悔する母の姿を見て、毎年欠かさず検査を受けていました。

 

 

まだ日本のシステムでは、デンスブレストを告知して超音波検査をするという事までなかなか出来ない状況だったのです。

 

 

唯織は、超音波検査をさせて欲しいと今日子に頼み、超音波を受ける事になりました。

 

 

その結果、異常なしと判断されたのですが、ほんの僅かの異常を見つけた唯織は、造影剤を使ったMRI検査をしたいと言い出します。

 

 

担当医は、この画像を見た99人の医者は異常なしと言うレベルの事に検査は出来ないと検査の許可を出しませんでした。

 

 

今日子は、母親を乳がんで亡くして、毎年検査を受けてきた今日子の気持ちに応えたいと言う唯織に杏も、もう二度とあいまいなレポートは書きたくないと唯織と一緒に頭を下げます。

 

 

そして2人の姿を見た担当医は検査の許可を出し、今日子のMRI検査をする事になりました。

 

一方裕乃は、たまきに10万円払うので、超音波の検査をさせて下さいと頼み、それを見た小野寺もやらしてやれと後押しします。

 

 

今日子がMRI検査を受けていると同時にたまきも超音波検査する事になりました。

 

 

たまきと裕乃が居ない事に気づいたラジエーションハウスのメンバーは、2人はどこ行った?と話していると、小野寺はご飯に行ったと言うのでした。

 

 

小野寺は、裕乃が見ていた検査画像がたまきのものだと気付いていたのです。

 

 

みんながMRI検査をしているところを抜け、たまきの検査画像を見ていました。

 

 

裕乃はエコー画像を見ていると、怪しい影を見つけたのです。

 

 

動揺する裕乃に小野寺がマイクで、

 

『エラストモードに切り替えろ』と指示。

 

エコーから、サーモグラフィーのような画面に切り替わりその画像から腫瘤は柔らかく、良性の腫瘤だという事わかりました。

 

裕乃は『乳がんではありません!』

 

と喜び、『そんなのわかってる』と冷めた口調で話すたまきの目には涙がありました。

 

一方今日子のMRI検査では、蜘蛛の巣状の乳がんが発見されていました。

 

幸い転移はしてないものの右胸を全摘出するように言われたのです。

 

再び、ラジエーションハウス を訪れた今日子。

 

杏は、異常なしと診断したのにも関わらず乳がんだった事に、申し訳ありませんと謝っていたが、今日子は早期に発見してもらえてありがとうとお礼を言います。

 

 

今日子は、彼になんて言えばいいのかと落ち込んでいて、7歳も年下でこれからまだいい出会いがあるのに、申し訳ないと思っていました。

 

 

それを聞いていた、たまきは、

 

『何が申し訳ないんですか?乳がんは11人に1人はなる病気で決して珍しい病気ではありません。』

 

『でもお互いに結婚したいと思えるほど好きになれる相手と出会える確率って奇跡だと思うんです』

 

『生きるために決断したあなたを心から尊敬します』

 

と言葉をかけるたまきにありがとうございますとお礼を言う今日子。

 

そして、心配して病院まで来ていた婚約者に今日子は、乳がんが見つかって右胸を取らないといけなくなったと言います。

 

手術したら治ると聞いて安心する婚約者に、

 

『胸がなくなっちゃうんだよ』

 

と言う今日子。

 

『俺だって同じだよ。歳とったらメタボになるかもしれないし、金だってそのうち無くなるかもしれない。』

 

 

『見た目が変わるなんてお互い様だよ』と言う婚約者。

 

2人の気持ちは変わらず、一緒に病院を後にしました。

 

そして、鏑木が画像診断をしていたデンスブレストの患者の所見コメントに異常なしと書いていたのを杏は消し、デンスブレストの為超音波検査等を推奨しますと書き換えた。

 

 

何をするんだと言う鏑木に、院長には許可をもらっていると言う杏。

 

 

少しずつ病院が変わり始めているようでした。

 

 

ラジエーションハウス3話感想

 

今回の話は特に女性にとってずっと気にしながら生きていかないといけない問題ですよね。

 

 

唯織の細かい読影が命を救ったと言えます。

 

毎年検査をしていても、右胸全摘出しないといけないなんて辛いですよね。

 

 

でも転移してなかった事が唯一の救いです。

 

やはり検査って大事だなって改めて思いました。

 

今回の放送を見て、さっそく検査予約をしたって人も居るようで、最短でも5月の末約一ヶ月後になるそうです。

 

 

唯織が言っていたように自分を守るのは自分って言葉が心に残りましたね。

 

スポンサードリンク

窪田正孝さんの演技がやっぱりスゴイ!ラジエーションハウスの1話〜の視聴率は?

 

窪田正孝さんの演技が注目されていますね。

特に病原を見つけた時のカメラ目線の目での演技が話題になっています。

 

『目での演技がさすが!』

 

『やっぱり窪田正孝さんの演技って好き』

 

など、とても評価されていますね。

 

視聴率の方はどうでしょうか?

 

1話からの視聴率を調べてみました。

 

1話・・・12.7%

2話・・・12.3%

3話・・・11.5%

 

2桁キープと好評ですね!

 

やはり窪田正孝さんとベテランの俳優陣の演技が定評があるようです。

 

また、放射線技師という今までドラマの題材にならなかったテーマが視聴者を惹きつけているんですね。

 

どこまで2桁が続くのか、さらに期待が高まります!

 

まとめ

今日子は、乳がんが発見されましたが、ある意味唯織に読影してもらった事は、運が良かったと思います。

 

 

もし、唯織が居なければガンは見つからず、手遅れになっていたかもしれません。

 

唯織が来てから、ラジエーションハウスのメンバーも、病院も少しずつ変わってきているのがわかりますね。