Pocket

インハンド

 

ついに注目のドラマインハンドが始まりましたね!

ドSキャラの変人を演じる山下智久さんの演技がファンの間でも注目でした。

どんな演技を見せてくれるか楽しみです!

インハンド1話のあらすじや感想をネタバレしていきます。

 






インハンド1話あらすじ

救命救急に心肺停止の2人の患者が搬送されてきました。

2人はいずれも、食事中に倒れ方瞼が異常に腫れ上がっていたのです。

何らかの感染症が疑われると思った高家は、解剖検査を院長に提案しますが、珍しい病気を発見すると診断ミスになりかねないと解剖する事を許可しませんでした。

 

 

そんな中、サイエンスメディカル対策室では、都内の病院で珍しい寄生虫が出たとの事で調査依頼をされる寄生虫につて専門家に詳しく話を聞きたいのですが、寄生虫の研究をしている研究者は、すぐにフィールドワークへ出てしまい誰も空いている研究者が居ませんでした。

 

 

ですが、たった1人空いている専門家がいました。

彼は変態だともっぱらの噂でしたが、牧野は変態でも平気ですと会いに行く事にしたのです。

その専門家の紐倉研究所へ向かいました。

そこに居たのは寄生虫学者の紐倉哲という右手にロボットの義手をつけ、蛇を顕微鏡で見ながら『きれいだ、セクシーだ』と言っているまさに変態の博士でした。

 

 

牧野が持ってきた資料は、台田総合病院への告発状で、病院に運ばれてきた患者複数名が心筋梗塞で死亡しており、実はシャーガス病にかかっていたかもしれないのに、病院が隠蔽していたとする内容だったのです。

 

 

牧野は調査協力を依頼し、最初は断られてしまうのですが、猿を密輸した疑いでパスポート停止処分になっている紐倉に、協力してくれたら、パスポート停止処分の見直すよう口利きするという条件で、調査を手伝ってもらう事になりました。

 

 

さっそく紐倉と牧野は内部告発のあった台田総合病院へ調査に行きます。

 

 

内部告発をしたとされる高家と話していると、また心筋梗塞で患者が搬送されてきたのです。

その患者は既にシャーガス病の症状が出ていました。

一度症状が出た患者は心臓が止まるのも時間の問題だと紐倉は言います。

やはりその患者も片目が腫れておりシャーガス病の疑いがあった。

患者の名前はオケヤノボルで、10年前オケヤ食品でシャーガス病の菌が食品に混入し、感染した人が死亡していた事件の社長でした。

 

 

台田総合病院の院長は、オケヤ社長が死んだ事を厚生労働事務次官に電話で報告していました。

高家が最初に搬送されてきた2人の血液サンプルを紐倉の研究所へもってきました。

2人ともシャーガス病に感染しており、オケヤ社長も同様感染していた事がわかったのです。

3人ともロマーナサインという最近シャーガス病に感染した人にしか出ない瞼が腫れる症状が出ていました。

誰かが意図的に菌をバラまいている可能性があると推測されたのです。

3人に共通点がないか考えてみると3人とも台田総合病院の黒野院長の知り合いだった事がわかりました。

高家と紐倉、牧野は、3人力を合わせ事件を調査する事にし、まず10年前のオケヤ食品の事件について調べる事になったのです。

 

 

向かったのはオケヤ食品のチチクチオイルを使いシャーガス病にかかった女子高生が飛び降り自殺したという家を訪ねました。

 

 

娘は皮膚病で顔が荒れている事を気にしていて、当時テレビ番組で取り上げられていたチチクチオイルが肌にいいと知り、さっそく使用していたそうです。

 

 

ですが、効果はなく体がだるくなり倦怠感が出るようになりました。

そのうち学校にも行けず、悩んでしまった彼女は、自宅の2階から飛び降り、自殺してしまったのです。

父親から事情を聞き、それぞれ帰宅しました。

そんな中、高家が血液のすり替えをしたとして、突如懲戒解雇されたのです。

紐倉は、意図的にシャーガス病の菌撒いて感染させてるのは、自殺した女子高生の父であると推測していました。

 

