Pocket

 

インハンド

 

インハンド2話の母親の病気の原因についてまとめていきます。

 

ハートランドウィルス・・・

これが今回の病気の原因になっているようです。

 

ハートってつくので、かわいいウィルスなんでしょうかね。

ちょっと興味があるところです。

 

そこで、ハートランドウィルスと母親の病気の原因について詳しく調べていきたいと思います。

 






金井 渉の母親の病気

紐倉の元に感染症の疑いがある意識不明の女性について調べてほしいという依頼が入ります。

その女性こそが、金井渉のお母さんです。

 

 

でも、今はこんな状態で病院で缶詰にさせられてしまうほどです。

 

 

紐倉が渉のお母さんの血液を調べてみると、ハートランドウイルスという日本ではまだ発見例のないウイルスが検出されることになります。

 

アメリカのマダニが原因の始まり?

ミズーリ州に生息するローンスターダニというマダニの一種が、ハートランドウイルス症候群を発症させます。

 

 

このマダニが人を噛んだときに、ハートランドウイルスが人の体内に送り込まれてしまいます。

 

 

通常、ハートランドウィルス症候群だけでは命の危険になることは少なく、ダニにかまなければ徐々に症状がひいていくようです。

 

 

でも、渉の母はそんな簡単に症状が良くなる気配がなさそうです。

 

なので、ハートランドウィルス症候群ではなさそうです。

 

 

それでは一体何なのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

アルファギャル症候群の可能性

ハートランドウィルスの媒介となるローンスターダニが人を噛むと、α-galと呼ばれる糖質に反応するようになってしまうことがあるようです。

理由は解明されていないようですが、人によってはアルファギャルという糖質がアレルゲンとなってしまうということです。

 

 

そして、アルファギャルというのは哺乳類の筋肉に入っていて、牛などの赤身の肉を食べると、この中のアルファギャルと反応してしまうようですね。

その結果、アナフィラキシー反応が起こり呼吸困難になる症状も出て、かなり危険な状態になります。

 

 

つまり、渉の母のように病院で入院することがあり得るわけですね。

 

 

ハートランドウィルスやアルファギャルのについてはこちらで説明しています

 

 

日本にいないマダニはどこで?

ローンスターダニが生息するのは、アメリカの中東部と言われています。

 

そして、そのマダニはこんな感じです。

 

 

しかし、渉はどのようにしてこのマダニのウィルスを持つようになったのでしょうか?

 

考えられるとしたら、金井一家がアメリカに旅行してキャンプするようなエリアに近づいた。

もしくは、知り合いがアメリカに行き、マダニを連れて帰ってきてしまったということが考えられます。

 

 

渉は昆虫が好きなので、海外に生息する昆虫や昆虫と共に植物をお土産としてもらった可能性はあります。

そして、その昆虫や植物にダニが生息していて、金井一家を襲ってしまった。

 

 

その結果、母親がアルファギャル症候群になったと考えられます。

でも、母親が病気になり、渉だけ病気にならないのは気になるところです。

 

 

そのあたりについてはこのような説明がCDC(Centers for Disease Control and Prevention)からされています。

 

アルファギャルアレルギーを発症する危険性があるのは誰ですか?

  • α-galアレルギーのほとんどの症例は、米国南東部および中西部で報告されています。
  • 子供も大人もアルファガルアレルギーを発症する可能性があります。しかし、アルファ – ギャルアレルギーのほとんどの症例は50歳以上の人に見られます。

引用元:CDC

 

つまり、高齢になればなるほど、アルファギャルのアレルギー症状が出る確率が高くなるといえます。

だから、子供である渉は同じ生活をしていてもアレルギー反応を発症しなかったのでしょうね。

 

 

渉にとっては、本当に良かったなぁと思います。

家族が全員入院することになったら、もう見てられないですよね。

 

スポンサードリンク

ドラマではシカダニが原因に

実際のドラマの放送ではシカダニが原因とされています。

 

シカダニはライム病を引き起こすダニと知られています。

 

ライム病とは
(2019年03月20日改訂)

ライム病(Lyme disease またはLyme borreliosis)は、野鼠や小鳥などを保菌動物とし、野生のマダニ科マダニ属(Ixodes)のダニによって媒介される人獣共通の細菌(スピロヘータ)による感染症である。19世紀後半より欧州で報告されていた、マダニ刺咬後に見られる原因不明の神経症状(Garin‐Bujadoux 症候群、Bannwarth 症候群、Hellerstrom 病など)、1970年代以降、アメリカ北東部を中心に流行が続いている、マダニ刺咬後に見られる関節炎、および遊走性皮膚紅斑、良性リンパ球腫、慢性萎縮性肢端皮膚炎、髄膜炎、心筋炎などが、現在ではライム病の一症状であることが明らかになっている。

引用元:NID

 

実際のところ、ハートランドウィルスがシカダニから感染するのかどうかはどうなんでしょうか?

そのあたりはネットで検索しても結果としては出てきませんね。

 

もしかすると、シカダニがライム病になることを、ハートランドウィルスに感染するという設定に変えたのかもしれないなと思います。

 

 

シカダニはライム病の原因になるといわれていますね。

 

 

まとめ

金井渉の母親が病気になった原因についてまとめてきました。

おそらく、ローンスターダニを何らかの方法で日本に持ってきてしまい、母親がアルファギャル症候群になってしまった。

渉は子供のため、アルファギャルにはならなかったけど、スーパースプレッダーとしてハートランドウィルスをまき散らしてしまっている。

このあたりが2話で解明される話の焦点になっていきます。

 

 

渉のスーパースプレッダーやハートランドウィルスについては、こちらの記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

 

 

 

インハンド2話動画の見逃し配信で無料視聴。ドラマの見所や評判もチェックしてから