Pocket

インハンド

紐倉先生の変態ぶりが、早くもカッコいいと話題のドラマ『インハンド』ですが、今まで知らなかった寄生虫の事や、ウィルスの事がわかりやすく説明されていて勉強になりますよね。

 

今回はどんな寄生虫が出てくるのか、紐倉先生の変態ぶりにも注目ですよ。

 






インハンド2話あらすじ

 

紐倉は、草原で白い旗を振り回し、マダニの採取をしていました。

そんな中、厚生労働省では東南アジアで流行っている新型インフルエンザが話題となっていました。

サイエンスメディカル対策室では、その新型インフルエンザについて調べようと牧野が動き出し、紐倉に話を持ちかけます。

 

役人の仕事はしたくないと紐倉に言われ、お金で釣ろうとした牧野でしたが、東京ドーム1個分の敷地をキャッシュで購入し、所有している紐倉にはお金では、全く心が動きません。

 

高家は紐倉の指示でダニの研究の手伝いで自分の血を吸わせていました。

7日の検査が終わり痒み止めを塗っていると実はその痒み止めは、紐倉が開発したものでした。

紐倉は、この薬を開発し、あっという間にお金持ちになっていたのです。

 

とりあえず資料だけ置いて帰る牧野。

採取したダニを調べていましたが、今回の実験で紐倉が探しているダニは見つかりませんでした。

紐倉は感染症センター滝島病院へ行きます。

 

そこには隔離された患者の金井という女性がいました。

インフルエンザだと思っていたのですが、どうやら違うようで、どの検査にもひっかからず原因不明で隔離されていたのです。

その後、血液サンプルを持ち帰り検査すると、紐倉の予想通り「ハートランドウィルス」だとわかりました。

 

そのウィルスは2009年アメリカで発見され日本ではまだ発見されていないウィルスだったのです。

人に感染すると症状が悪化して死に至る場合もある怖いウィルスでした。

滝島病院から検査の要請メールが来ていて、もしかしてと思って調べていたのです。

 

このハートランドウィルスは、アメリカに消息するシカダニによって感染し、滝島病院で隔離されていた患者もシカダニに噛まれて感染したと予想されます。

 

もしかしたら日本のどこかにシカダニがいるかもしれないと、ダニを探していた紐倉。

翌日、紐倉と高家は、感染者の自宅を訪問すると息子が1人で家にいました。

家の中を色々と調べましたが、特に異常は見つかりませんでした。

 

そんな時、滝島病院から連絡があり次々と隔離患者の金井と似た症状を訴えている人が搬送されて来ていると言うのです。

血液を調べると搬送されてきた7人全員がハートランドウィルスに感染していました。

この事がニュースとなりサイエンスメディカル対策室でも対応に追われていたのです。

 

感染3日目、金井さんは亡くなりました。

ですが、金井さんを含め感染者全員に、ダニに噛まれた後がないという事がわかり、人から人へ感染する可能性もでできました。

 

紐倉によると、まれに感染しても健康である特異体質の人がいると言うのです。

その人は、感染しても症状が出ないことから知らない間に菌をばらまいてしまう事がありそのような人の事を『スーパースプレッダー』と呼びます。

 

サイエンスメディカル対策室では、スーパースプレッダーを探していました。

そんな中、浮上したのは相原光一という男性で、貿易会社の社長でアメリカに行っていた事がわかり、感染者全員と何らかの関わりがあったのです。

 

亡くなった金井さんの前の旦那だった事もわかり、ますます相原の疑いが増していました。

そして、紐倉と高家は、相原の家を訪ねるのですが、応答が無いので紐倉が鍵を開け侵入することになりました。

すると、相原が死んでいたのです。

 

死後4〜5日経っていました。

相原の携帯を見てみると、渉との写真が多数あり、父とは母に内緒で会っていたようです。

この写真を見た紐倉は、スーパースプレッダーは、息子の渉ではないかと考えます。

 

そして渉の通っている柔道教室から複数のハートランドウィルス感染者が出ました。

渉も検査を受けた結果、ハートランドウィルスに感染していた事がわかり、この事から、スーパースプレッダーは渉だった事がわかったのです。

 

渉は、父が引き取った犬に付いていたシカダニに噛まれて感染したようで、ダニに噛まれた後もありました。

テレビによる報道で、事実を知った渉は、自分が母親と父親を殺してしまった事にショックを受け失踪してしまいます。

渉は、紐倉のところに来ていました。

 

飼っていた蝶々を紐倉に託す為だったのです。

渉はニュースで事実を知り自分は生きていてはいけないと思っていました。

紐倉は、そんな渉に対して感染しても元気な渉の体は未来の希望だ、未来のために生きてくれと言います。

 

渉も紐倉と話していると落ち着きを取り戻し病気と闘う覚悟を決めたのです。

そして紐倉は、ハートランドウィルスに効果のある薬を開発していました。

牧野は、前に訪れた博士に呼ばれ、紐倉の事を調べたと聞きます。

 

紐倉は、数々のアメリカ研究所から除名されていたのです。

そしてそれは、紐倉の義手に深く関わっていそうでした。

 

インハンド2話の感想

 

今回の山Pもカッコよくて、あの低いトーンの声が何とも聴き心地のいい声ですよね。

1話に続き2話でも初めて聞く言葉がたくさんありました。

ハートランドウィルスやスーパースプレッダーという単語です。

 

ハートランドウィルスは、アメリカダニから感染するウィルスでしたが、スーパースプレッダーは、ウィルスに感染していても症状が出ず知らない間にウィルスをばらまいてしまう人の事のようです。

 

こんな人が実際に存在するんですね。

今回の話では、スーパースプレッダーは9歳の子供で、知らない間に両親に感染させてしまい、そのせいで死んでしまったとなると精神的にも辛いですよね。

 

そんな時に、紐倉の言葉で救われました。

紐倉は、いつも冷静で冷たく見えますが、いざという時には、とても頼りになります。

 

そんなギャップに、心踊らされている人も多いのではないでしょうか?そして、義手の謎について少しだけ明らかとなったのは、本当に義手であった事と、何らかの病気かウィルスに感染しているのではないか?という事です。

 

最後のシーンで義手を外し痛みに耐えていたような場面がありましたね。

どんな理由で義手になったのか、今後の展開が気になります!

 

スポンサードリンク

インハンドのロケ地、山P演じる紐倉の研究所はどこ?

 

毎回出てくる植物園のような紐倉の家兼研究所ですが、あの場所は実際にあるのか調べてみると、なんと実際にありました!

 

場所は、千葉県館山市にある『アロハガーデンたてやま』という植物園です。

 

実は、あの紐倉が飼っている犬もそこの植物園で飼われているワンちゃんでした。

ドラマ用に用意されたタレント犬ではなかったんですね。

実際にある植物園と分かれば、これは行くしかないです!

 

しかも、あのワンちゃんもそこで飼われていたなんてびっくりですよね。

この場所は、これから山Pファンの聖地にな予感がします。

こちらのアロハガーデンたてやまは、年中無休で営業されているので、その辺も地方から行くファンにとっても嬉しいですよね!

 

お近くの人はぜひ、行ってみてください。

まとめ

 

今回は、義手の謎が少しだけわかりましたね。

本当は手があるのかな?と思ってましたがアメリカの研究所を除名されている事と何か関係していそうでした。

最後のシーンで苦しんでる紐倉が心配になりますね。

 

今も何らかの病気かウィルスと戦っているのでしょうか?ドラマの内容からすると寄生虫からウィルスが感染し、助かる為に手を義手にしないといけなかったんでしょうね。

真相が気になります。