Pocket

 

 

物語は、国立東京微生物研究所が武装グループに襲撃されるところから始まります。

武装グループは致死率80%以上の殺人バクテリアを奪い、研究所を爆破して逃亡。

後日“赤いシャム猫”を称し、犯行声明を出します。

赤いシャム猫とは、10年前に壊滅したとされるテロ組織でした。

 

また同時期に、世界最大級の飛行船から宝石“レディー・スカイ”を盗んでみろと、怪盗キッドに挑戦状をたたきつけた鈴木財閥の鈴木次郎吉。

コナン達はそんな次郎吉の招待を受け、東京〜大阪間を飛ぶ飛行船に乗り込みます。

ルポライターの藤岡・ディレクターの水川・レポーターの西谷・カメラマンの石本らも共に飛行船に乗り込みました。

 

キッド対策が施される飛行船で、蘭はウエイターに変装し紛れ込んだキッドを見つけます。

しかしキッドは乗船時に聞いていた新一と蘭の子供の頃の話を持ち出し、自分の正体が新一であると蘭を騙しました。

 

そんな中、赤いシャム猫から「殺人バクテリアを船内の喫煙室に撒いた」という脅迫電話がかかってきます。

藤岡やウエイトレスに発疹が発生し混乱する船内に、武装した赤いシャム猫メンバーが乗り込み飛行船をハイジャック。

人質をとり、おかしな真似をすれば飛行船に仕掛けた爆弾を爆発させると脅します。

 

運良く人質から外れた灰原以外の少年探偵団とコナンは、探偵バッチを駆使して爆弾探しと解除を行なっていきます。

しかし爆弾解除を終えたところで赤いシャム猫メンバーに見つかり、コナンは飛行船の窓から突き落とされてしまうのです。

キッドはそこで変装を解き、ハンググライダーを使ってコナンを救出したのでした。

 

無事降り立った2人でしたが、再び飛行船に乗り込み乗客を救うためにタッグを組みます。

キッドが新一に変装することで警視庁のヘリに乗り込み、飛行船に近づいたところでハンググライダーで飛び移ったのです。

 

改めて爆弾が仕掛けられた現場などを確認するものの、犯人の狙いが見えてこないコナン。

しかし赤いシャム猫がネット上に状況を公開し、到着地である大阪で大混乱が起きていること、またキッドの「街から誰もいなくなれば泥棒も大助かり」という言葉からヒントを得て、事件を解決に導いていきます!

 

 

 

彼らの目的は、“飛行船テロ事件で警察の目を集めている隙に、地上に残った仲間が盗みを行うこと”でした!

 

それに気付いたコナンは、大阪に待機していた平次に連絡を入れます。

国宝級のお宝が一番多い奈良の豪福寺に駆け付けた平次達は、そこで仏像を運び出す犯人グループと遭遇、逮捕に至りました!

 

またコナンは、殺人バクテリアが実際には奪われておらず、発疹は“漆によるかぶれ”であることを見抜き、今回の事件に赤いシャム猫が関係していないことを突き止めます。

このことから、最初に感染したと思われていた藤岡が窃盗団のリーダーであったことが明らかになるのです。

 

藤岡と対峙する中で、同乗者の西谷・石本も窃盗団の一味であることも分かります。

絶体絶命の中でしたが、不意を突いて藤岡を瀬戸内海に落とし、事件は解決に至りました!

 

そしてこの騒ぎに乗じて宝石を盗もうとするキッドを、キッドが新一だと思い込む蘭が止めに入ります。

キッドは「1番欲しいお宝をくれたら自首する」と答え、蘭にキスしようとします・・・

 

しかしエンドロール後、新一でないと気付いた蘭にキスを拒まれたキッドは、蘭の指に宝石を返して去っていくのでした!

 

 

 

映画「天空の難破船」は、なんと言っても“怪盗キッド”の魅力が全面に溢れる作品です!

“キッドが新一と似ている”という設定を大いに活かした物語でもありますね。

 

実はこの展開、公開中の劇場版シリーズ最新作「紺青の拳」でも起こり得るのではないかと思われます!

「紺青の拳」のティザー広告も、そんな予感を感じさせる一枚となっているのです!

 

映画「天空の難破船」でキッド・蘭・新一(コナン)の絶妙な関係性を確認した上で、最新作「紺青の拳」を見るのも面白いと思います!

ぜひ両作品ともチェックしてみてくださいね!