 

紐倉によると、自宅のビニールハウスではサトウキビの栽培がされていたそうで、それがサシガメの餌である可能性が高いと言うのです。

 

 

高家と紐倉は2人で自殺した女子高生の自宅へ行き侵入して調べていると何者にかに、スタンガンで打たれて気絶してしまいました。

 

 

目を覚ますと、椅子に縛られた厚生労働省の倉井の姿があったのです。

自殺した女子高生の父親、江里口がシャーガス病の菌を作り出し、次々と関係者を感染させていたのでした。

紐倉は、関係者を憎む気持ちもわかるが、本当に憎むべきはシャーガス病であると説得し、江里口は、警察に捕まり倉井は、チチクチオイルが安全な物だと確認もせずに、世に出したとし辞職したのでした。

 

 

この事件は一件落着したのですが、結局は正義を持って内部告発をした高家は解雇されたままで再就職先を探していたのですが、なかなか見つからず苦戦していました。

 

 

そんな時、紐倉が高家を自分の助手にならないかと誘い、最初は嫌がっていた高家も紐倉の助手になる事になったのです。

 

 

感想

医療系ドラマの暗さは、全くなく思ってた以上にコミカルな内容だったというのが正直な感想ですね。

濱田岳さんが出てきた瞬間、いい意味でコメディ感が出たなと思ったのは私だけでしょうか?

山下智久さんとは、プロポーズ大作戦で共演していたので、その時にもどったような感じがしましたよね。

そして、寄生虫学者という事で、今回取り上げられたシャーガス病とは、本当にある病気で日本でも感染者が居たそうです。

このドラマは、そのシャーガス病についても、詳しくわかりやすく説明されていましたよね。

虫に刺されているシーンはアニメで隠されていて、見えなくなっているのですが、そのシーンがよりコメディ感を出している感じがしました。

 

なので、本当にドラマを通して勉強になるという感じですね。

山Pを通して学べるなんてファンにとっては最高です。

そして私が気になったのは、オープニング映像では紐倉は義手をしておらず、ちゃんと手がありましたよね?

あれはどういう意味なのでしょうか?

本当は、手があるんでしょうか。

それとも何かで手を失って義手になったという事も考えられますね。

あのオープニングには、何か伏線がありそうな予感がします。

右手の義手の謎や、何故義手をする事になったのかなど、色んな謎が解明される事だと思います。

ますます、今後の展開が楽しみですね。

また紐倉の助手になった高倉とも今後のやり取りが面白くなりそうで期待です。

スポンサードリンク

ドSキャラの紐倉を演じる山Pに悶絶

 

やはり、山Pの格好良さはいくら変態博士だとはいえ隠しきれませんでしたね!

声もカッコイイし、クールなドSキャラがとったても似合っていました。

ネット上でも、『癖のある役かなりハマり役』という声や『安定したイケメンさ』とかなり好評のようですね。

ドラマでは珍しいですが、批判的な声はほぼ無かったです。

菜々緒さんや濱田岳さんも適役だったという事でしょうね!

それにしても菜々緒さんの気の強い役は適役だったと言えます。

今後、紐倉と高家、牧野と3人で行動して行く事が多くなると思いますが、紐倉の変態ドSキャラが見られる事が楽しみですね!

 

ネット上の感想

 

スポンサードリンク

まとめ

 

以外にとても見やすいドラマの印象でしたよね。

医療系ドラマって何か暗いイメージだったのですが、ちょっと笑ってしまうシーンなどもあり、気軽に見られるドラマでした。

 

また、寄生虫の話だったのですが、日本では聞きなれない病気の事を詳しく知る事が出来るので、見ていて面白くてこんな病気が世界にはあるんだなと勉強にもなりましたね。

 

今後の展開にも期待が高まります!